裸のニューヨーク

ユー・ドント・ノウ・ニューヨーク・ザ・ウェイ・アイ・ドゥ...これは私のアンビバレントでパーソナルなニューヨーク・ストーリー。


テーマ:
セシール

知人が本をくれました。彼が言うには「まあまあだった」というこの本、異文化初心者には為になるかもしれませんがある程度知っている方にはオススメしません。主婦の方なのでバリバリ仕事をこなす切れ味のいい男女にもちょっと「タルイ」と思います。

【書評】デュラン・れい子著『一度も植民地になったことがない日本』は異文化入門書



デュラン・れい子著
一度も植民地になったことがない日本 (講談社+α新書)
¥880
Amazon.co.jp





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
セシール

 日本のアマゾン書店ではまだ予約受付段階の「スパイダーマン3」。発売予定日は10月17日で現在予約受付中である。価格は3990円のところ2993円となっている。

 それが、中国では全米公開の約2週間前に北京で海賊版DVDが出回ったというから驚く。「バベル」などもやはり封切り前に路上販売されていたという。「ハリー・ポッタ」の最新作もきっと出回った事だろう。

 価格は約1ドル(約119円)強だが、粗悪な装置によって作成された中国製DVDには再生できない物があるとか。安物買いの銭失いとはこの事だ。

 コピーのDVDは、違法、模造と知的財産権の侵害で海外から批判を浴びている中国ばかりで販売されているのではない。大阪の日本橋の電器店街「でんでんタウン」の路上でも封切り前や公開されたばかりの洋画の字幕付きの物が違法販売されているという。

 ニューヨークの路上でも5ドルで売られており、私は一切買わなかったが、「家族で映画館に行けば2、30ドルかかる。海賊版DVDだと5ドル。買わない手はない」と、結構裕福な投資銀行家が言ったり「路上で5ドルのDVDを買えるのに、わざわざ大手を儲けさせる事はない」と日本人が言ったりするのを聞き、これでは違法DVDがなくなる訳はないと思った。

 私は昨年ニューヨークで日本で入手困難なビデオやDVDを大量に購入したが、違法の物は買わなかった。品質に問題があるかもしれず、また、好きな映画を音楽をやましい気持ちで鑑賞したくないからである。が、それにしても高い。99セントショップに1ドルのDVDがたくさん並んでいる時に「SONYスタイル」や「NBCショップ」で買うとDVD1枚が20ドル近くする。アメリカのDVDはリージョンが違うので日本の再生機では見られない。パソコンで見るのみである。もうアメリカでDVDを買うのは諦めようと思う。

 シンガポールのモールでは、音楽CDを100円とか200円という激安価格で手に入れて大喜びしたが、帰国して聞いてみるとどこか変。ラベルにははっきりと「ケニー・G」と書かれているが演奏スタイルが違うのだ。「マライヤ・キャリー」にしても声が違う。これは違法コピーではないが、本人以外のカバーCDだったのだ。演奏そのものはかなりのレベルだったがケニーやマライヤの名前を騙っているのはマズイ。(やられた)と苦笑いして以後、シンガポールではCDは買わない。

 アメリカのレンタルビデオ大手の「ブロックバスター」でビデオを1本借りた時に5ドルほど取られ、(案外高いんだなあ)という感想を持った。映画のDVDも高すぎる。かつて映画のビデオも大変高かった。私も何本か買ったが1万6千円もした。それが段々値下がりし、今ではDVDに取って替わられてしまった。DVDも段々安くなって行くだろう、「高すぎる」、それが海賊版DVDが横行する理由であろう。正規版がもっと安くなれば出回らなくなると私は思うのだが。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
セシール
お笑い関係者などが言う「客いじり」とは観客をダシにして即興で行なう話芸の事らしい。その昔、新宿の末広亭に林家三平さんを見に母と行った時には私のかぶっていた帽子がよほど目立ったらしく、三平さんはチラチラ眺めていて、何かからかわれたのだが残念ながらもう覚えていない。

ニューヨークのコメディクラブに行っても「客いじり」はある。いじられると大変困る。受け答えが難しいからだ。アメリカ人の客なら予定調和的な答えを知っているのだろうが、外国人の私にはわからない。以前ユダヤ人のコメディアンにどこから来たのかと聞かれ、日本だと答えると「I Hate Japanese(日本人は嫌いだ)」ときたのでぎくっとした。が、落ちは「第二次大戦でボクの父親を殺してくれなかったから」。ユダヤ人の父と息子の間にはどうも確執があるらしいのだが、これも私にはわからない。なんともどぎついジョークで、曖昧に笑ってごまかした。

昨年も、タイムズスクエアのコメディクラブのステージの真横の席に通され、(これではいじられる、困ったな)と思ったがままよ、と座ったら、やっぱり来た。

「どこの出身?」

日本と答えるのは芸がない。

「Take a guess.(当ててみて)」

コメディアン氏、うーん、悩むね、というので日本人よ、と助け舟を出した。すると今度は「何してるの?」と食いついて来た。「ライターよ」と言うと、「どんなトピックを書いているのか」と追求の手を緩めてくれない。仕方がないから数年前に卵子提供者を取材したと答えた。すると、ワーオ、と大仰に驚くので調子に乗って、「卵子1個が5000ドルなのよ」と言うとまたしてもワーオ。いいネタを振られた彼は、「女はいいよな、卵子1個が5000ドル、俺ら男は精子を売ったっていいとこ20ドル」と言うと場内がドッと湧いた。

精子は1回の射精で数億個が放出されるが、卵子は1回に1個しか作れない。また、卵子は精子と違って気軽には買えない。5000ドルと高いし、買ったとしても受精卵を女性の体内で育てない事には子供は生まれない。その時に代理母が必要になると謝礼は数百万単位である。「男性がいなきゃ子供は産めない」とムキになる男性が多いが、そうこうしているうちに、2004年には東京農業大の河野授らが精子を使わず卵子だけで世界初となるマウスを誕生させたというニュースが報道された。ただちに人間に応用できる訳ではないが、男性なし、精子なしで子供が産めるという時代が到来しないとも限らない。

少子化が叫ばれて久しいが、子供が増えるには、女性1人と男性10人の場合と女性10人と男性1人の場合では単純に考えてどちらが子供が増えるかは明らか。生殖に関しては女性優位という考え方もできる訳で、だから女性を大事にしない国は繁栄しないと私は常々思っている。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。