最近の出来事

テーマ:

 「オレjは最近、ここの会社で予想しない人並みの幸せを手に入れた、

だからアンタも幸せになりなよ」

それが最後の会話だった。多分、会社を辞めたら二度と会うことはなかったと

思うけれども私はその人が大好きだったし、総務だったからとてもお世話になった。

 会社を辞めてそんなにたたない頃、彼は本社の総務に移ったと風の便りに聞き、

大変そうだ、というのも聞いていた。

若い頃、ずっとバイクで日本を旅して回り、不摂生がたたって脳梗塞になって

片足の麻痺の残る彼は、40間近にして結婚して子供が生まれたばかりだった。

 ある日、彼は自殺した。

 その時の会社の人がまた死んだ。

脳梗塞で40後半だったが、いつもどおり寝て、いつも通りの朝がきたが

彼には来なかった。

弱いところがある人だった、とも思うがあの苦しい時の仕事を一緒にしてきた

仲間だった。

 何気なくメールした久しぶりの友人の、父もなくなり、ほかの友人の父も逝った。

なんとなく不穏な年明けだった。

しばらくして距離のある義理の父が風邪で入院すると連絡があり、数日たたない内に

都会の病院へ転院と言われ、それから1週間で意識不明に、2週間後、逝った。

60歳前だった。

北国の葬式はどんよりと重く寒く、遠い道のりだった。

しばらくして父が入院し、退院はしたがなにやらまた再手術のようだ。

 続くものは続く。

ある日鼻をたらしていた愛犬の鼻から鮮血が溢れ出た。

血の生臭さとはこういうものか、とそれほどの出血だった。

白血病とリンパの癌だ。

今、弱りゆく犬の側でなすすべもなくぼんやりとしている。

ちょっと疲れた。

見送ることはなかなか疲れることだ。

目の前ですり抜けていく魂に手をかざしても、指の間から

こぼれていく。

 北の空の重苦しい雲が、いまだ私の頭の中にあって

初夏の太陽がキラキラしていても私には遠くの国の出来事に思える。

吐き出したい何かがあるけど、その気持ちももやもやと私の周りを

取り囲んで、なんだか繭の中にいるようだ。

その中にいると、とてもとても眠たくなる。

 少し、私は今弱まっている。



AD

映画のお誘い

地球温暖化と聞いて?と思った方、どうか長いですが読んでみてください。
今月20日より六本木ヒルズにて『不都合な真実』という映画が上映されます。地球温暖化がテーマのドキュメント。前副大統領アルバート=ゴアが出てアメリカでヒットしました。去年の冬の豪雨、真冬に22度になるニューヨーク、降水が足りず小麦が全滅したオーストラリア、台風も前より増えたと思いませんか?異変は静かにしかし確実に起こっています。
今年を含め今後2、3年の私たちの生活態度が今後の地球の運命を決めると研究者は警告しています。子供の居る方は子供の未来を、我々にしても現状のままなら2030年に北極がなくなり東京などの0地帯は水没するかもしれません。あなたはまだ2030年に生存していませんか? 一人の人間が環境に気を使い原始の様な生活をするよりも大勢の人のちょっとした気使いが未来を明るくする希望につながります。
とにかく最初は知ること、そして次は自分はどうするか、です。
もしこれを読んで時間と金を使ってもいいやと思ってくれた方だけで構いません。見て考えてみてはもらえませんか?私は単に白熊が居なくなりこれ以上動物が消え、食糧不足の未来を見たくありません。自分が出来ることは多くの人に知ってもらう、ことが大切だと思って。別にTSUTAYAで借りてでもいいのです。よろしこ!
AD
雨、雨雨…
レポートをやろうと図書館へ向かう途中、
おじいさんが雨の中ヨロメキながら雨に全身打たれてる。 傘をさしたくても、足が力が入らないらしく店の壁と傘を伝いながら、
よろめいてる。

聞けば雨と寒さで足が動かなくなってしまった挙句道に迷ったらしい。結局肩を貸して探すも、あまりに足がヘニャヘニャで彼の目的地が店の名前だけでラチがつかない。
警察に連れて行く。

風邪引かねば良いが…しかし世間は雨より冷たい。
本当に冷たい。
せめてクリスマス、聖なる日ぐらい偽善でいいから他人の不幸を
見逃ししないであげてもいいじゃない。
って私はキリスト関係ないけど。
AD

ものぐさ王の食卓

テーマ:

さっき帰ってきたら、腹が減っていてモリモリご飯を食べた。

ふと釜を見ると、夫分が足りなくなってしまったのだ・・・

弁当、朝食と主食不在になってまう。

 

我が家は玄米なのだ。

玄米は圧力でじっくり炊いてみたりしないといけない。

ガス代もかかるので、いっぺんにじっくりゆっくり炊く。

浸水時間もたっぷり掛かる。

だから足りなくなる前に見込んで仕込みをしておかないと、

食事が回らなくなってしまうのだ。

ぐう・・・


だったら蕎麦かウドンでって一瞬思うが、和風オカズではないのだよなあ。

”鶏の胸肉とサツマイモのオレンジソース煮込み”

摩訶不思議なりのかなり適当な創作料理だが、白ワインで鶏を蒸したから、洋風っぽい。

(根拠、それだけなのか!)

そーだ、小麦が家にはあるジャンバルジャン。

捏ねればパンだよ、パン。

イーストと、オイルと塩とレモンをちょこっと小麦粉と水で出来上がりだ。

美味しいかって?

まー、それなりの味だ。


でも、今更(たかが夜の10時)外に出るのは面倒くさいんだす。

ワタシの前世はカタツムリだったのだと思う。

一回家に入るとなかなか外に出る気がしないっす。




週末の掃除、掃除、洗濯、買い物、食事のまとめ作り、

を誰も居ない家で一斉に済ませてしまう。

私は掃除をして、家をピカピカになったところで

お茶を沸かして飲むひと時が大好きだ。

 さて、本屋めぐりをして来ようと清清しい気分で

家にする。本も気に入ったものがあってイソイソと

帰って扉を開けると・・・。

空気が蒸れている、い?!何故だ・・

あ、この電気消したはずがついて、あ、なんで開いてるんだ

この戸棚っつーか、痛いっつまずいたぞ、ビジネス鞄がなんで

床に転がって・・・あああああ・・・私のお家が・・・・・

その目の前には「おかえりぃー、のんちゃん(注:飼い犬)も待ってたんだよ」

ご機嫌な夫が、のそり。

無視して内心の怒りを抑えつつ、コーヒーを飲んで落ち着こうと

コップなーし!ポットを押すと、空気の漏れる音だけ、お湯なーし!

「あ、今飲んでたんだよう」と後ろで夫の声。

振り向けば足元に、尻尾を千切れんばかりに振って喜ぶ犬と

夫の脱いで丸まった靴下が一つ、二つ。

そう、夫よ、一つ一つは小さなことかもしれない。

たかが、コップを飲んだところにそっと置いてみただけだろう。

シャンプーを使い切ったけど、自分は使い終わったんだから

詰め替えにまでは気が回らなかっただけ、に過ぎない。

ちょっとジャムの蓋をずらして閉めてみただけ。

(発見が次に使う時だと中身が乾いているのだ、カピカピに)

鼻をかんだ紙をそっと枕の横に置いておいただけなんだもんって。

 振り返れ

お前の過去を

その足跡を

一句、詠んでみた。

お勧めの本が一冊。

「夫のしつけ」、素晴らしい本だと思うし、赤星たみこの

漫画部分にはうなずく妻多数と想像されます。

本当、是非、特に共働きの方に。

ダメ犬ちゃん夫のしつけ 37のルール/赤星 たみこ
¥1,365
Amazon.co.jp

地区社会が崩壊してる。

一部成功しているところもあるし、逆に売り上げを伸ばしているところもある。

だが、ここではほとんどの場所で起こっている事で言えば、先細りもいいところだ。

 物流改革と合理化、この二つのキーワードがポイントだろう。

町の小売店や商店街が虫の息のところに、市場までがつぶれ始めている。

なじんだ店の閉店は、なにやら悲しい。

さらに悲しいのは、今までその親がやってきたことを真面目にやっていても

世の中の変化についていけなかったのだ。


確かに時代に追いつく努力は?と問う声はあるだろう。


でも、今の世の中はあまりに速くて、あまりにマクロ的で、

これは構造的な連鎖倒産だろう。


シャッターが増え、人の流れが途絶えた商店街は

静かになったというのに、なにかギリギリ噛み合わなかった

歯車の音が聞こえる気がする。

マックOSだと思っていたら、知らない間にOSという世の中の

構造自体が変わってしまっていて、急に動かなくなってしまったソフトのように・・・。

あなたの涙の作り方

テーマ:

年をとると涙腺が緩むのは、

筋肉の衰えの老化からくると思っていた。


違うらしい。


長い年月を経て、得た経験が共感の幅を広げたことによるのだ。

つまり、心の琴線が増えるから、響く事柄も多彩になり

いろいろなことに心震えて、その結果、涙が溢れやすくなる。

年を取った時、あなたの顔に刻まれた笑い皺の深さはいかほどだろう。

あなたの涙はどんな事、どんな時に涙が流れるのだろう。


一生分の流した涙を集められたら、経験の量や重さが計れるのかも

しれない。

新しく出来たパン屋が連日、大人気だ。

ひっきりなしの客が訪れ、2週間観察した後、買ってみた。

翌日のお昼用、田舎風そば粉入りのパン、294円なり。

野菜スープを口の広い水筒につめて、パンにチーズとハムを添えて。

さてお昼、白パンと違う田舎風なボコボコした風合いが、期待を誘う。

さく、さくさく・・・不味い。

いや、味が悪いとかではなく、軽くて、やわらかい食感。

食べても食べても、空気を噛んでいる様な歯ごたえのなさ。

粉の旨味も何もあったものでは、ない。

私がヨーロッパで食べていたどっしりとした、

密なパン、固いバリッとした香り豊かなパンが食べたい。

朝食のパンを齧って、血を流したパリの日本人留学生が居た

という話だが、どーなんだろーか、本当。

というより、日本の最近の食はやわらか、甘く、が多すぎだ。

私は固くないご飯ばかりだと腹が減るぞ。

バリバリ、がりがり、ごりごりと噛み砕きたい。

「いやー、甘くてやわらかーい、口でとろけます」

とレポーターが言う度がっくりする。

私の子供の頃のお気に入りのオヤツはスルメだった。

ポケットにスルメをつめて、または雑魚を齧って。

おかげで33歳、もうじき34歳だが、虫歯はない。

まぐろが消える日

テーマ:

デフレが終わる、と言われたのに何やら実感がない。

相変わらず、安値安売り業界は花盛りだ。

 

私はきっぱりすっきり貧乏人だが

単価が高けりゃいい物でしょ?


ブランド品を買い漁る行為と、

安けりゃいいっていう安売りスーパーに

詰め掛ける行為っていうのは、

物の本質を見ないとうい意味で同じであると思う。

悲しい。悲しすぎる。

どうも捨て身のCMだぞ?と思ったら破産のニュース。

次はパチンコだ・・・。

大体東京に来てたなんて、知らなかった。

ムツゴロウ+動物+北の壮大な大地(北海道)=ブランド価値

だったんだってば!

“北の国から“も ”渋谷から“ではヒットしまい。

センター街でカラスを呼ぶ蛍 るーるるー、売れまい・・・。

動物のこともあり、本当心配。

どうかなんとか資金繰りが成功して再び帰れないものか。

どなたか直に王国に帰るよう、ささやいてくれまいか。