裸のニューヨーク

ユー・ドント・ノウ・ニューヨーク・ザ・ウェイ・アイ・ドゥ...これは私のアンビバレントでパーソナルなニューヨーク・ストーリー。


テーマ:
 世界の3大料理とはフランス料理と中華料理、そして意外な事にトルコ料理なのだという。フランス料理の洗練と中華料理の貪欲(いい意味で)は賞賛に値するがトルコ料理に関してはケバプぐらいしか知らないので何とも言えない。私の好みを言えば、案外ドイツ料理が美味しいと思うし、中国料理よりは韓国家庭料理のファンである。

 これらの国の料理に比べると「アメリカ料理」はいまひとつピンと来ない。大体「アメリカ料理などという物は存在しない」という説まである。確かに私がぱっと思い付くのは料理とも言えない物ばかり。

 えー、ハンバーガーにホットドッグ、クラムチャウダー、アップルパイにパンプキンパイはいかが。熱々のステーキ、詰め物をした七面鳥の丸焼きもあるよ。

 ステーキが料理と言えるかどうかは意見の分かれるところかもしれない。何しろただ焼き具合を聞いて焼くだけである。それでもやはりステーキの本場はアメリカであり、アメリカのステーキは安くて美味しいと言っておこう。日本のステーキ屋ではしょうゆ味のソースをかけて供したりするが邪道である。アメリカのステーキは塩と胡椒だけで充分美味しいのだ。付け合せのポテトがまたうまい。マッシュポテトにフライドポテト、ベイクトポテト。どれにしようか迷う。
いっそ皆ちょっとずつ頼みたい。日本のぺらぺらの貧乏くさい薄いステーキなど問題外。ジューシーでテンダーで、ぶ厚く、血の滴るビーフ。これにマッシュルームのワイン煮とベイクトポテトにサワークリームを付けて1か月に1度は食べていたが、日本でははなから諦めている。私は雑食だからガマンできるが、日本は肉食人種にはつらい国だろう。

 そしてやっぱりハンバーガーもアメリカにはかなわない。なぜか。ボリュームが違う、値段が違う、そして日本にはない、酸っぱいピクルスが(タダで、山ほど)付いてくる。日本では食べないハンバーガーを、ニューヨークに行く度しみじみと味わう。ホットドッグの美味い店もあるがヘルシーではないのであまり食べない。

 実はアメリカでは世界各国の食べ物がアメリカ料理として定着して行く。さしづめピザがそうだろう。寿司も既にアメリカ化している。ソウルフードという物もある。昨年はヒマラヤ料理というのを初めて食べた。そしてメキシコ
料理のタコスにハマッた。あのタコスの味は日本では決して味わえない。ニューヨークに行ったら必ず食べたい料理がまた1つ増えてしまった。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ニューヨークのホームレス、いつの間にか増加傾向
家族ごとホームレスは過去20年で最高水準──「シェルターには入りたくない」
http://www.ohmynews.co.jp/news/20070723/13396

日本人の「ユニークな発想」の産物
女性専用車と「高島屋SEEカード」
http://www.ohmynews.co.jp/news/20070723/13395


「黒人は泳げない」という通説の背景にある事情
人種差別、貧困、伝統、文化、そして、その体質
http://www.ohmynews.co.jp/news/20070720/13324

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
もうすぐ日本でも裁判員制度が始まります。
心の用意はできていますか?私は出来ていません(笑い)。こんな映画はいかがでしょう?

もうすぐ始まる「裁判員制度」を知るための格好の映画あります
アメリカでは陪審員拒否の仰天言い訳





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
アメリカ人の裸に対する感覚は日本人のそれとは大きく異なる。公共の場を全裸で走り抜けるストリーキングという行為がある意味市民権を得ているし、多くの大学でこの行為が伝統行事となっている事ひとつを取っても日本とはかなり違う事がわかる。アカデミー賞の授賞式に素っ裸で登場したストリーキング男性もいて、驚きよりは笑いをもって迎えられていた。全裸の男女が出演するオフブロードウェイ劇を見た事もある。

「ムーニング」という、お尻を丸出しにする行為もジョークとして認識されているし、祭りやイベントで女性がノーブラの胸をぺロリと出す事もある。ジムに行けばカーテンのないシャワールームがあり、ロッカールーム内を堂々と裸で歩き回っている。日本のジムやプール、お風呂で厳重に体にタオルを巻き、もぞもぞと時間と労力をかけて脱衣や着衣をする女性がいるのとはかなり違う。

ヌードに大らかなアメリカではあるが、やはり度が過ぎるのはまずいと見える。CNNが伝えるところによると、ヌードに寛容な町として知られるバーモント州ブラトルボロでは裸での水泳や日光浴は合法だが、その町で7月18日、全裸で出歩くことを禁ずる30日間の一時的な条例が採用されたという。何でも、猛暑に見舞われた昨年の夏、若者が裸で自転車に乗ったり、フラフープコンテストをしたりと裸での行為がエスカレート。今年はかばんとサンダルだけの姿で町の中心部を歩く高齢者もいたという。条例に違反した場合の罰金は(たったの)100ドル。これで効き目はあるのだろうか?

一方、凍えそうなアルプス氷河で8月に裸の集団の写真を撮るためのボランティアをスペンサー・チュニックという写真家が募集しているという。このまま温暖化が進めば2080年までにはスイスの氷河は消失するとかで、それをアピールする狙いだという。

「クイーン」で本年度のアカデミー賞主演女優賞を得た保守的なイメージのヘレンミレンが何と、アメリカのトークショーで自分はヌーディストであると告白していた。

大自然が眼前に広がる栃木の露天風呂で大きな開放感を味わった経験のある私としてはヌードビーチというアイデアには非常に魅力があるが、盗撮行為が横行するという日本のビーチの状況を見聞きすると、到底実現不可能と思われてくる。

出典サイト
http://edition.cnn.com/2007/TECH/science/07/19/glacier.nudes.ap/index.html
http://today.reuters.co.jp/news/articlenews.aspx?type=worldNews&storyID=


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先日クイーンズで停電があったニューヨーク。

でもやはり1977年のブラックアウトが最大です。


放火や略奪がすごかったらしいですが、特にBushwick, Brooklyn (Wikipedia.comに載ってます)がすごかったそうです。


ニューヨークタイムズが30年後のこの地域の変わりようをレポートしてます。

ブルックリンは詳しくないのでどの辺りかさっぱりわかりません...


NYタイムズの動画「ブッシュウィック、あの時と今」


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
  ニューヨークにはゲイバーが多い有名なクリストファーストリートがある。グリニッジヴィレッジの一角にあり、通りで男性同士がキスしていたり、肩を組んで 歩いていたり、慣れていない方はぎょっとするかもしれない。私は4年いるうちにすっかり慣れてしまったので新宿3丁目の「外専バー(外国人OKのゲイ バー)」などにも全く抵抗がない。ゲイの友人もいた。

 エイズが大問題になった80年代まではクリストファーストリートのゲイバーには 「バックバー」と呼ばれる、知り合ったゲイ同士がむつみあう奥の場所があり、日本で言う「ハッテンバ」だと思うのだが、それがエイズの大流行に拍車をかけ ているというので閉鎖されてしまった。知り合ってすぐにエッチOKなど、ゲイの男性を見ていると非常にセックスに対してアグレッシブだと思ったものだっ た。

 ゲイの軍隊(gay troop)という言葉があるが、これは同性愛者の軍隊という意味ではなく、「同性愛が公認された軍隊」である、とSANKEIEXPRESSの「アメリ カを読む辞書」にあった。少しここから引用させて頂くと、アメリカの連邦議会では米軍兵士の同性愛を認めるかどうか今も議論が続けられているというが、 1993年に制定されて以来取っている方針が「(ゲイかどうか)たずねず、(また)語らず」という方針なのだという。

 私が感じる日米の ゲイ事情について感想を述べると、エレン・デジェネレスというレズビアンの司会者が人気だったりするが、どうも個人レベルでは、差別はいけない、という風 潮が強いアメリカの方がゲイに対する風当りが強く、またタブー視する風潮が強いような気がする。ゲイに対するヘイト・クライムが多いのもそれを裏付けてい る。日本では女連れが「私達、レズなの」と冗談で言ったりするが、それはアメリカではジョークとして通じない。真面目に取られたり、レズビアンに対するか らかいのように取られたりする事があるのだ。「あの人、ゲイ?」と何気なく聞いただけで「そんな事言うもんじゃないわ」と言われた事がある。それだけ禁忌 感が強いのだと思う。

 現役兵約142万のうち推定で6万5千人のゲイの男女がいるそうだが、たくましいゲイの女性などは案外軍人が天職 という事もあるだろうが、「ブロークン・リスト」とも呼ばれるように手首をしなしなと折って喋るしぐさや独特の話し方をするようなゲイの男性が自分らしさ を隠して軍務に就くのは苦痛ではないのだろうか。私がゲイの男性なら絶対に軍を就職先には選ばないだろう。チャンスがあれば是非彼らと話してみたいもの だ。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ブロードウェイでも原作とは異なった人種のキャスティングをアントラディショナル

キャスティングといいますが、映画の世界にもあるのですね!黒人歌手のブランディの「白雪姫」もそうでした。

ディズニーアニメ次回作のお姫様は黒人
多様性の時代にふさわしいアントラディショナルなキャスティング

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。