花里まな、卒業

テーマ:


西山牧場、阿見の場長。

本間 茂の娘。

宝塚宙組娘役。

花里まな

8月30日の東京宝塚劇場の公演をもって卒業しました。

8月30日(日)は
新潟の最終レースを見て

急いで東京新幹線DASH!

20時からの帝国ホテルでのフェアウェルパーティに
秘書の松丸容子と駆けつけました。

受付を任されたのは
西山秘書軍団

秦 千織
亀山慶子
中井正恵

3人ともご苦労様でした。

花里まなとはいろいろな思い出があります。

たくさん公演を見ました。

デビューを宝塚大劇場へ見に行ったのが昨日のようです。

あれから10年。


「花里まな」から
彼女のデビューに合わせて

ニシノマナムスメと命名。

活躍してくれました。


年に二回は東京宝塚劇場での公演があり

西山茂行にもチケットの割り当てが来ます。


それを楽しみにしている社員もいて

公演によっては奪い合い…

そんなこともありました。

宝塚を卒団すると、女優や芸能関係の仕事をする方がいますが

花里まなは寿です。

よかったなあ…。

自分の娘のように可愛がっただけに…


この日の帝国ホテルの宴会場は

毎回そうだそうですが

その日に卒団となる方のお疲れさま会が各部屋であり、

現役の宝塚ジェンヌが各会場を回ります。


なかなか面白いもんです。

タカラジェンヌが普通の女性の格好をして歩いていたらわかりません。

花里まな、お疲れさまでした。

本間 茂と母の本間ひろ子さん、大変な10年、
いや、宝塚歌劇団入団前から合わせて約15年。

ご苦労様でした。


花里まなをずっと見てきて思うことは

「夢はあきらめない人がかなえる。」


少しニシノラッシュ2着の悔しさが晴れました。