裸のニューヨーク

ユー・ドント・ノウ・ニューヨーク・ザ・ウェイ・アイ・ドゥ...これは私のアンビバレントでパーソナルなニューヨーク・ストーリー。


テーマ:
ニューヨークは北緯41度で青森県八戸市とほぼ同緯度。北緯35度の東京よりはるかに寒いのは当たり前だが、北緯51度のロンドンより寒いのは大西洋のラブラドル寒流のせい。「カナダ降し」は氷のように冷たく体感温度は更に低い。Brrr...

昨年のニューヨークには寒波が襲来、1、2月の最寒月の平均気温が0度から-10度。1月第2週は-15度から20度という寒さだった。今年も吹雪に大雪。冬のニューヨークには行きたくない。救いは、どんなに古いアパートでもラジエーターや暖房用パイプが広い部屋を暑いくらいに暖めてくれる事。

日本の家屋の方がよほど寒く、4度の冬を経験したのにニューヨークが寒かったという記憶が私にはあまりない。

75年か76年だったと思うが私も寒波を体験した。鼻毛が凍り付いて呼吸困難になるので、雪の車道で車がスリップしてキリキリ舞するのを尻目に滑らないよう小走りに2、3ブロック進むのがやっと。ドラッグストアに走りこんだり、文房具屋に寄ってみたり、何とか用を足して早々に帰宅した。

しゅうしゅうと爬虫類の威嚇のような音を立てるラジエーターは触ると火傷しそうなほど熱い。この暖かさは電気ストーブやエアコンの比ではない。真冬でもTシャツ1枚で過ごせるのだ。が、ヒーターに問題があるとなると悲惨だ。

ある日本人の掲示板の書き込みによると、ヒーターの温度が低く、零下になる部屋で風邪で寝込んだ彼、管理人に苦情を言っても改善されないので市の担当官に通報したそうだ。その結果、400ドルの罰金が課せられた大家は慌ててやって来て「君の体が心配でね」と空々しい事を言い、寒さの一因である壊れた窓をテープでふさいで「修繕」完了。「窓の交換には時間がかかるから夏まで我慢して」と言われたそうだ。せめてヒーターの設定温度を上げて、と懇願した哀れな彼に「そうする君はと今度は窓を開ける、で、私のお金が無駄に消えてゆく」「自宅のヒーターも節約の為に66度(約18.7度)にしている、君も耐えられるはずだ、私ではなく市に苦情を訴える君たちはフェアではない」とか何とか言いくるめられたそうだ。

言葉の壁のある日本人が時としてこういう無茶苦茶な扱いを受けるニューヨーク。権利意識の強いアメリカ人の友人にはこうアドバイスされたそうだ。

「騙されるな!テープで修繕?火事があったら逃げられないじゃないか?担当官に見つかったら消防署に通報されて何千ドルもの罰金を課せられる。すぐにHPD(市のハウジング課)に通報しろ!」

私にもその後の人生で役に立ったニューヨーカーからのアドバイスがある。

Don't ask. Demand. 「頼むんじゃない、.要求しろ」

そう、アメリカ人が demanding(要求が多い)のは日々サバイバルに明け暮れているからである。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。