2005-08-30

中華の友

テーマ:ドイツの道具たち

中華料理を作るときには、中華なべが一番!


しかし、ドイツではアジアンショップなどにいけば手に入りますが、一般の鍋売り場にはなかなか置いてありません。


その代わり、このような鍋がおいてあるのです。


Wok ヴォク といいます。

フィスラーをはじめWMFなど有名メーカーはほとんど作っています。値段は100ユーロしないくらいだったかな。

手前に網がかかっていますよね。揚げ物をしたときはここに置けるので便利です。


まったり旅行記のtomoecantikさん からコメントいただいて気がつきましたが、

ドイツ人はこれをなにに使っているのか。


パンフレットや会社のドイツ人に聞く限りでは、野菜と肉または魚をいためて彼等なりのイメージする

中華料理を作っている模様。仕上げにしょうゆをさす人もいます。


・・・でもあまり中華には見えないけど。まあやむをえないですね。


ドイツはほとんど電気調理器なので、底が平らでなくてはなりません。

ですから、途中まで普通の中華なべで底が平たい。

当たり前ですが、鍋の内側はいきなり平たくなってないですよ。


問題は、片手でゆすれない。重い。 う~~ん。 良いのか悪いのか。


AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-06-22

調理道具は立派だ!でもなぜ料理しない??

テーマ:ドイツの道具たち

「ダーリンはフランス人」のマカロン・フランさん のブログを見て


「うちのサラダ水きり器も大きいよ~」と思いご紹介です。


 


電動式で、電池が入っているので少々重いです。

大きさ測ってみました。

蓋の直径約27センチ、高さ約21センチ。


上の黒い部分を押すと、ぶい~~んとまわります。


お値段記憶にないですけど、30ユーロはしました。

その後、手動でちょうど良い大きさ、安いのをフランスで

見つけてちょっとブルーでした・・・

ドイツの有名な調理器具メーカーでWMFという企業がございます。

日本にも輸入されていますし、スペインでも見ました。フランスでも見たような??


野菜は、日本と同じようなものを探せば見つかります。

レタスも日本と同じものあるし。でも葉っぱものは大きく広がっているもの多いですね。

自由奔放な育ち??


このWMFは我が家の御用達で、なにか必要なものが出てきたときは毎回チェック。

だけど高いので、本当にWMFで必要なものか検討してから購入します。

シュパーゲルの記事でご紹介した道具もWMF製です。


ここのキッチン用品には、「WMF クロマーガン」と書いてあり、クロマーガンって何かと思いきや、

この会社の特殊金属の登録商標で、

いまでいう18-10(クロム18%ニッケル10&)ステンレススチールと同じものだそうです。

さびにくく、丈夫だそうですわ。


たしかに・・・

はこのボールを水道の蛇口に勢いあまってぶつけてしまったら、蛇口の先がへこんでました・・・

ボールはびくともせず。





ピューラーなんて20種類くらいあるのです。なぜに?ラインが3つあるので、そのせいでもあるのですが。





ジョウロ?も美しいし、右のたまごがたは、

手についた魚や肉のにおいを取る、というシロモノ。

日本でもありますよね。

あれ、ドイツ産って聞いたことあります。







こんなにご立派な道具があるのに、なぜ料理は発達しない??


ご参考までに。

WMFサイト(ドイツ語)

WMF正規代理店の楽天サイト

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2005-06-22

ドイツ人の車

テーマ:ドイツの道具たち

ドイツ製というと、筆頭にあがるでしょう。車。

ドイツに来るまで、ドイツに旅行で来たことがありませんでした。

ヨーロッパはもっぱらイタリアばかりで、近年フランス、スペインにも足を伸ばすようになりました。


イタリアやフランスの車って、小回りがきくタイプの車を多く見かける印象なのですがどうでしょう。

先月フランスを回りましたが、小さいタイプの車を比較的多く見かけました。

なので、ヨーロッパは小回り系が人気か~と思ってました。


そして、古い!


旦那が「これ、俺が大学のときはやった車だよ!」 ずいぶん前だねぇ・・・

そして「売ります」を貼ってあったので「・・・まだ売る気だよ。」

長く愛用するって素晴らしいです。



ドイツ人の乗る車ですが、やはりドイツ車です。

しかし、思ったよりドイツ車じゃない人もいる。ご近所でもルノー、フィアット、マツダ、

ボルボなど見かけるし。・・・総ドイツ人ドイツ車だと思っていました。


初めてドイツの空港を降り立ったときに、駐車場に

メルセデス、BMW、メルセデス、VW、アウディ、ルノーと並んでいるのを見たときに

う~さすがドイツ♪と思いました。


当然小回り系も多く見かけます。ポロとかゴルフとかね。あとフォードの小さいのも。


しかし。。。


やっぱりでっかい車が多い。そして、きれい。


ぼこぼこにする文化はあまりないので、バンパー、きれいです。



それは、ひとつはアウトバーンのせいだと思います。

アウトバーンでは、無制限区域がありますね。

そこでは左車線はだいたい160km以上の方が走りますから、なまっちょろいのでは

ダメなんでしょう。


ちなみに、周りのドイツ人に聞いた話ですが


メルセデス=ご年配御用達

BMW=走るのが好き

アウディ=知的


というイメージだそうです。確かに若い人がメルセデスを乗っているのは多くないです。

年配の男性が、2 seatのオープンなど乗っています。

私がメルセデス乗っていると「え?(ちょっと生意気?」くらいな反応です。失礼な!!

BMW、アウディは日本と同じイメージですね。

アウディも高級車ですが他の2社より若干安いだそうで、走りたい若い人が

2社を買いたいけどうんぬん・・・という人が求める場合もあるそう。


ガソリンはもちろんディーゼルが主体。環境にうるさい?といわれているドイツですが

自分の財布に直結するものはなかなか難しいようです。

最近だっけな?メルセデスから出た1000万くらいする車を見に来たドイツ人が

「この車でディーゼルはないのか?」とそう少なくない人数が聞いてくるそうです。

ディーラーの人「こんな車でディーゼルあるかってそんな質問するか??」と

不満げでした。



そして、ヘッドライトですが普通はハロゲン(白い光)ですが、高い価格帯の車ですと

キセロン(青白い光)がついていることがあります。



ドイツ人には、このヘッドライトが青白いことが重要だそうです!!!

↑メルセデスのベテランディーラ談



もちろん標準装備ではなくともオプションで付けられますから、これを

頼むドイツ人も多いそう。


なぜ重要?お金を払ってまで??


旦那曰く、アウトバーンで、キセロンライトをつけて高速で走ってくる車を見ると

「あ、速そう、どこうかな?」と思うそうで、

きっとアウトバーンで、先行車をどかせ、より早く走るにうってつけなのでは?とのこと。


ただでさえ、速いよアウトバーン。これ以上どこへ行く。


しか~し、アウトバーンは無制限区域ばかりではない。

100km制限区域もありますから、そこを超過しちゃうと、探知機カメラにパシャってことも。



・・・ということで、本日、旦那の顔写真付通知が送られてきました。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005-06-14

ないならないって言ってくれ!【Weck】

テーマ:ドイツの道具たち

そういえば先日、ジャムをつくって保存するため保存瓶を買いに行った。


ご存知日本でも有名?なWeck。これはドイツのものです。いちごのマークが

ついているといえばおわかりになるかたも??

  


いろいろなサイズのガラス瓶が用意されており、これにいれて煮沸して保存するのです。

今の季節は野菜・くだものが豊富にありますし、冬になるとこれらも高くなりますから、

すぐ来ちゃう冬に備えて作る人はつくるんです。


で、このWeckは季節商品で、冬になると売られません。そりゃ保存食つくらないからですね。


そのWeckですが、デパート(日本のデパートよりちゃっちいんですけどね)に買いに

行きました。ぱっとみた限りでは見当たらなかったので、


家庭用品売り場できいたところ

「ガラス物はあっち」


ガラス食器売り場できいたところ

「あ、Weckね。家庭用品だからあっち」


最初から期待もしていなかったが、もうラチがあかないと思いインフォメーションにきいたところ

「地下のうりばにある。え?なかったって?下でもう一回きいてよ」

↑あなた、本当にインフォメーションか?


再度聞いてもあてにならないので、同じデパートで違う店舗に行ってきいたところ

「ああ、ここではXXしか扱ってないわ」


だったらさ~、最初っから言ってくれ。特に家庭用品売り場よ。

店員もそんなにいないもんだから、これで小一時間かかったよ。

ほんといい加減だな~。せめて自分の持ち場くらいわかってくれ。



こんな調子なのだが、ずいぶん前の話で恐縮ですが友人の話によると、

モスクワにいったドイツ人がモスクワの対応が悪くいかにドイツのサービスが

よいかをとうとうと語ったらしい。


聞いているこちらとしては、「50歩100歩」。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-05-23

寸部狂わぬドイツの時計 

テーマ:ドイツの道具たち

「フランスの勝手な感想」にも書きましたが、ドイツにも得手不得手がある。

その得手の代表は「正確性、堅実性」という、きわめて大切な要素だと思う。


ドイツ人にものをつくらせると、欧州でもピカイチくらいのうまさがあると思う。

で、「瀟洒、おしゃれ」というより、「質実剛健」ってかんじだと思うんですが。




その中で最初見たとき驚いたのが「Funk時計」だ。


ドイツで初めてのサマータイム時間切り替えを経験したとき、時計かえなきゃ~と

思ったら、ん?なんか変わってるぞ??と思った。

なんで変わっているのかわからなかった。旦那が変えたか?

携帯は変わってないし、車の時計も変わっていない。

しかし、なぜ家や電話の時計は変わってる??


しばらくして知った事実。

これらの時計は無線でコントロールされているので、大元が変われば

自動的に変わるんです!!!

なので、基本的に時計が狂うということはないんですね。

↑大元が狂ったらおしまいです(旦那談)


私のお気に入りの上記時計は、丸いのが親時計。ちいさいのが衛星時計?で、外に置き

外界温度を無線で親時計に飛ばす。湿度も分かりなんと!天気予報もしてくれる。

親時計には室内温度と外界温度が交互に表示される。

街中の時計も狂っているというのを見たことがないのですが、旦那は

「ぜったい街中の時計もFunk(ドイツ語でradio controlledのことをこういう)だ」という。

たしかにこの時計はすごい。狂うことがないから、街中の時計をサマータイム切り替え毎に

メンテする必要ないし。


ドイツはこのRadio Controlled 時計が好きみたいで、時計はこの方式のものが多い。

通常この手のものはデジタル時計なんですが、なんと針の時計もある。

サマータイム切り替えのとき、針がどのように動くのか見てみたい・・・



ちなみにこれを買って日本にもっていっても、もちろん使えません。

フランクフルトより500km程度範囲までしか無線が届かないそうです。

ドイツで時計をお求めになる際には、Funkと書いてある時計がまさにこれですのでお避け下さい。


ちょっと調べたところによると日本でも無線時計ってあるようなのですが、みたことありません。

欧州ではドイツとイギリスにあるようで、西ヨーロッパにもあるそうですがフランクフルトの基地で

カバーできる範囲と聞きました。



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-05-22

独製キッチンのご立派さ 【独の道具たち】

テーマ:ドイツの道具たち

 


ドイツの道具でひょえ~と思うひとつはキッチンだ。


見本市やショールームで見るようなすっばらしいキッチンはドイツ製であることが多いと思う。


ドイツ人の家庭に行くと、キッチンの上にはなんにも置いていない場合が多い。

日本は、よくつかうもものは手元に・・ということでキッチンの上においておくことは珍しい

ことではないと思うんですが、ドイツでは全部しまいこむ。

・・・ので、本当にな~んにもおいていないことがある。


で、これは人が来るから片してあるのではなく、ちゃんと毎度しまって綺麗なのだ。

用事があってたずねた大家さんのキッチンをみたことがあるのだが、油汚れがなく

なにひとつ置いていない整理整頓されたキッチンだった。

そういえばドイツの掃除好きは有名ですね。マジ窓とか綺麗ですし、庭もちゃんと手入れされてますよ。


テーブルにはのりのかかったクロス。クロスをきっちりアイロンをかけてテーブルに敷く人が

けっこういる。クリーニング屋にはテーブルクロス大のプレス台があるそうだ。

もちろん若い人はその傾向は薄いけど、比較的年配の人はちゃんとしたクロスをかけている。

今の年配の世代がそうなのか、歳をかさねるとそうなるのかは定かではない。



写真のようなキッチンをみなそろえているわけではないけれど、似たようなレベルで

キッチンを取り付けるケースは珍しいことではない。

キッチンを取り付けるときは、安い買い物ではないのでちゃんとコーディーネーターと

相談して決めるらしい。


で、値段は、え?っていうくらい日本より安い。

たとえばドイツの有名なMiele社の食器洗浄器。12人分(そんなに家族いるんかい!)の量が

入り、当然鍋まで入る。ドラム式洗濯機と同じくらいの大きさなんだけど、日本では30万くらいで

売られているのでびっくりした。ドイツでは半額もいくかな~。

ドイツのキッチンは電子レンジも冷蔵庫も埋め込まれちゃうスタイルが多い。まあ見た目には

美しいです。



ドイツ料理っていうと、ソーセージとじゃがいもってイメージですよね。まさにそうなんですが。

あと夜はカルテスエッセンといって、ハムやサラミ、その他冷たいものを食べて終わり、という

文化があるのです。・・・つまり料理しない!

(もちろん子供がいる家庭とかは料理をするし、毎日料理する人もいます。が、マジョリティは

カルテスエッセン)


のに、キッチンが日本人のそれよりずいぶん立派で広い。なぜだ??


ドイツ語の先生曰く、特に年配の人にその傾向があるようだが、ある程度余裕がでてくると

ご立派なキッチンを購入、リフォームする。そして自宅に招いた友人たちに



「宅にはこのような準備がございますのよ」といって人様に見せる自慢用、らしい。



日頃はあまり、料理をしない。だからキッチンも綺麗。う~ん、合点がゆく。

もちろん片付け好きっていう性格も手伝ってるんだけどね。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-04-28

独の道具たち 【コーヒーフィルターといったらメリタでしょう】

テーマ:ドイツの道具たち



ドイツって道具好きだと思う。これだけのために存在する道具というのが結構あります。


あまり料理もしないのにキッチン道具はご立派だ。DIY関連なんて卒倒するくらいたくさんある。

ドイツ製品って、なんか高性能でいいイメージがありませんか?

私は最初、そうでした。そして、今もそうだと思います。

これからすこしづつ「独の道具たち」としてご紹介していきたいと思います。



たぶんこのコーヒーフィルターを見たことある方、多いと思います。メリタはドイツの会社です。


メリタのフィルターを3種類常備しているのですが(ひとつは切れた)、


なぜかというと・・・



それぞれのフィルターの特色をちゃんと出している気がするから・・というか、たぶん出しているはず。



左から  メリタ 味わい強く抽出

真ん中  メリタ 紙以外の素材、竹から作られた環境を考えたフィルター(ほんとか?)、アロマティック

右     とあるドラッグストアチェーンのPB  普通のフィルター・・・・



ドイツ人はコーヒー好き、ということになっているらしい。そんなにそうは思わないのだが

よくガイドに書いてあるのでそうなんでしょう。


ドイツの主流はドリップ式だが、若者にはエスプレッソ式のコーヒーが受けているらしい。

そういえばセガフレッドをよく見かけますわ。


で、このフィルターなのだが最初の頃は特に考えることなくメリタを買っていた。

なくなると同じものを買っていた。

あるとき、「他にもなんかあるだろ」と思って写真右のフィルターを購入した。


とあるドラッグストアチェーンで、ここのPB商品。

もちろん安い!1ユーロ以下だったはず。メリタは1,30ユーロ程度だったと思う。


しばらくこれでコーヒーを飲んでいたんだが、なんだかあまり味がないような、、、

薄いような?と思い始めた。


ある日なにげなくフィルターを見てみたんだが、メリタと違うよ。


メリタのには、細かい穴が無数にあってそっから抽出されるような感じだ。ここから旨み成分が

抽出されるのか??

でも、PB商品はそれがない。まっさらなフィルターだ。それ以外にもメリタは種類別に加工が

微妙に違う~。


う~ん、恐るべし  (_ _,)/~~ まいった


それでまたメリタに切り替えた。



ドイツで思うのは、商品は値段に対して正直なことが多い。かなりの確率で多い。

安かろう、悪かろうが存在する。


日本の場合、「この値段でこれだけかい!」というパターンにも遭遇することが少々

(少々以上?)ある。逆に「この値段でこのクオリティはすごい」というのもある。


でもドイツの場合、この値段でこれだけはすごい!というのはあまりなくて

う~ん、安かろうか・・・と思う結果が多い記憶。


その代わりそれなりのお金を払うと、それに見合ったものが来る場合が多いのです。


これには感心します。



いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。