裸のニューヨーク

ユー・ドント・ノウ・ニューヨーク・ザ・ウェイ・アイ・ドゥ...これは私のアンビバレントでパーソナルなニューヨーク・ストーリー。


テーマ:

以下は昨年の5月のコラムだが、実はNYでラストミールを食べる店というのは「セカンド・アベニュー・デリ」。「アウト・オブ・タウナーズ」(ゴールディホーン他)にも出てくる。ここが昨年、高騰する家賃に屈して閉店してしまったという。とてもとても残念。これでNYでの楽しみが1つ減ってしまった。

テーマ:雑感

burger

NYタイムズによると、ティーンエージャー連続殺人事件の犯人、マイケル・ブルース・ロス死刑囚の死刑執行が5月13日金曜日の早朝コネチカット北部のソマーズ州刑務所で行われた。ニューイングランドでの極刑執行は45年で初めてだという。


写真を見るとオールバックでメガネの平凡な顔立ちの白人。普通の顔立ちをした人間の中に邪悪な精神が潜んでいると思うとこわい。日本でも少女監禁、殺害事件などのニュースが最近多い。小林被告などはジャニーズ張りの甘いマスクでかえってぞっとする。

ロス死刑囚の最後の食事はターキー・ア・ラ・キングだったとある。(His last meal was turkey a la king.)

 

明るい話題に転じると、私のNYでのラストミールは某ハンバーガー店である。最初に行ってからもう30年にもなる。当時のウェイターがまだいるというのだからすごい。

 

ここで昔をなつかしみつつ、ツーリストのいないこの店でハンバーガー・デラックスを食べるのが私のひそかな儀式となって久しい。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

NY関連のメールマガジンに「ユカのEast Villageから」 というコラムがある。イーストビレッジには3年ほど暮らしたからNYで一番なつかしいエリアである。詳しい事はURLからご覧になって頂きたいが、こんな話なのだ。


ある靴の修理店でのエピソードだが、彼女いわく、「大体イーストビレッジのお客さんというのは、変な人が多くて、とんでもなくばかげた事やらドーデモいいことやら、意味不明な発言や行動にあふれている」とある。全くその通りで、私が古着屋を経営していたのはウェストビレッジだが、そこの客もアップタウンのシックでお金のある人々と違って、まあ、ひどい客が多かった。

ある日もオーナーは怒りまくっていたという。その理由というのが高級そうな娼婦がヒールと靴底を交換しに来たのだそうだが、ちょっと割引してあげたのに、“ソール(靴底)とヒールいっても、良いのと悪いのが
あるんでしょ?あなた達は悪いのを使ってるわけ?”とクレームを付けたという。その答えがさすがアメリカ。


「ああ、悪いのをつけて欲しかったら付けてやるよ!いやだったら他の店に行ってくれ」


ところが彼女は立ち去る気配がない。


「直したいんだったらディポジット(手付け金)を置いていけ」


と言うと今度は


「私、仕事を見てからじゃなきゃ払いたくないの」
「ディポジットを払えないんだったら、さっきも行ったとおり、シューリペアはいくらでもあるんだからとっととどこかに行ってくれよ」


とケンカ腰の応酬があって、結局彼女は手付けを打って出ていったという。


わざとなのか、それとも彼女がとても高飛車な性格なのか?まったく理解に苦しみますとユカさんは書いているが、私にはよくわかる。


その靴、実はすでに(修理をするという)マークした跡があったのでおそらく1ブロック先ののロシア人の修理屋に持って行った後で、そこでグダグダ言ったから追い出されたらしいというのが彼女の推理で、つまり、もう直してくれるところがなかったのだ。


私はウェストビレッジで店をやっていたが、客質は似たり寄ったり。イーストサイドよりは少しは良かったかもしれないが、ミッドタウンやアップタウンの金のある客と違い、貧乏で変な客達を相手に商売をするには並み大抵な神経ではやっていけなかった。


私は遂にストレスのせいでアメリカ人の顔を見るのもイヤという、うつ病寸前の状況に陥ってしまったのだった。





AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

「ザ・ニュー・リパブリック」誌の元ライター、スティーブン・グラスの実話に基づいた「ニュースの天才」は物書きの端くれである私には大変怖い映画だった。同誌は格が高いとされ、社内の編集者による数度の原稿チェック、さらには厳しいファクト・チェッカー(校閲)の手が入るというのに、彼の記事はするりするりとそれらをすり抜けていた。彼が書いた50本近い記事のうち半分以上がねつ造だったというのには驚く。が、遂に「ハッカー天国」という記事で外部記者の疑惑を招く。最初は社内ではスティーブンがインターネット上の噂やハッカーの嘘に乗せられたのだろうという同情論が強かったが、彼の嘘が次々に露見して解雇され、頑と
してねつ造と認めなかった彼も法的問題となって認めざるを得なくなる。


物書きの端くれとしては大変に重いテーマで、スティーブンが嘘の上塗りを続ける箇所は大げさでなく、私自身が記事をねつ造して追い詰められるようで苦しくなった。


ライターには事実を伝えるという使命感がある。これがライターの倫理観である。記事には主観が入るから脚色が入る余裕はあるものの、事実は決して曲げてはならないのである。また、同時にライターには受ける、面白い話を提供したいという願望がある。その誘惑に負ける、又は事実をチェックする労苦を惜しんで記事を仕上げるライターがいるのも事実だ。


それを知っているからこそ、名前の知られた日本の雑誌の校閲は実に厳しい。一例を挙げれば、記事中のあるビルが駅の東口にあるのか、西口にあるのか、あなたは東口と書いているが地図を見ると西口に見える、などと聞いてくる。校閲がしつこいのを知っている私は、記事を書く時点で(あれは東だったか、西だったか、確か東だったな)と確信があっても、ダブルチェックの為、駅員に直接聞いたり電話したりする。きちんとチェックして書いている訳だが、案の定うるさく言ってくる。こういう校閲を相手にねつ造記事など書けるはずはないが、アメリカの校閲のどこが悪いのか、思い出すだけでもNYタイムズの若い黒人記者のねつ造事件、雑誌名は失念したが、以前にも学歴詐称と記事のねつ造事件を起こした黒人女性記者がいる。


JFK暗殺報道もした大ベテランのCBSテレビのアンカー、ダン・ラザーが先頃番組を降板した直接の理由はブッシュ大統領の軍歴についてのブログの記述を信じて報道し、それがねつ造とわかって責任を取ったのだ。


日本でも永田議員に「ガセネタ」メールを提供したのはジャーナリストである。ねつ造という、ジャーナリストにあるまじき行為が後を絶たないのは遺憾である。


最近はアーバン・レジェンド(都市伝説)という種類の小話がインターネットで出回っている。都市伝説を検証する、というTV番組まである。インターネット上の情報に加え、既存のメディアでさえ鵜呑みには出来ないのだ。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。