どんな自分も

テーマ:

どんなときも

 

どんなときも

 

そして

 

どんな自分も

 

いいわるいではなく

 

すべてがわたしだと認めることだ。

 

わたしは本当に一途で

 

瞬間的に ヒラメキ的に

 

直観力があって

 

瞬発力で生きている

 

そんなふうに感じるのです。

 

考えというか

 

考えることさえも考えないというか

 

心の中のヒラメキやトキメキに

 

シュッと動いてしまうのが

 

わたし。

 

そんな自分でいいやん♪

 

そんな自分やからこそ

 

ここまで来たやん♪

 

もちろん、地に足がついてなかったようにも見えたやろう

 

⇒ わたしも今は頷ける

 

もちろん、何を考えているのかわからんかったやろう

 

⇒ わたしもわからん

 

 

ただただ自分を知りたいという切実な思い

 

それだけでここまでやってきた。

 

一見危うく見えるこの動きは

 

結局は危ういことはなかった。

 

 

それどころか

 

いろんなものの見え方を知ることができた。

 

 

助産師になるって決めてから

 

なぜか心に一本、スジが通ったような

 

通らんような

 

なんだか不思議な感覚がある。

 

それは気持ちのいいもの。

 

 

実際に助産師になれるのか?

 

そんなことはどーでもよくて

 

なりたいからなるのだ!

 

なんか日本人の妊婦だけでなく

 

日本で暮らす海外の妊婦さんのお産も

 

この手で取り上げたい

 

そんな風に思うのだよ。

 

自覚は大事

 

自覚することがその先への第一歩

 

でもそれ以上に

 

わたしはわたしとともに居ることが

 

自覚への第一歩と

 

今は思っている。

 

自分が今何を考え

 

どう感じているのか

 

それを明確にしてゆく。

 

わたしは誰がなんと言おうとも

 

わたしの人生、天晴れ!

 

そして

 

その思いこそが

 

その先へと続いている☆

 

 

 

{7EDA7CFF-D530-44DA-8614-B9265B7F772A}

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD