裸のニューヨーク

ユー・ドント・ノウ・ニューヨーク・ザ・ウェイ・アイ・ドゥ...これは私のアンビバレントでパーソナルなニューヨーク・ストーリー。


テーマ:
ニューヨークは北緯41度で青森県八戸市とほぼ同緯度。北緯35度の東京よりはるかに寒いのは当たり前だが、北緯51度のロンドンより寒いのは大西洋のラブラドル寒流のせい。「カナダ降し」は氷のように冷たく体感温度は更に低い。Brrr...

昨年のニューヨークには寒波が襲来、1、2月の最寒月の平均気温が0度から-10度。1月第2週は-15度から20度という寒さだった。今年も吹雪に大雪。冬のニューヨークには行きたくない。救いは、どんなに古いアパートでもラジエーターや暖房用パイプが広い部屋を暑いくらいに暖めてくれる事。

日本の家屋の方がよほど寒く、4度の冬を経験したのにニューヨークが寒かったという記憶が私にはあまりない。

75年か76年だったと思うが私も寒波を体験した。鼻毛が凍り付いて呼吸困難になるので、雪の車道で車がスリップしてキリキリ舞するのを尻目に滑らないよう小走りに2、3ブロック進むのがやっと。ドラッグストアに走りこんだり、文房具屋に寄ってみたり、何とか用を足して早々に帰宅した。

しゅうしゅうと爬虫類の威嚇のような音を立てるラジエーターは触ると火傷しそうなほど熱い。この暖かさは電気ストーブやエアコンの比ではない。真冬でもTシャツ1枚で過ごせるのだ。が、ヒーターに問題があるとなると悲惨だ。

ある日本人の掲示板の書き込みによると、ヒーターの温度が低く、零下になる部屋で風邪で寝込んだ彼、管理人に苦情を言っても改善されないので市の担当官に通報したそうだ。その結果、400ドルの罰金が課せられた大家は慌ててやって来て「君の体が心配でね」と空々しい事を言い、寒さの一因である壊れた窓をテープでふさいで「修繕」完了。「窓の交換には時間がかかるから夏まで我慢して」と言われたそうだ。せめてヒーターの設定温度を上げて、と懇願した哀れな彼に「そうする君はと今度は窓を開ける、で、私のお金が無駄に消えてゆく」「自宅のヒーターも節約の為に66度(約18.7度)にしている、君も耐えられるはずだ、私ではなく市に苦情を訴える君たちはフェアではない」とか何とか言いくるめられたそうだ。

言葉の壁のある日本人が時としてこういう無茶苦茶な扱いを受けるニューヨーク。権利意識の強いアメリカ人の友人にはこうアドバイスされたそうだ。

「騙されるな!テープで修繕?火事があったら逃げられないじゃないか?担当官に見つかったら消防署に通報されて何千ドルもの罰金を課せられる。すぐにHPD(市のハウジング課)に通報しろ!」

私にもその後の人生で役に立ったニューヨーカーからのアドバイスがある。

Don't ask. Demand. 「頼むんじゃない、.要求しろ」

そう、アメリカ人が demanding(要求が多い)のは日々サバイバルに明け暮れているからである。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
日本でもタマちゃん騒ぎがあったが、マンハッタン南部のバッテリーパーク・シティー沿岸にも北極からやって来たタテゴトアザラシ(harp seal)が出現したそうだ。

http://www.usfl.comに写真が載っているので見てください。とっても可愛いですよ!

このアザラシは1972年の海獣保護法で守られていて、追い払ったり追いかけ回して海に帰すこともできないとか。日本のホームレスより恵まれてるのね。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
アメリカのドラマの最終回はなかなか見られない。日本はコメディが弱いが、私は「隣のサインフェルド」が大好きだった。この最終回を私は昨年ニューヨークのTVとラジオの博物館というところで見る事が出来たのだ!思いがけない結末は笑えた。

日本で人気が出たのは「アリー・マイ・ラブ」と「セックス・イン・ザ・シティ」「フレンズ」あたり。この中で好きなのは「フレンズ」。この最終回も見ていない。去年の終了時には「アンリアルで近親相姦的なコメディが5月6日に終了した。実際のNYライフは孤独で窮屈...」とNYタイムズにまで記事が出た。

ニューヨークでは「セックス...」のロケーションツアーまであり、美味しくもないマグノリア・ベーカリーはいつも満員とか。

かく言う私もサインフェルドで使われるコロンビア大学近くのダイナー(外観のみ)に行って来た。「Tom's Restaurant」といい、写真もどこかにあるはず...

ダイナーのシーンはセットで、「Tom's Restaurant」の内装は全く異なる。
スザンヌ・ヴェガのヒット曲「Tom's Diner」の歌詞は実際に彼女がここを訪れて見聞きした出来事が基になっているそうだ。

Tom's Restaurant
2880 Broadway(at 112th Street)
212-864-6137

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
昨年暮れのクリスマスシーズン、数10年前によく通ったグリニッジビレッジの6番街で
"Are you Jewish?"

と通行人に声をかけている可愛らしい少年の一団がいた。「何をしているの?」と聞くと今日はハヌカなのでユダヤ人にプレゼントを渡しているのだという。そしてまた

"Are you Jewish?"

と聞いてくる。

私がユダヤ人かって?
私がユダヤ人になるのは可能なのだろうか?

実はユダヤ人というのは国籍によって決定されるのではないので私でも結婚によって充分、ユダヤ人になれるのだとアメリカ人の友人に聞いた。

先日スカパーで「戦場のピアニスト」を見た。主人公のピアニストはユダヤ人。「シンドラーのリスト」といい「アンネの日記」といいユダヤ人の歴史を描く映画は暗く、重苦しい。エミー賞を取った「バンド・オブ・ブラザーズ」にはユダヤ人収容所の実に心が痛むシーンが出てくるし、「マラソン・マン」にもニューヨークに住む収容所の生き残りがちょっとだけ出てくる。

私の古着屋の大家も収容所の生き残りだという噂だった。決して電話口に出ず、2日家賃が遅れただけで「法廷で会おう」という容赦のない手紙が届いた。ジューヨークと言われるほどユダヤ人の多いニューヨークだが、最近その人口比率は落ちてきているとNYタイムズに出ていた。

ユダヤ人料理はコーシャーフードと呼ばれる。東欧系ユダヤ人の多いデランシー・ストリートの一角にあるコーシャーピクルスの樽漬けを売る Guss' Pickles のピクルスは止められない、止まらない。消化器官を掃除してくれるとかで、ニューヨークに行くたび寄っている。やっぱりちょっぴりユダヤ人の血が数代前に入っているのかも?


6番街のGO SUSHIの近くで撮った少年達の写真






タイトル: 戦場のピアニスト
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
70年代にNYで古着屋を営んでいた私は帰国しても相変らず古着と縁が切れず、フリマに出店したりする訳だが、NYに出かける時にも少しでも経費を浮かそうとトランクいっぱいに古い着物を詰めて6000キロもの距離を移動するのが常である。

まったくいつになったらシュマタ(NYの古着の仕入れ先のユダヤ人は古着をイディッシュ語でシュマタと呼んでいた)とおさらば出来るのだろう。

ここ数年着物を買ってくれるところが2ヶ所あるので、その1ヶ所に前もってメールをしておいたら、ビジネスが良くないからあまり期待しないで、と言って来た。この方はいつもそう言うので私はきっと今回も買ってくれるだろうと甘く考えていたのだった。

トランクいっぱいに着物を詰めると相当重くなる。今回滞在したブルックリンからマンハッタンまで重いトランクを引きずって行くのは女にはキツイ。しかも今回、私は膝を痛めていたのだ。で、ステイ先の友人にお寿司とトム・ジョーンズのコンサートをおごる時にお願いしてトランクを運んでもらったのだが...

友人からの貰い物である古いトランクのローラーにガタが来ていて押してもまっすぐ進まないので力が要る。途中でその男の友人は(何で俺が運ばなきゃならないんだ)と腹が立って来たらしく、イヤな顔をし始めた。こういう時は本当に惨めになる。彼がトランクから手を離してしまったので、最後の10ブロックほどはデコボコの舗道の上をヨロヨロしながら自分で運んだ。彼はそれを傍観していた。彼の(何でそんな物を持ってくるんだ)と言わんばかりの責めるような視線も結構堪えた。久しぶりに会ったその店の日本人の男性は、店が忙しいからというのでトランクはいったん店に置かせて貰った。

その後でお寿司を食べに行った。大して美味しくなかったがアメリカ人の彼は美味しい、美味しいとさっきの不機嫌さはどこへやら、食欲を失った私が残した分まで食べていた。さすがにチップは自分で支払ってくれたが、60ドルという、私に取っては痛い出費になった。トム・ジョーンズのライブのチケットが1枚65ドル、当たり前だが2人分だと倍かかる。これも痛かった。彼の懐具合は私のそれとは全く関係ない事だが、彼は7年前に買ったマンションを最近売っている。それで2千万円ほど儲かっているが、今回の旅で彼に奢ってもらったのは1回、アンドリューズという食堂のチェーン店でサンドイッチだけ。考えてみれば過去数年彼を知っているが、デートしていわゆるファンシーレストランでご馳走になった事はない。アメリカ人男性は日本人女性のスタンダードで見ればケチというのはよく知られた事だが、いい仕事に就いて収入もそこそこあるのに、彼のライフスタイルを今回目の当たりにして驚いた事がたくさんあった。

後日トランクを置いて来た店に電話をすると、日本から買い付けた物がまだたくさんあるし、買いたい物は何1つないという思いがけない返事でがっかりしたが、もう1人心当たりがあるのでトランクを引き取りに行った。その時に店の実質的なオーナーのアメリカ人の女性は、品質のいい物がない、こんなのは要らないと私が持ち込んだ物をけなすのだ。一切買わないと言われただけで充分堪えているのに、冷たい態度と表情で、まるで私が悪い事でもしたように怒られて気分は更に暗くなった。

トランクを引き取ると、頑丈な作りなのに片側が破れていた。どんな扱い方をしたのかがそれでわかったが私は何も言わなかった。

もう1ヶ所の心当たりは日本人女性で、ハギレ、小物、着物の大方を買いとってくれ
たので心底ホッとした。商談が済んで帰ろうとした時、彼女はこう言った。

「重い物を日本から運んで来てくれて本当にありがとう」

その言葉が嬉しかった。支払ってもらったのは値段にすればたったの2、3万円なのだが、これで自宅から成田、そしてJFKからブルックリンまでの移動費がすっかり浮いたし、彼女が喜んでくれたのが何よりだった。彼女は古着屋をやっていた頃の私を思い出させるのだ。

日本人には情緒、思いやり、気配り、義理、人情という心情的に優れたところがあり、かつてNYを離れたのはこういう情緒がアメリカ人にはなく、私はやっぱり日本の方が住みやすいと思ったからなのだが、そういった心根も最近は随分とすたれているのが残念だ。

(写真は古着を値踏み中のMさん)
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。