三度目の正直(笑)

                                                     バツ2で三児の母なのに遠距離恋愛やっちゃってた三重苦の末結婚しちゃった私。( ̄▽ ̄)


テーマ:

今日は母の日なのに、こんな記事ってのもおかしいかな?…( ̄_ ̄;)


小さい時から、親に甘えた記憶がない。


『お姉ちゃん』だから・・・という事だけで、二歳違いの弟と三歳違いの妹の見本であらねばならず・・・。


体の弱かった弟・・・。


ウチが一番大変だった時期に生まれた妹。


この二人が不憫だ、不憫だとばかり言ってましたね。


いい子でいなければならない・・・。


そう思ったのは・・・五歳の頃。



小学校低学年から難しい本を読み・・・母さんは、それをとても喜んでいましたね・・・。


小学二年生の私が読書感想文に選んだのは『よだかの星』


私が何を訴えたかったかなんて、母さんは気づきもしませんでしたね。


その年代の子なら、誰でも興味を持つ少女漫画もアイドルも娯楽番組も『くだらない』と禁止され、友達とも会話についていけなくなった小学校高学年。


卒業アルバムの私の目つきが・・・異様に大人びている事に子どもらしくない事に気づこうともしませんでしたね。


あの頃から、私は・・・誰も信じられなくなっていた。


言葉なんか発しなくても生きていける・・・。そんな12歳。


高校に入って・・・必要としてくれる人が、できた。


転がりだした私・・・家出、退学・・・『お前の事はもう知らない。勝手にすればいい』と探しにも来なかった母さんに言った私の言葉、覚えていますか?


『あんたの言うとおりに生きてたってロクな事がなかった!!』


以来、私は母さんの事を親だと思わないようにした・・・。


その後、定時制高校に入りなおして看護学校に通いだした私。・・・自慢の娘復活(--;)


母さんが、ベタベタに甘やかした弟妹は・・・学校を続けることも出来なかったのにね(邪)


私の人生は私の人生です。


母さんのために生きてきたわけじゃない。


いつも、どんな時も私の味方になってくれる事はありませんでしたね。


私も親になり・・・


当時の母さんの歳になりました。


誰かに依存し自分の価値判断だけで生きている母さんをとても気の毒には思うけど・・・なんのかんの言っても『親子』である事は・・・と、思ったこともあったけど・・・


『情』を、大切にしなければ・・・と、思ったこともあったけど・・・



母さん・・・私が嫌いですか?


私は・・・絶対、貴女のようにだけはならない。


・・・私は、貴女が思っているほど、強くないんです。



人として・・・貴女を好きになれないんです。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

Hの時・・・とても冷静に相手を観察している自分が・・・いる。

 

感度が悪いわけじゃないんですけどね。

 

Hの時に、感じてないわけじゃない・・・でもね・・・

 

Hの時に・・・もう一人の私がいるような感覚がしているのも事実なんです・・・。

 

 

理由は・・・わかっているんです。

 

実は・・・私・・・

 

中学一年から二年にかけての約八ヶ月間・・・実父に、イタズラされつづけていたからなんです。

 

その頃・・・両親は、離婚でもめていました。

 

父が働かなくなり・・・母が必死で働いて家計を支え・・・私は、母の愚痴聞きの係でした。

 

ある冬の日の夕方、今のコタツで父と二人っきりの時、悪夢が訪れました。

 

当時の私の身長は160センチで、見た目にも大人っぽい子だと言われてました。

 

学校から帰って、セーラー服姿のまま私は父と話をしていました。小さい頃から、母にあまり構ってもらえなかった私を父は機嫌のいい時は優しかったので。

 

話をしながら・・・父とふざけっこになり笑いながら背中から掴まえられ・・・ここまでは今までと何も変わらなかった。

 

そのあと・・・父がセーラー服の中の私の膨らみ始めたばかりの胸や下半身に触れてくるなんて想像もしてなかったから。

 

まだ、ABCの意味さえ知らなかった・・・。

 

『お前は黙っていうことを聞いていればいいんだよ。そしたら、何でも言う事を聞いてやるから。』

 

恐ろしくて声をあげる事も出来なかった・・・。

 

それから、約8ヶ月間の悪夢が続く。

 

私の出した条件は『じゃ、母さんと離婚して。母さんが泣くのはイヤだ。』『中に入れるのだけはやめて』だった。

 

学校から帰るのがイヤだった。

 

誰にも相談なんて出来なかった。

 

母の帰るまでの時間・・・風呂に入ってる時間・・・父は、私の部屋に入ってくる。

 

終いには・・・家族の寝静まった時間にまで。

 

私を捌け口に見つけた父は、毎日のように私を求める。

 

『私は、一体・・・何をしているんだろう・・・』無言で、イタズラを受け続ける・・・。無表情に時間が経つのを待つ。

 

一度だけ・・・指先でいじられ続けた私の『部分』が反応し、イッてしまった。

 

それ以来、更に執拗に行為は繰り返される。一線を越えなかったといっても、これじゃ同じだ。

 

終いには・・・口で・・・と、命令される。拒むと・・・暴力が始まる・・・。

 

・・・母は、何も知らない。

 

私が殴られた痕を見ても『口答えでもしたんだろう』で、終わっていた。本当の事なんて言えなかった。

 

その後・・・両親は離婚。私は、母方についた。

 

 

それがトラウマになっているのだろうか・・・私は、正常位の体勢で男の人が覆いかぶさってくると悪寒がする。

 

Hの時・・・相手に身を任せながらも・・・冷静に相手を観察している自分がいる。

 

気持ち良さそうによがりながら・・・頭の中で『ふっ・・・』としている自分がいる。

 

行為に没頭できないし・・・どこかしら、しらけている。

 

・・・立ち直りたい。何度も思った。

 

でも・・・どこかで・・・あの日、イッてしまった自分を蔑む私が・・・いる。『汚らわしい女』と。

 

・・・彼は、この件を知っている。『一緒に乗り越えよう』と、言ってくれてる。

 

14歳だった私に、私は『お前は悪くないんだよ』と言ってやれる日は来るんだろうか・・・。

 

父のその後は、わからない。どこかで野たれ死んでろぐらいにしか思えない。いや、そうであってくれと。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。