もう25年間続いている市民演劇祭…今年も行ってきました演劇


★1月31日(日)

 劇団 【志なの荘】 旗揚げ公演



5日間にかけて色々なステ-ジがある演劇祭。


昨年3月の、市芸術館開館プレイベントの舞台“よしもとふるさと劇団”を経験した

小学生から社会人まで 幅広い世代がメンバ-の劇団【志なの荘】。

新たな市民劇団のスタ-トを200人余りの観客が見守った。


長女もはりきって参加音譜

地元のケ-ブルテレビがとりあげてくれましたテレビ









スナックに集う客と従業員の人間模様や、感情のもつれから店内で起きた

殺人未遂事件などを コメディ-タッチで描いた作品。


ダンスも交えたテンポのいい舞台だった、と新聞などにも書いてもらえて良かったねっニコニコ



近年、長野市内の劇団には元気がないから

長く続けて演劇文化を盛り上げて欲しい!という声も書かれていた。


長女は中高6年間 演劇部。

すべて台詞をもらって舞台に立っていたのに、

成人してからはダンス以外やる気がないのかと思っていたけれど…

久々の演技は 水を得た魚のように生き生きしていたので、なんだか安心した。

全体の出来具合は… コメントはやめておこうヾ(@^(∞)^@)ノ


この後もまた 今年の新メンバ-で構成する“よしもとふるさと劇団”の舞台を控えている。



人と人との出逢いから創るひとつの舞台…

あらゆる世代とのコミニュケ-ションをとりながら、人生を学んでいって欲しい。


それにしても…

いつ 台詞を覚えているのか… 学生時代からその姿を見たことがない目

ず--っと謎の娘でした。


ドアの向こうで機を織っている《鶴》か!? 笑


With all my love♪

AD