• 21 Jun
    • 画伯

      娘3歳0カ月家のホワイトボードに書いてくれました。嬉しい♡髪の毛の長さちゃんと見て描いてます。家の壁にホワイトボードシートを貼ったのでとても便利です。毎日日付と天気を書いたり、その日のチャレンジを娘が考えて絵にして書いています。「ご飯をニコニコで食べる」とかそんなチャレンジですが自分で考えたその日のチャレンジなので大事にしています。

      テーマ:
  • 20 Jun
    • 生まれてきてくれてありがとうの時間

      娘が夜寝る前に本を読んで、必ず最後に「大好き!大好き!の時間」を取ります。ひたすら「大好きだよー、生まれてきてくれてありがとう^_^」という時間です。最近では娘が寝る前に「本を読んで!」と自分で本をえらび「大好き大好きしよー」と言ってくれます。そして自分から「ママ、生まれてきてくれてありがとう♡」と言ってくれるようになりましたね。嬉しくて泣けますね。ついでにいつも「〇〇ちゃんは美人さん、とてもラッキーガールだよ!」と言っているのですが最近私にも「ママって本当美人さん!」と言ってくれるように。子供に言わせて喜ぶ親どっちが大人なんだか^_^でも毎日の声かけってきっと魔法の言葉のように本人に魔法をかける力があるんだなと最近感じます。昼間は悪戦苦闘してますが夜寝る前だけはせめて良い言葉で締めくくり辻褄合わせ♡

      1
      テーマ:
  • 15 Jun
    • 星空のような蛍

      近所の小学校で毎年開催される「ほたる祭り」に行ってきました。保育園帰りに娘と。びっくりするくらい綺麗で、満天の星空みたいでした。蛍好きで、わざわざ群馬や湯河原まで見に行っていたこともあるのですが、今まで見た中で1番綺麗でした。蛍って数日の命なのですが、力を振り絞って光る姿美しかったです。去年も行ったのですが、今年の方が断然綺麗でした。日本の夏ですね。写真は予約がなかなか取れない笠原シェフの賛否両論が出した甘味処カフェ寄り道でのおでんメニュー。気軽にいけるので重宝します。娘と一緒におでんに名物の炊き込みご飯♡賛否両論寄り道

      6
      テーマ:
    • 通りすがりの人の鞄が娘の頭に

      通りすがりの急いでいた人の鞄が娘の頭に激突しました。わたしは娘と手をつないでいたのですが、他のことに気を取られていた瞬間に、「バン」と大きな音がして、その次の瞬間娘が大きな声で泣き出しました。あっ鞄が当たったのね、と思ったのですが、かなり強く当たったようで大泣き。当てた人は、明らかにわかっているはずなのに振り向きもせず急ぎ足でどこかに行ってしまいました。混んでいる道でもなく普通の近所の歩道で。かなり大きな音がしたし、娘はかなり痛かったようで、、、、だんだん怒りがこみ上げてきてわたしの中にも消化不良の感情が。泣き止んで、家に帰った後遊んでいる時もふと思い出して娘が「今日鞄が痛かった」なんて言い始め、、わたしも消化不良の感情があったので一緒になって「ひどかったねー」と言いそうになったのですが、しばらく考えました。この記憶、この経験をどう考えるわたし、、、そこで思いついたのが「鞄当たって痛かったよね。とっても痛かったよね。でも鞄を振り回すと痛いってわかったね。〇〇ちゃんもよく鞄とか傘とかブンブン振り回すことあるでしょ?人に当たったら痛いって当たって初めてわかったね^_^いい経験したね」と言ったら「うん!」と笑顔でお返事てしました。我ながら優等生っぽい意見だなあと思いましたが、笑、わたしの中でも怒りの感情がすっと消えました。不思議だな。本当は理由なんてなんでもいいんです。思考を転換するゲームみたいなもの自分の訓練でもあるなと思考って癖の部分があるから、嫌な記憶をすっと消して学びに変換できる思考に。よくコーチングでは「99%相手が悪いとして1%だけもし自分ができることがあるとしたら?」と質問をされます。今回の場合はわたしができることは、「嫌な相手に感情を引きずられることすら自分の感情が勿体無い」という思いから、まずはわたしが思考を変換しよう♡となりました。

      4
      テーマ:
  • 14 Jun
    • 3歳0ヶ月難しいパズルに挑戦

      最近の娘パズルに目覚めています。保育園で朝や夕方のお迎え待ちの時間によくやっているようで、家でもやりたがります。いとこにもらったパズル。簡単なものから難しいものまであって難しいのは隠してあったのに、難しいのをやりたいと言い張るので出したら大喜びで時間をかけてものすごい集中力で取り組んでいて驚きました。やり方も大人みたいにきちんとやっていました。わからないピースはひとまず放置してわかりやすいところから組み立てる絵を見てこれは何と繋がるか考える。難しいパズルは一つのピースがハマるたびに「できたー!」と大喜び。この小さなできたが快感なんでしょうね。一応わたしも放置ではなく「やったー」と声かけ「ママのヘルプが必要な時はいつでも呼んでね!」と言っておきます。はめていたものが途中で崩れてしまったりした時は呼ばれて行きますが、手を出すと「〇〇ちゃんできるからーやらなくていいよ」なんて言われちゃって^_^今までのどの遊びより真剣に集中して取り組むので夕飯前の1人遊びとして最適^_^パズルまだ難しいだろうと思って隠してあったのが余計に火をつけたようです。私「難しいよー」娘「ママはできないもしれないけど、〇〇ちゃん(自分の名前)はできるから教えてあげるね、」なんて言って「やらなくていいよー」というと余計にやりたくなるようで面白いですね。この反発真理を利用すると「勉強なんてしなくていいよー」というスタンスだと逆にどんどん取り組むのかしら???やらされている、ではなくやりたいという気持ちをそっと押すこと、母親の役割は後ろから追い風を送ることもしくは遠くから太陽のようにサンサンと照らすことなのかな。今までは娘を抱っこして全部手取り足とりだったのが、3歳になってママの役割が少しずつ変化していることに気付きます。

      2
      テーマ:
  • 12 Jun
    • 朝から緊張

      今朝は仕事で大事なことがあります。すごい緊張感。。。朝からソワソワ、緊張している私に「〇〇ちゃんがいるから大丈夫だよー。イイコイイコしてあげるね」とずっと私に寄り添ってくれる娘。どっちが親なんだか、優しく頼もしい娘です。

      1
      テーマ:
  • 10 Jun
    • 子どもにダメだこりゃ!はない。

      毎週土曜の音楽教室に行ってきました。親の私が憂鬱になるほど自分の子供のダメっぷり(あえてこう書きます)を知らされる習い事。お姉さんクラスに進んだので子供と言えどきちんとしないと諭されます。挨拶は両足を揃えてしっかり立ってお辞儀。自分の名前は毎回手を挙げて大きな声で言わなければなりません。本物の楽器(カスタネットや鈴やベル)の運び方は丁寧に扱わないと触らせてもらえません。静かに耳済ます時間は静かにしないといけません。子どもにとったら大変なこと。同じ月齢の子たちでも性格からか何の苦もなく出来てしまうこといれば、うちの子のようにシャイで声を出すことが恥ずかしかったり、悪ふざけをしたくてあえてふざけてみたりして、親の私が気疲れするわ。と思うこと多々。でも先生方はプロ。待っていてくれます。1人でもきちんと挨拶できないときは待ちます。それも勉強ということで。「きちんと挨拶ができると気持ちがいいこと」「メリハリがあると遊ぶ時に思いっきり楽しめること」そんなことを子どもにも教えてくれます。お姉さんクラスに進んでからのうちの娘はちょうどお昼寝の眠い時間に重なることもあり、本当にグダグダで私も毎回疲れ切っていました。でも第6回の今日くらいから変化が見られました。始まりで順番に歌に合わせて名前を言う場面では1番に手を挙げてしっかり声を出して自分の名前が言えるようになっていました。来週の係を決める時も、自ら進んで火消し係に立候補してました。(ロウソクの火を消す係があるのです)。自分の好きな俳句を一つ選んでみんなの前でお辞儀をして発表する場面でも真っ先に好きな俳句を選び手を挙げていました。他にも積極性が突然でていましま。先生はよく知っていて「第6回や7回くらいから少しずつ子どもにも変化が表れます」と。その通りでした。ちょっと前まで私はお姉さんクラスに入ったこと失敗だったのでは、と考えて一つ下のもう少し低月齢の子がいるクラスに今からでも変更しようかと悩んでいたほどだったのですが、誰よりも積極的になっている我が子に目が点に。「子どもにダメだこりゃ」ってことは絶対にないのだなと教えられました。粘り強く待つこと、信じること。帰り道に「ママとてもびっくりしたーちゃんと名前が言えるし大きな声でても挙げていたね!」と言ったら娘「チャレンジしたんだよ!」と得意気に言っていました。私がいつも「〇〇ちゃんが上手くできることをママは望んでいるんじゃないよ、できなくてもチャレンジしている姿が大好きなんだよ!」と言ってきたのでチャレンジという言葉を覚えたのでしょう子供の成長って想像以上の早さですね。生まれた時も毎日毎日できることが増えて体も変わって成長の早さですねに驚きましたが今は脳や身体能力が驚くほどに発達します。大人の想像を遥かに超える成長曲線

      3
      テーマ:
  • 08 Jun
    • なんかやりたい!を形にする

      日本に帰国して2年が経ちました。取得したもの、マッケンジーセラピスト認定、整形外科クリニックでの経験、コーチング経験、ヨガセラピーボール認定、そして今ヨガの全米アライアンスの講師資格取得中です。傍で幼児教育の講座受けたり、我ながらよく頑張っている^_^でもなにかやりたい!インプットはしているがアウトプットの場が足りていない!そろそろ活動しようかと思います。「なんかやりたい」そう思って通い始めたママプレナーコースで自分の強みやブランディングを今は徹底的に考える作業をしています。アイディアが雨のように降ってきてワクワクが止まりません。そんな中漠然と「なんかやりたい!」という投げかけをしたのがニューヨークでコ一チングを一緒に勉強したNY一期生仲間。こんな漠然とした声かけなのに、すぐに乗ってくれて早速NY⇄東京をつないでzoomミーティングを開催することになりました。さすがです!フットワークの軽さとこの漠然とした声かけに反応してくれるあたり^_^大好きだわワクワクするな。「なにかやりたい!を形にする作業」あっ、このブログ読んでこのミーティングに参加したい方いらっしゃったらぜひ参加してくださいね。

      3
      1
      テーマ:
  • 05 Jun
    • 娘3歳のバースデーをディズニーで迎える

      娘がこの週末3歳になりました♡前々から計画していたディズニーバケーションパッケージでミラコスタに滞在してきました。親の願いを娘の誕生日にかこつけてというパターンです^_^遊び倒した2泊3日!!遊び疲れるということは大人になるとなかなかないので贅沢な時間です。キャラクターダイニングつきのプランにするか迷ったのですが、今回は夕食後をのんびり頂き、昼のイースターショーをバケーションパーッケージ専用の特等席でみるというものにしましたが大正解でした。まだ、着ぐるみが少し怖い年頃で大きなミッキーやミニーが突然近づいてくると怖がるので。昼間のショーを見るプランでは、間近にミッキーやミニーが来てくれて、しかもバースデーシールを貼っているのでいく先々でおめでとうを言ってもらえて、娘は3歳の自覚を持ったようです。身長が90㎝以上だと乗れる乗り物も増えて楽しかったです。お子様向けのマーメードラグーンのコースターや、トゥーンタウンのコースター、そしてスプラッシュマウンテンも。怖い!と言っていましたが一旦乗ったら体験したことがない感じに大笑いしていました、笑。1人でメリーゴーランドも乗り↑ディズニーランドのトムソーヤ島では1人でどんどん探検して、知らない子達と交流し3歳ともなると全く別の世界が広がるのだなあと感動しました。ホテル滞在の良さは炎天下の時にしばし休憩できること。一度ホテルに戻りシャワーを浴びてのんびり夕食を頂き、夜のショーを部屋から見てまた出かけました。大人と子供がセットで行く時にオススメなのが大人しか乗れない乗り物に乗りたい場合の交代乗り!私たちはファストパスでセンターオブジアースやビッグサンダーマウンテンをとっており、1人がファストパスで乗った後、もう一人はファストパスよりさらに早い優先の出入り口を使って一瞬で乗れます。シングルライダーとして1人乗りをするのよもいかもしれません!家に帰り、プレゼントでミッキーのぬいぐるみをバースデープレゼントとしてあげるとものすごく喜んでいました。このぬいぐるみは、ディズニー英語システムを購入した時についてきたものなのですが、出さずにずっと仕舞ってあったものです。ディズニーから帰った後に渡すというタイミングがよく大喜び^_^ディズニーから帰った後やたら「魔法」という言葉が飛び出すようになりました^_^

      4
      テーマ:
  • 01 Jun
    • 深夜12時まで

      気づけばもう夜中の12時@ヒルズ仕事の後、ひたすら宿題をしていたらこんな時間に。そろそろ帰ろう。今週は今日だけしか勉強する時間が取れなかったから。ここで飲んでいた訳じゃなく、スターバックスにいたんだけどね。

      2
      テーマ:
  • 31 May
    • 2歳11ヶ月 娘宛にお手紙が届く

      保育園からの帰りに娘と郵便受けを覗くことが日課です。昨日ポストを覗いたら娘が「〇〇ちゃん宛のお手紙があるよー!」と嬉しそうに取ったものが、なんと、、確かにピンクで猫ちゃん書いてあるし、、、大事に大事に持って帰って、嬉しそうに「お手紙保育園の先生にみせる!」と言って今朝紙で作ったお財布に入れて行きました。こうやって。ハートの折り紙と一緒に。こんなものか宝物になるだなんて、可愛いすぎます

      テーマ:
  • 26 May
    • 背骨矯正、骨盤矯正?言葉に騙されないで

      先日記事に書いたこの方、腰痛で悩んでいて、とある有名治療院でで何十万する契約を結ぶことを勧められた方、たった一カ月、通院2回で痛みがなくなりました。しかも、自分で行うエクササイズのみ。家で行っただけです。この自分で行うエクササイズ、これには体を変える力もありますが、意識を変える力もあります。それは自分の体を自分でケアする治すということです。自分の体を自分で客観視することができるようになること、ケアできるようになること、そのお手伝いをするのが私たちセラピストの仕事です。コーチングのアプローチと一緒です。この方はたった2回で腰痛改善しましたが、腰痛が起きてしまった原因を自分なりに分析していました。「猫背矯正バンドをつけたせいだ」と一見よさそうなバンドですが、無理に背骨を伸ばす姿勢を急に取ったことにより腰に負担がかかったと思うと、このように、世間一般で良いとされているものが、自分に合うかは全くわかりません。自分の体は自分だけのもの。自分に合った治療法、生活スタイルを見つけていく、それは自分だけが知っている答えです。小林麻央さんもブログの記事で同じことを言っていましたね。本当に共感します。そして、その方は、猫背矯正バンドはもう使わないけど、やはり姿勢の悪さが元凶だからバンドを使わずエクササイズで猫背を治したいと言っていました。大事なことに気付くと言葉が変わってきます。

      5
      テーマ:
  • 25 May
    • 2歳児の恋バナ

      恐るべし2歳児女子、もう恋バナするのですね保育園の先生によると、女子同士好きな子の話で盛り上がっているそうです。「〇〇ちゃんはね、〇〇君が好き!」とか言っている中でうちの娘はなんと「〇〇ちゃん(自分の名前)は、ピコ太郎が好き!」と言っていたそうです保育園の先生も思わす笑ってしまったようですパパも一安心に違いない!

      2
      テーマ:
    • 宇宙は故郷 山崎直子さんの言葉

      アナザースカイという番組が大好きです。本当に良い番組だと毎回思います。録画して何度もみるのですが、宇宙飛行士の山崎直子さんの会を深夜に再度見ていました。彼女の「アナザースカイは宇宙」彼女は、宇宙は故郷だと言っていました。宇宙に行った瞬間に懐かしいと感じたそうです。地球も人間も宇宙の塵から出来ている。そんなことを感じたそうです。人間の体も宇宙の一部。スケール大きい話だけれどもなんだか、すごくよくわかると思いました。最近よく娘は自分がまだ生まれていなかった時のことを聞いてきます。「その時わたしはどこにいたの?」と「いなかったよ!」と答えると全く意味がわからないという顔をするので「お空にいたよ」というと納得した顔をしてお空にいたのねーと言います。「雷さん」と「神様」の違いがわからなくて同じものだと思っているようで言葉が似ているというのもありますが、きっと本当はお空で一緒にいたのかもしれないとすら最近感じます。宇宙は故郷。壮大な浪漫飛行です♡

      1
      テーマ:
  • 22 May
    • エリックカール展:2歳児と美術館

      世田谷美術館で開催されているエリックカール展に行って来ました。バスを二本乗り継いで。バスの席に1人で乗ってみるということを楽しんでました。娘は展示にはあまり興味を示さず、砧公園の方が楽しかったようです。砧公園本当に気持ちよかったー。帰って来て、積み木で遊んでいたのですが、いつも異なる色の配置や遊び方をしていてびっくりしました。娘にこれは何を作ってあるのか?と聞いたら「チョキチョキおじさん、みたいにやったんだよー」と言っていました。うちで「チョキチョキおじさん」と言えばマチスのことなのですが、エリックカール展で一点だけマチスの絵があったのです。エリックカールがマチスにも影響を受けているといった紹介で。わたしはマチスが大好きなので、大興奮で「チョキチョキおじさんだよー!」と娘に言っていたのが残っていたのか、エリックカール全体を「チョキチョキおじさん」の作品だと思ったのかもしれませんが、とにかく一見全く興味を示していなかった展示が記憶の片隅にあってそれが積み木の作品にも現れるということに感動しました。子供に何かを体験させるということはそういうことなのかもしれません。絵なら絵そのものが上手くなるとかそういうことではなく、全く違うものに影響を与えるということ。算数だって国語だって音楽だって、学問としてそのものの勉強をしているというよりは価値観や表現の幅や考え方の幅を広げるということ。子供のさりげない一言で気付かされました。そしてこの後積み木を片付けるをという行為にもアートっぷりを発揮していました。箱の中にどう入れて行くか、を真剣に考えて色合いや形を考えて入れていました。こちらが勉強になることばかりー。

      6
      テーマ:
  • 21 May
    • 2歳11ヶ月:小さなできたを積み重ねる

      娘(2歳11ヶ月)との朝の散歩で小さなできたを積み重ねた結果、朝はブランコにへっぴり腰でしたか立てなかったのに、夕方のパパとのお散歩ではしっかり立てるようになってました!子供の成長ってすごーい。計3時間ほど公園にいた一日でした。公園遊びなどは前頭葉の発達に良いそうです。前頭葉は脳の司令塔です。人間が1番たくさん持っているところです。体を使う、手先を使うことは脳の発達に大きく関わることなので、どんどん外遊びさせていきたいです。実際脳卒中の患者さんを多く見てきてもそれを感じることはあります。脳がダメージを受けた場合に、もちろんダメージを受けた場所にもよりますが、体が動くようになってくると、高次脳の機能も徐々に回復してくる人が多いですし、訓練であたらしい回路ができて回復してきます。年齢にも大きく影響していて、若ければ若いほど圧倒的に回復力がはやく、子供なんて脳がどれだけのスピードで発達しているかなんて恐らくちょっ早の早送り状態だと予測されます。娘が朝はへっぴり腰だったのに夕方には立てるようになっていたのは、脳も一緒に1日で成長したと考えられます。

      2
      2
      テーマ:
  • 20 May
    • 2歳11ヶ月:小さなできたを積み重ねる

      土曜の朝のジョギングに今日は娘も行きたいというので連れて行くことにしました。娘はキックボードに乗って出かけます。平日はなかなかゆっくりお散歩できないので、週末のお散歩は貴重な時間。お散歩もテーマをもってします(←教育ママ)「小さなチャレンジをしていこう」「小さなできたを積み重ねよう」チャレンジしている時って子供って必ず「見て見て!ママ見て!」って言いますよね。可愛いです❤️キックボードは、得意な利き足と反対の足でも乗ることを促してバランス感覚を鍛えます。反対足で乗るとうまく乗れないので嫌がるのですが、お姉さん乗りだよーというとチャレンジします。お姉さん乗りという言葉で「できなくても大丈夫」と思うので何度もチャレンジします。滑り台は、階段じゃなく滑り台を駆け上がるというチャレンジをしてました。いつもは登らない難しい階段もチャレンジブランコは椅子型のすっぽり上から乗るベビー型ではなく、大人乗りブランコに少しずつ挑戦今日はその上に立つチェレンジしてました。へっぴり腰が可愛いいジャングルジム1つ登れるように!見て見て!と大喜び、この後手を離せるかチェレンジしてました。ひたすら石の上を歩くチェレンジ。公園中ずーっとここを歩いていたので大分上手くなりました。何度も転びましたが、楽しさの方が上回っていたのと、私がチェレンジ褒め称えたので「泣かない!」と言って頑張ってました。途中で疲れちゃってキックボードもリュックも持たないと投げ出したのですが、交渉でどちらか1つを持つようにと言ったらギャン泣きで寝転がり大抵抗。いつもなら時間的余裕がなく無理やりこちらも折れて持ってしまうのですが、今日はリュックを置いてわたしが立ち去りました。根気比べ、しばらく待っていたら娘がものすごく憤慨しながらリュックを振り回して歩いてきました。いつもだったはそんなにリュックを振り回して!と言うところだったのですが、「偉いね、ちゃんとリュックを持ってこれたね!頑張ったね!」と言ったらものすごく笑顔に。きっとリュックを振り回して憤慨していることを怒られると思っていたので反応が違い嬉しかったようです。その後は、ちゃんとリュックを担ぎキックボードまで運転してくれました。大人だってもそもそも、やりたくないことをイヤイヤやった時に、そんなにイヤイヤやってと怒られたらもっと嫌だなあと、嫌なのに頑張ったこと褒めて欲しいものだなあと、改めて思いました。今日のお散歩小さなチャレンジできたをたくさんできました。目標達成^_^

      3
      1
      テーマ:
  • 19 May
    • キッズ大学 お片づけを学ぶ

      最近とある勉強を始めました。その間娘はキッズ大学に通ってお勉強です。ママがお勉強中、子供もお勉強というコンセプト。預かってくれるのでとても助かります。第一回目はお片づけを学びました。娘は最年少でしたが、無事参加できたようです。お片づけをカードを使って正しい位置に戻すゲームをやったり、自分で靴置き場シートを作成したりしたようです。(写真のもの、光の関係で携帯の影がうつりこすみません)自分で作ったお片づけシートを持って帰ってきたので玄関に貼りました。うちにはもともと、玄関に娘の靴置き場として靴の写真を貼ってあるゾーンがあったのですが、当初はきちんと置いていたものの最近はそんなもの目に入らないくらい靴が脱ぎっ放しになっていたのです。しかし、自分で作った靴置き場シートの効果は抜群でした。「自分で作ったお片づけシートだから、そこに自分で靴をおく」ということに母のわたしはやっと気付きました。お片づけを成功させるポイントは、自分で決めた場所に自分で置くということなんだな。1つ1つのおもちゃを、こんまりちゃん風に全部出して、どこにしまうかを娘とゆっくり一緒に考えて、そこに目印となるものを一緒に作ってはる、という作業を今度娘とやってみようと思います。途方もなく面倒臭いけど、急がば回れかもしれません。

      1
      2
      テーマ:
  • 18 May
    • 大人も発見する喜び

      今朝の記事で子供の発見する喜びを奪わないということが大切だと書きましたが、大人にも言えます。大人になっても発見し続けることができたら素晴らしいと思いませんか?とある患者さんから素敵な言葉を頂きました。リハビリと言えば、はじめは何かしてくれると思って来たので自分で行うエクササイズに物足りなさを感じましたが、話していくうちに、色々な気づきがあり、自分の健康や体のメインテナンスは自分で行う、管理することの重要性に気づきました。それに気付かせてくれたことに感謝します!そうそうこれなんです。自分の体や心自分が1番よく知っているはずなのに、わかっていない、そのヒントを客観的にみるお手伝いをしているのが私たちセラピストです。それに気付いた瞬間から皆様よくなって、さらに生き生きと美しくなっていきます。大人も発見する喜び必要です♡

      テーマ:
    • 発見する喜び

      昨日の私の記事、数に興味を示すようになった娘ですが、どのような世界をみせるのがよいかわからなかったのですが、今朝答えを見つけたような気がします。学びには、「発見する機会と喜びを与える」こと。娘がなぜ数や文字に興味が出たのか、数が世の中に溢れていることを発見したからです。娘は世の中に溢れている数字を見つけるたびに最近報告してくれます。こんなところにも「1」があるとか。例えば男の子は車が大好きだから、走っている車1つ1つに反応して細かな違いまで認識することと似ています。発見して知る喜び、学びはこれに尽きるのでは。だから、教えて学ぶのではなく、本人が発見する環境を作る、つまり、邪魔しない教えないということかもしれません。与えた課題をこなすことなんて、大人になってからで十分。子供のうちは自分で見つけて発見して知りたいと思う、学びたいと思う、その繰り返しなのかな。それをサポートできる環境作り、声かけなのかな。

      1
      1
      テーマ:

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

旧ランキング

健康・医療
3318 位

ランキングトップへ

ブックマーク

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。