裸のニューヨーク

ユー・ドント・ノウ・ニューヨーク・ザ・ウェイ・アイ・ドゥ...これは私のアンビバレントでパーソナルなニューヨーク・ストーリー。


テーマ:

全米で活躍する1万人以上の映画やテレビの脚本家が所属するアメリカ脚本家組合が5日、ストに突入したそうだ。前日にDVDやインターネット配信作品の利益配当の大幅アップを求めて交渉を行なったが決裂したと報じられている。


ストに参加している脚本家たちの作品リストを見ると、ボーンズ、ハウス、Lost 、デスパレートな妻たち、などなど、人気ドラマがズラリと並んでいる。


まあ、日本ではいまだに2004年の「フレンズ」の最終シーズンをやっているぐらいだから影響は皆無だろう。


ところで、海外ドラマ事情でひとつ気になる事がある。それは「吹き替え」。


各局の方針で、「吹き替え」「二ヶ国語放送」「字幕」の3種類の放送があるが、海外ドラマファンであれば、字幕が好ましい場合が多いと思う。「AXN」というチャンネルの座談会では出席者全員が字幕希望だった。レンタルショップに行っても主流は字幕スーパー版である。吹き替えの需要があるのならそれはそれでいいだろうが、例えば私の大好きな「名探偵モンク」は強迫性障害を患らっている。ウェットな声質なのだが、吹き替えの角野卓造さんの声はドライ。申し訳ないが楽しみが半減してしまう。


また、コメディ番組の女性の場合に顕著なのだが、元の俳優さんに比べ、声優さんの声がやたら甲高く、ハイテンションでわざとらしい事があるのだ。「フレンズ」のリサ・クードローのベルベットのような声も甲高いキンキン声になっているし、ジェニファー・アニストン担当の方の声質も全く異なる。リブ・ウルマンやジュリア・ロバーツの声もかなり低いが吹き替えには反映されていない。一般に日本女性の声はアメリカ人と比べてみると甲高いという事もある


が、それだけではない、面白くしようという魂胆が見え見えでかえってあざとい。


素晴らしい吹き替えだと思ったのは今までに3人だけ、「刑事コロンボ」のピーター・フォーク役の初代の小池朝雄さんと2代目の石田太郎さん、そして「ジェシカおばさんの事件簿」のアンジェラ・ランズベリー役の森光子さんのみである。費用的にも字幕の方が安上がりだろうし、なるべく元の俳優さんの声込みで上映しないともったいない。彼らの声は何億という高い出演料の1部なのだから。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
 ユーチューブで見られる「笑ゥせぇるすまん」にハマッているとニューヨークの友人がメールをくれた。私は今さらながら「Xファイル」にハマッている。日 本の地上波で放映されている頃はさほど熱心なファンではなかったのに、日本のフォックスTVでつい最近まで全シーズンを一挙再放送しているのを見ているう ちにハマッてしまったのだ。

  ハマる海外ドラマのハシリは「ツインピークス」ではなかっただろうか。ゴールデン・グローブ賞3部門受賞、エミー賞6部門を受賞するなど社会現象にまで なったドラマだが、私はデビッド・リンチ監督はあまり好みでないせいか全くハマらなかった。ハマリにハマッた私の友人などは舞台となったワシントン州スノ コルミーとノース・ベンドにまで行ってクーパー特別捜査官がチェリーパイを食べたダイナーのモデルとなった「Mar T カフェ」でチェリーパイを食べて来たそうだ。私は2004年にワシントンDCに行っているのだが、「Xファイル」にハマってから(しまった!FBIビルに 行ってみるんだった)と後悔した。

 その後も「24」とか「LOST」とか、ハマる番組は数あるが、何故か私は「Xファイル」一辺倒である。日本のドラマにハマッたのは1993年放映の「同窓会」ぐらい。ゲイのメッカである新宿3丁目がよく出て来て、当時よく出入りしていたエリアなので興味が持てた。

 本来なら気味の悪い映画類は好きではないのになぜ「Xファイル」にハマッて日本(や韓流)のドラマにハマラないのか少し考えてみた。

  まず第一はやはりモルダー捜査官役のデビッド・ドゥカブーが好きだという点。セリフが棒読みだ、などとジョークのネタにされたりするが、好きな人の欠点は なぜか許せてしまうものだ。自分の好みのタイプを振り返ってみると、日本なら田村正和、アメリカならアンソニー・パーキンスのようないわゆる「優男」が好 きと見え、モルダーもその路線である。

 マーク・スノウという人の音楽も素晴らしいし、そして何よりモルダーもスカリーも滅多に「怒鳴ら ない」という点がいい。私は怒鳴り合いやいがみ合いが大きらいなのだ。「LOST」や「24」などのドラマとは一線を画し、怒鳴りあわずともちゃんと意思 の疎通が成り立つ、「Xファイル」は優れたコミュニケーション・ドラマであり、スカリーなどは私もこうありたいというロールモデルなのだ。自分の好きな物 を分析してみると思いがけず自分はどういう人間なのか発見できるものだ。

 病膏肓で、遂にオークションで全巻手に入れてしまった。映画制作の話もあるというからスクリーンでちょっと老けたモルダーとスカリーに再会できるかもしれない。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
CNN5月14日報道によると、FOX、CBS、ABC、NBC各局の秋の新番組のアップフロントのスポンサー向けプリゼンテーションが行なわれたという。私がスポンサー企業だったら、という観点から見てみたい。

まずは「アメリカンアイドル」のおかげで3年視聴率トップのFOX。

「フレイジャー」のケルシーグラマーがTVショーのホストを演じる「Back to You」が面白そう。ニューオーリンズを舞台にした「K(カトリーナ)-Ville」など。

CBSはカーネギーホールでのプリゼン。ヒュージャックマンが歌い、踊る「Viva Laughling」、キューバ人の「ソプラノズ」版
「Cane」、子供がゴーストタウンを新国家に変える「Kid Nation」、それにスウィンガーを取上げた番組など、CBSは新境地、それもタブーに挑戦、という路線を取るようだ。

ABCはリンカーンセンターで派手にプリゼン。11の新番組を打ち出す。どうしても注目を集めたいABC、「Pushing Daisies」は別にしても「Dirty Sexy Money」とアメリカ人の好きなキーワードを3つも並べた番組をプッシュしたい様子。

視聴率どん尻のNBCはラジオシティミュージックホールでプリゼン。コンピューターオタクの「Chuck」、「New Bionic Woman」など、新番組は4つ。コンサバなラインナップだとCNNは伝えている。

私なら手堅くケルシーグラマーの出る「Back to You」を選びたいところ。




AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
日本のTV番組はつまらない、と言う人が多い。もっとも若い時には、「笑っていいとも」などは毎日見ていたから、スカパーやNHKの衛星放送など、チョイスが出来たので地上波は見なくなったのかももしれない。とにかくアメリカやイギリス、カナダなどのドキュメンタリーには優れた物が多く、エンターテイニングであると共に教えられる事もたくさんある。

日米のテレビ番組を見ていて気が付いた事を幾つか挙げてみたい。昨年滞在先した家にはケーブルテレビが入っていたのでたくさんの局が見られた。但し、あまりに選択肢があっても疲れるもので、結局はなじみのNBCやABC、CNN、たまにFOX、一番見たのはNYの地元局のNY1だった。

やはり日本で見慣れた番組がとっつきやすく、「(隣の)サインフェルド」をよく見た。これがまた幾つかの局で違う時間帯にやっているので何が何だかよくわからない。TVガイドを買って研究しようとしたが時間がなかった。遊びで行った訳ではないので本来のんびりTVを見ているヒマなどないのだが、つい毎晩チャンネルを合わせてしまったのがNBCのジェイ・レノの”Late Show”と、続く”Late Night with Conan O’brien”。

コナン・オブライエンは大好きなので数年来の念願だったスタジオ収録にまで出かけて行った。これは前もって電話で予約し、予約確認のメールのプリントアウトを当日持参する。無料で、おみやげにはTシャツまでくれるサービスの良さだが、とにかく時間がつぶれる。一旦NBCまで出向き、始まる1時間前ぐらいに再集合して延々と並ばされるのだ。局側の人間が並び方から座る席まで仕切るので私の後ろに立っていた、NY観光にやって来たらしいプアホワイト(失礼)の、笑うとおなかがたぷたぷと波打つ女性など「ブー」とブー垂れていた。長々と待たされるのがイヤな人には向かないが、私は次回も行ってみたいと思う。

それはともかく、日米のTVを見ていて気になる点が幾つかある。似た、というか構成が全く同じ番組があるのだ。昔だったら「クイズ100人に聞きました」、日本の決まり文句「あるあるある!」はアメリカでは”Good answer!”だった。”Dance with Celebrity”(セレブとダンス)に似た番組も日本にある。「クイズ$ミリオネア」も日米同じ構成である。

日本の番組もNHKほか数局あるようだが、帰国すればいくらでも見られるのだから一度も見なかった。「料理の鉄人」がアメリカで大ヒットしたのはご存知かと思う。チャンネルのザッピング中に非常に不思議な番組を見つけた。多分「ゴレンジャー」だと思うのだが、屋外のシーンは日本なのに、アメリカ人が出る場面はアメリカで撮影している。しかも言語は英語。その切り替えが稚拙で不自然で、どうしてこんな事をしなければいけないのかと首を捻った。「風雲タケシ城」と思われる番組も英語で放送していて、若き宮崎県知事が出演していた。

日本の地上波はほとんど見ない。若いタレントには一切興味がない。日本人で私の映画や音楽の趣味がわかる人は皆無に近い。こんな生活をしている私は「海外逃亡者」ではなく「国内逃亡者」なのかもしれない。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。