Mon, June 20, 2005

たまころがし

テーマ:肉球日記
jvsg コンフェデ杯日本-ギリシア戦を観る。サッカーを一試合全て観ること自体が久々で楽しめた。試合運びも悪くなかった。結果は1-0で日本。
 昨年のユーロ杯でのギリシア優勝も影響したのか、ギリシア本国でのサッカー熱には凄まじいものがある。今年3月のギリシア旅行中はちょうどチャンピオンズリーグ開催の時期にあたったのだけど、島でも街でも夜になると酒場やレストランはこぞって試合中継を売り物にしていた。
 日本のように若年層への人気ばかりが目立つのではなく、とりわけおやじの熱中ぶりがすごかった。おやじどもが街の食堂で、自分の国の代表チームならともかく、とくに自国の選手がいるわけでもないチェルシーやバルセロナのプレーに気炎を上げる様など、日本ではちょっと想像もできない。

 ギリシア男の第一の出稼ぎ先は、今も昔もドイツである。それゆえドイツで開催され、ギリシア代表にとっては予選突破の最後の望みがかかる対日本戦は、本国でもきっとかなり注目されていたことだろう。この時期にギリシアにいてレストランに入っていたら、それはそれで何かあったかもしれない。
 11人中8人が身長180cm超というギリシア代表はヴィジュアル的にもいかにも地中海の男たちといった感じで頼もしかった。この敗戦にめげず今後もがんばってほしい。女としては、人間の男もこれくらいなら悪くない。

 ところで一夜あけてついさきほどBSでW杯予選のブラジル-パラグアイ戦をやっていたので少し観る。ブラジル代表、それはもう、すんごかった。「100メートル10秒切りそうなヒデ」や「身長190cm超の小野」みたいの‘しか’いない。コンフェデ杯予選で日本と同組のブラジルはメキシコに負けたので、日本同様つぎの日本-ブラジル戦に準決勝進出がかかってくる。空恐ろしい。2点差に抑えたら勝ち、程度のハンデがあってもいいかもしんない、にゃぅ。
AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
Tue, June 14, 2005

そんなかんじ

テーマ:肉球日記
neko2 写真は生後2ヶ月半、この家に来て半月が過ぎた頃。体重は約800グラム。見るからに日々大きくなっている。昼夜たがわず走りまわり跳びまくり、相手が何であれ挑みかかってきた成果である。あと、もりもり食べることも重要。よくねむることもたいせつ。

 このごろ、自分のシッポは追いかけてもしかたないということを発見した。いくら時計回りに走っても、あるいは左回りに攻めたところで、どうやらキリというものがないらしい。 あと、夜な夜な主人が音楽を鑑賞中、ヘッドホンから垂れるコードが気になってたたかい出し、格闘のすえに見事かみちぎるのに成功した。そうしたら、いたく怒られた。そういうものらしい。

 毎日からだのサイズが大きくなるので、なかなか睡眠ポーズが落ち着かない。そういうわけで、今宵はこんなポーズを試そうとおもうのだけど、いかがなものか。写真とか撮ってないでアドバイスくらいしてほしい、と実はいまおもっている。 まぁさいきんは、そんなかんじ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Mon, May 30, 2005

おどろきもものきさんしょのき

テーマ:肉球日記
neko1 生後約2ヶ月、この家に来て10日ほどたった頃の写真。体重は約650グラム。はじめの頃はとにかく驚きの連続だった。

 驚いたことその一。床に自分の影が映ること。この家はいわゆるフローリングというやつで、ニスを塗った合板の床を基本としているのだけれども、そこに降り立つとなんと何者かがつねに足下にいるではないか。はじめの2,3日は飛んだり跳ねたりして、あくなきたたかいを床と続けた。それがどうやら実在の何かではなく、世間では影という現象であることを知って慣れるのに、一週間ほどかかった。いまは気にしない。ときどき小突くくらいである。

 その二。初めて思いっきり走ったこと。それまではペットショップの檻の中にずっといたから、どうも要領を得ない。ぴょこんぴょこんとしゃくとり虫のような進み具合になり、そのたびに見ている人間がカワイイという。うるさい。
 
 その三。よくわからないものたち。目にするあらゆるものが初めてで、よくわからない。カーテンってのはその最たる例で、まずもってどこが急所なのかわからないから、たたかいようがない。半月ほどたたかって、しばし休戦することにした。休戦してみると、なかなか良い奴だとわかってきた。何より隠れるのにいい。爪研ぎにもそこそこ使える。人に見つかると怒られるので、見ていない時をねらって研ぐのが大切だ。
 本の山にとびのると、雪崩が起きることがある。これも楽しい。また今度。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Thu, May 05, 2005

この掌のさきに

テーマ:肉球日記

neko0

 

 よいことなのか、わるいことなのか、わからない。
 けれどもどうやらあたし、ねことして生まれてしまったらしく。

 ねことして生まれてしまったからなのか、ひとの言うことがよくわからないこともある。ひとならば引き受けてあたりまえらしい、理想だとか義務だとかいう、けむりのようなものとも縁がない。

 ただ使命感のようなものならある。ねことしてまっとうに生き、ねことしてこの宇宙にあらんかぎりの愛嬌をふりまいて、いずれはよいねこだったと惜しまれつつ、さっそうと逝かねばならない。なにはともあれ。

 そしてそのようなありかたは、きっとひとがおもうほどには甘くない。ねこにはねこなりの苦労がたんまりあるから、そこだけはいつかわかってくれよとおもっている。

 ねこゆえに、なにかあったらにゃんとなく。はらがへったらにゃにゃんとなく。さみしくなったらにゃぅ~んとないて、ねむくなったらまっすぐねむる。そこはしっかり、徹底する。

 とりあえずはそう心にめぐらせて、きょうもまたにゃんとなく。
 ただあなたの声を、すこし想う。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。