三度目の正直(笑)

                                                     バツ2で三児の母なのに遠距離恋愛やっちゃってた三重苦の末結婚しちゃった私。( ̄▽ ̄)


テーマ:
彼の携帯でアナタの存在を知りました。
アナタは私の存在をご存知ですよね?同じ職場の中で彼に遠距離恋愛をしている彼女がいることは有名だったと聞いています。
きっと今頃・・・彼の帰りを待ちわびている事なんでしょうね。
まさか・・・彼が私の元に来ているなんて思わず彼の嘘をそのまま信じて。
いや・・・もしかしたら、気づいてらっしゃるのかもしれませんね。
【信じたくない】そんな気持ちでいっぱいなんじゃないでしょうか?
最初・・・アナタからのメールを見て、正直血の気が引きました。
彼に限って・・・それが正直な本音でした。
でも・・・四月にそちらに行った時に、なんとなくアナタの存在に気づいていました。
私自身も【信じたくない】気持ちでいっぱいでしたから・・・今のアナタの心中お察しします。
寂しいでしょう?
辛いでしょう?
待ち遠しいでしょう?
恋しいでしょう?
携帯の着信歴を見て溜息をついたりしているでしょう?
・・・私もそうでしたから。
今回の件・・・きっとアナタだけを責めるべきではない事、わかっています。
彼の優柔不断な態度が何もかも悪いって事も。
でも・・・
私の事を知りながら彼の心の隙間に潜り込んだアナタを私は許せないのです。
彼が男性として駄目だと知ってアナタは彼の目の前で第三者を交えてのSEXができる女だとも聞きました。
好きな男の前で違う男に抱かれるアナタを普通だとは思えません。
・・・アナタは彼に何を求めているのですか?
え?
私に何がわかるのかって?

・・・私がわかっているのは私が彼を愛している事と彼がそれを望んでいる事。それだけです。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:
彼の携帯に、キヨちゃん(仮名)からメールが入る。

『帰ってこないのなら一度山口に伺います』

・・・はい?

そ・・・それだけは勘弁してさい・゚・(ノД`)・゚・


彼が我が家に滞在してもうすぐ一ヶ月になる。

本当なら・・・彼の様子をこっそりキヨちゃん(仮名)に電話してもいいんだけど・・・どうしても納得できないものがたくさんあってする事ができない。

彼と私の関係がギクシャクし始めた頃・・・彼は拒食症になっていた。

生活が荒れ始めてことを心配して彼に連絡するも応答なし。

思い切って、キヨちゃん(仮名)に電話したところ・・・

『もう、アナタには関係ないことでしょう?心配してもらわなくてもいいのよ。○○には私達家族がついてるから』

と、電話を切られた。


・・・悔しかった。歯痒かった。悲しかった。


その後・・・彼は失声症になる。仕事を辞めざるを得なくなる。

ボロボロになって私のところに来た彼に届いたメールは当初、息子を気遣う母親全開だったのだが、私の元に来ているのがわかると『早く帰りなさい!』に、変わった。

その後、『お父さんも貴方達の事は認めてくれています。』『そのまま結婚するならするで構いません』

・・・えっと・・・『ご先祖様に顔向けできない』(離婚歴のある子持ちだから)とまで言われていた私の立場って一体…( ̄_ ̄;)


・・・えっと・・・そんなセリフの前に私に何か言う事はありませんか?
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
本来なら、火曜日に帰る予定だった彼だけど・・・今日も同じ部屋で寝息をたてています。

彼は【告白】して・・・肩の荷が下りた?というか・・・今は、関係修復に入っています。

連絡もまともに取れない・・・メールを待ち焦がれて泣いていたあの頃はなんだったんだろうと思うほど甘く優しい時間が流れる中・・・これからの現実を思いちょっとだけ不安になってみたり。

ふぅ(溜息)


私としては・・・彼が過ちに気づいてくれればそれでいいと思いながらも本音は
その目・・・その手・・・その唇で・・・アナタは誰に触れたの?という思いでいっぱいになっていたり。


近日中に書類整理で彼は地元に帰る。

彼の帰りを待ち焦がれている【彼女】の住む街に。

彼に彼女との関係を聞いてみると【セフレ】のような感じだけど、あのメモ帳の筆談の内容はそんなモンじゃなかった。

ここで・・・

ただ彼を信じて待った方が私は幸せになれるんだろうか。

同じ事の繰り返しにはならないだろうか。



彼の両親が・・・私達の結婚を認めてくれた。

本当は嬉しいはずなのに・・・素直に喜べない。

キヨちゃん(仮名)からのメールを二人で見て二人で出している今のところの結論は【事実婚】だ。


今年の夏・・・私は静岡に就職する。

そこから【同居】の方向に行く予定だけど・・・


なんだか、自分が【都合のいい女】に思えて仕方が無い・・・。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:
問いただしてみた。

外出から帰ってきた彼に『話があるの』と。



アナタが帰ってしまう前にもう一度ちゃんと話し合っておきたい。
先日の話題のMさんなんだけど・・・アナタの言うような50代の職場の先輩ではありませんね?
アレ以来どうしてもどうしても気になって・・・申し訳ないけどメール、メモ帳チェックさせていただきました。
じゃないと・・・このまま地元に帰ってしまうアナタがその女性の元に帰ってしまうような気がしてとても辛かったんです。本当の事を言ってください。
私の事を愛してると・・・近い将来、一緒に暮らそうと言ってくださっているのなら隠し事はやめてください。何より、嘘だけはやめてください。
私との関係がギクシャクしたあとアナタは『迷子』になって『寄り道』をなさいましたね?


二人の前には例のメモ帳。

言い訳に必死な彼を見て・・・さりげなく、要所チェック。

他にも、態度で気になっていたこと。キスやSEXの手順が変わっていた事。逃れようのないコメントへのツッコミに・・・

『ごめん。俺が悪かった』と、土下座モードに。



相手の方は・・・私より、一歳上の人妻。

恋心ってのは魔法がかかるようなものだから決して責める事は出来ない。

でも・・・いい加減な気持ちで相手に癒しを求めるのは失礼だ。

彼女からのメールは・・・とても可愛らしい文章だった。同じ職場の人らしい。離婚寸前だと聞き・・・私自身の過去を思い出す。

辛かった時に・・・私を癒してくれたのは彼だったからだ。それはネット仲間の友人として。

『正直に言ってくれてありがとう。私も、メールやメモ帳を見るだなんてルール違反をしてごめんなさい。で・・・この先、どうしたいですか?』

『・・・お前と過ごしたい。俺の声を取り戻す事が出来たのはお前しかいない。もう一度はじめからやりなおしたい。』

『わかりました。じゃあ、地元に帰ったらちゃんと彼女との関係に終止符を打てるのですね?私は信じて送り出していいんですね?』

『信じてくれ。もう迷わないから。頼む。もう一度俺と手を繋いでくれないか?』

『じゃあ・・・これだけは約束してください。地元に帰って彼女に会った時、きちんと別れ話をする事。その際・・・最後のだと言ってのキス、ハグ、SEXは絶対に認めません。彼女に会う時、その帰りに必ず報告をしてください。それなら結構です。彼女を傷つけてしまう事は頭から外さず冷静な判断で対応してください。中途半端な情は却って傷つけますしね』

『二度と迷わない』・・・そう誓った彼のセリフを信じたい。

・・・・・・・・・・今は、これでいい。
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
実は・・・三週間前から彼が我が家に滞在しています。

ある日の朝・・・携帯にメールが入る。

寝ぼけ眼で携帯を手にとって私が見たものは・・・

『○○(女の名前)はぁ~○○君が大好きだから~』

・・・はい?



・・・・・・・・・・・・うわっ!!これ彼の携帯!!(滝汗)

偶然だったんだけど・・・彼と私の携帯は同じ機種。ストラップも私があげたお揃いのもの。

暗闇の中・・・間違えてメールを開いてしまった・・・。

・・・・・・・・・・ってか、なんですか?これは・・・。



私と離れていた時間に・・・何があってもそれは責められないと思う。

正直に言ってくれれば・・・『過ち』として許せた。


彼に問いただすと・・・

明らかな嘘をついた。訳のわからない言い訳としか思えない内容の。

信じたい・・・。信じてくれ。の問答の後、この件に関しては触れない事にした。



今日・・・彼が外出した後に掃除していてあるメモ帳に気づいた。

私が四月に彼の元に訪れたときに渡した筆談用のメモ帳。

・・・うわ☆懐かしい!!と、思いながら、つい開いたそのメモ帳には・・・


私の元に来る前日・・・彼女と寝た内容が・・・。

『俺はお前がイケればいいんだから』『ONLY YOUなんだよ』



・・・絶句。


信じろって何を?




明日・・・彼は、地元に帰る。

私はどうしたらいいんだろう・・・。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。