またたび家の日常

動物たちの現状、猫たちとの日々、猫たちのことを綴っています。


テーマ:

こんにちは。
お世話になっております。

書きたいことは沢山ありますが
先日投稿いたしましたセンター収容猫たちの
その後のご報告です。

この仔たちが今生きていられるのは
ご心配いただきシェアしてくださった皆さま
ご連絡くださった皆さま
そして里親のお申し出をいただきました方のおかげです。
本当にありがとうございます。


{FF04F0A4-CB89-4E1E-AFE0-CEDCF2E68B8C:01}

この仔と


{D279CAFF-6739-4ECD-8E6A-15BB6524268E:01}

この仔は
昨日センターより引き出しをいたしました。


{2B1CD309-C463-4DC7-995F-914883550B28:01}

此処へ来るまでの中で
優しい人の手を知っている仔のように思います。


{FB261B87-EA6F-4CC2-ABE5-0428C1378378:01}

この仔と


{DC870C86-6B00-41BB-8A91-FC160EECD552:01}

この仔は現在もセンターにいます。
収容期限は過ぎました。


{14E592CA-57A9-4C1F-83EC-CEA575E76A76:01}

この仔は医療措置を済ませまして
里親のお申し出を
いただきました方のもとへと
お届けさせていただきました。

女の子ですから
もしかしたら人馴れに時間がかかるかもしれません。
経験上 人馴れが不十分な仔の警戒心が解けて
心を許してくれるようになるまでは
男の子より女の子の方が時間を要するように思います。
それでもその仔その仔なりに
心開いてくれるものです。
おとなの仔であっても。です。


ご家族は 1年後のワクチン接種の時には
キャリーに入れられて病院へ行けるといいなあ。と
長い長い目線で
この仔本位で考えてくださっています。

お迎えくださり
家族になっていただきまして
本当にありがとうございます。


生死の二択しかありませんでした命。
新生活が始まりました。
Mさまご家族の末永い幸せを願い祈っています。

{423FB9CE-E86C-4F86-843D-191693E1F74E:01}

当面はケージで
ゆっくり過ごしてもらえるようにと
二階建てマンションを
奮発してくださったようです。


{66279B5E-A993-4527-B38C-D3721006D86C:01}

ネコ草もあるって。よかったね。


{B1440558-5334-455F-B9D2-CC29FD2A17D8:01}

大丈夫。


{ECDB0A5C-7087-4749-B5B7-91F0763DCDFA:01}

もう安心していいんだ。


{5A9569EA-3DD8-4FD9-B135-308BCE3F2DF9:01}

可愛い名前も そして苗字も。
優しいお母さんやお父さんができたんだよ。


{87968617-B999-4553-A75F-E1C396EB0CE1:01}

お届けの翌日にお便りをくださいました。


*・゜゚・*:.。..。.:*・*・゜゚・*:.。..。.:*・'*・゜゚・*:.。..。.:*・


おはようございます。
昨日は夜遅くにも関わらず、ありがとうございました。

キジの仔ですが、「クルル」と名付けました。

あれからご飯とお水をあげたところ、
どちらもお皿が空っぽになっていました。
おしっこもしていたようです。
砂の上に座っていたので、ちゃんと確認できなくて、
片付けもできなかったのですが、ひとまず安心しました。

しばらく触ったりはできませんが、
見ているだけでもかわいいので、
少しずつ距離が縮まっていけばいいなと思っています。

今後、何かご相談させていただくことがあるかもしれませんが、
私たちとクルルのこと、これからもよろしくお願いします。


{54201D46-E46A-4467-87F3-3B13F34D73B8:01}

お届けの時 おいとまする頃には
目がくっつきそうになっていましたが
まだ身体は横に出来ずにいました。


{443BC08A-E891-4E3C-A16B-DDD04ADE5ABE:01}

皆さんに感謝だね。


{5903D086-0CDE-4306-BC44-69B6F2D802BF:01}

里親さんにありがとうだね。


投稿いたしましたセンター収容猫たち。
ご報告は続きます。


他の案件や日常と同時進行で
センターの仔たちのこともあるのですが
少しでも多くの収容猫たちを
譲渡の道へとあげられるよう
今後も可能な限り
出来るだけ多くの収容猫たちのこと
発信していきます。
こうしたことをしなくていい日が
来ることを思いながら。

ほんとうにほんとうに微力ではありますが
センターの仔たちのことは 始めて6年目となりました。

余力がある時には
投稿をせずに引き取ることもあります。
殺処分とわかっていても
救えなかった仔たちもいます。

此処に掲載される仔たちだけではありません。
時期によっては乳飲み仔たちもいます。

またたび家で収容猫全頭を
引き受けることは困難です。
団体さまや個人さまの引き取りや
皆さまのご協力があって繋がる命。

センターの仔を直接はご不安でも
シェルターに入室中の仔を
お迎えいただければその保護枠に
命に期限がついてしまいました仔や
窮地に立たされてしまっています仔を受け入れます。

引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

温かな応援やご支援も
ほんとうにありがとうございます。


猫たちのことを思って
ご連絡くださる方々の優しさに感謝しております。

ですのに
タイムリーなお返事が出来ずに申し訳ございません。

届きますメールや
メッセージやコメントは 
全て読ませていただいています。
仕事の合間だったり
病院の待合室だったり
見落としや漏れがないように
気をつけておりますが
メールの返信が大幅に遅れていますこと
改めましてお詫び申し上げます。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

お迎えくださる方がいらっしゃいましたら
または
nyankoouchisagashi@yahoo.co.jp
までご連絡ください。

アンケートにご回答いただくことから
お願いしております。

~おねがい~

*猫可の住環境にて
脱走防止を含む完全室内飼育
*終生飼養
*繁殖制限(施してお届けいたします)


収容動物たちの存在と猫たちの現状を
広く知っていただけますよう
ご協力お願いいたします。


AD
いいね!(221)  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。