「吐かない」

テーマ:

この頃、禁煙ブームなんでしょうか?

まわりでもどんどんと禁煙を試みる愛煙家の人が出てきてます。

でも、やっぱりやめれずに吸い続ける人もいたり。


そりゃ、健康に明らかな害のあるものだから、吸わない方が当然良いはずです。

だから、吸い始めようという人には積極的に注意してます。

吸ってる人は、やめる過程で精神衛生上かなりの負担を強いられることを考えると、なかなか大変だと思いますし、長く吸ってる人は自分で「やめなきゃ!」という意識が生まれないとやめづらいと思います。(もちろん周りの忠告も大事ですが)

ただ、これから吸うとか、まだ吸い始めて間もない人には絶対に吸って欲しくないので、かなりうるさく言う事にしてます。


いいことなんて何一つも無いですから。


ただ、僕にとっては、誰が吸おうが誰がやめようが関係ない、という意識もあります。

だって、体に悪いことが明らかにわかる状況で、それでもまだ吸いたいって人は、自分の意思なわけだし、注意はするけど結局は個人の責任ですから。

吸うのは勝手です。


でも、


煙を「吐く」のは勝手じゃないです。


たばこを吸いたくない人だっているんです。

たばこから出る煙、吐き出す煙に嫌悪感を覚える人もいるんです。

そんな人がいるのに、それでもなお非喫煙者の前で煙を「吐く」、その神経は信じられません。

そりゃ、自分から吸ってる人の傍にはいきません。

でも、目の前で吸われたらどうしたらいいでしょう?

空気清浄機や換気扇では、たばこの煙は逃げないんです。

(これは吸わない人にしかわからないと思いますが。)


小さい子供や、呼吸器に障害がある人がいるかもしれない公共の場で平然と煙を吐き、

しかも「嫌なら近寄らなきゃ良いじゃん」のような態度。

このごろ、ちょっと気にして見るようにしたら、ごまんといます。こういう人。


たばこの煙がもとで、目の前の人が喘息や呼吸不全の発作を起こしたら、責任とれます??


自分がたばこを吸うことで、大きな被害を被っている人もいることを、喫煙者には理解して欲しいですし、この意見は、誰に何と言われても変えません。


このブログを見たわずかな人にでも「煙を吐く権利」について考えてもらえたらと思います。

AD

コメント(7)