Wed, June 22, 2005

静謐と情 【チョコレート】 M.フォースター [US'01]

テーマ:映画 〔北米:インディーズ〕
monstersball0.jpg 静かで良い映画。同じ‘静けさ’でも、何も起きずに終わる平穏な作品よりも、この映画のように周囲に親しい人の死を孕み傷つきながらもタガを外すことなくラストに至る作品の方が、その静謐の度合いに凄みが出る。だから良い、という単純な話にはならないけれど、どちらかといえばこういう作品があたしは好きだ、とは言える。
 人種差別志向の強いある白人の元看守(by ビリー・ボブ・ソーントン)が息子の悲劇に打ちのめされ、やがて死刑囚人の妻だった若い黒人女性(by ハル・ベリー)に惹かれていく。二人は荒々しく体を重ねるようになるが、女は相手が夫の死刑を執行した人間だと知らない、というストーリー展開。

 ハル・ベリーという女優はおそらく初見。かなりいい。こういうオーラを発するような新人は久々だなと思ってネットで少し検索してみたら、アクションやキッズ物を中心に、メジャー系のハリウッド映画にもけっこう出ていた。これだけの表現力があるのだから白人でさえあれば、とも考えてしまうがなかなかどうして、有色人種の溌剌美人系がのし上がるにはこれしかないというキャリアを重ねてきたようで、この作品でアカデミー主演女優賞、めでたいかぎり。むろん白人以外の女優としては初めてだろう。アカデミーで誰がどんな賞を獲ったかなんてこと映画の質本位にみればまず無意味だけれども、彼女が獲ったことは2001年末の米社会的には多分意味があったはず。

 また“チョコレート”という邦題もとても良い。英語がかなりの普及している今日でも、原題をそのままカタカナにすると別のニュアンスを持ってしまう場合にはやはり、こういうところで配給会社のセンスが問われてくる。語自体の文字通り甘い印象もさることながら、原題の"Monster's Ball"(怪物の舞踏会)が作品の文脈的に持っている不気味さも、本編中で女の連れ子が見せるチョコレートへの異様な執着によりうまく引き継ぎえていると思う。もちろん肌の色への艶やかな見立ての意図もあるだろう。ただこの作品の日本公開時には、ほぼ同時期に公開されたジュリエット・ビノッシュ&ジョニー・デップ主演作“ショコラ”とのあいだに若干の混乱を生んだのではないかとも思うけど、それはそれであとのお祭り。
 スイス出身の新鋭マーク・フォースター監督は、ピーター・パンを劇中劇におく次作“ネバーランド”[2004]で、何の因果かそのジョニー・デップと組んでいる。今年3月にアテネの劇場で観たが、こちらも‘静かな’良作だった。


"Monster's Ball" by Marc Forster / Billy Bob Thornton, Halle Berry, Heath Ledger / 111min / USA / 2001
2002年ベルリン国際映画祭銀熊賞(女優賞) ☆☆
AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

nyahさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

10 ■セックスフレンド

気軽にセックスを楽しめる!ご近所同士のスキンシップやセックスしたい純粋な願望を満たしてみませんか?写メもあって直接メール送信OK

9 ■アダルト

アダルトサークルをご紹介!素敵なきっかけ探し!アダルト好きな方にはお薦め

8 ■アダルト

アダルトな一時を楽しめる…素敵なアダルトライフを求める女性様より朗報です。

7 ■アダルトな時間には優雅な楽しみがあるのです

アダルト

6 ■はじめまして。

>mimi さん
TBありがとうございます。
こちらからもさせていただきました。

良質の映画だということで薦められて
私も観ました。
いろいろと考えさせられるテーマでした。
邦題のチョコレートがさまざまな
カタチでモチーフになっていたのが
興味深かったですね。

5 ■邦題のことなど

まず、お誘い(TB)ありがとうございました。他の記事も読ませていただきました。それから、間違えてメールアドレスを書いてしまったコメントを消していただきありがとうございました。お手数かけてすみません。もう一度書こうと思ったのですが、いっぱい考えていたうちのどれを書いたか忘れてしまいました。

私もチョコレートという邦題がとても良いと感じていたのでnyahさんの文章に共感しました。チョコレートは愛情を表しているのだと思います。レティシアの子どもはそれに渇望していたから、チョコレートを隠れて食べていたし、ハンクのチョコレート(かどうか定かではないが)アイスクリーム好きもどこか象徴的です。

ラストの「静けさ」、レティシアのあいまいな表情、私もとっても良いと思いました。

消していただいたコメントには書かなかったのですが、この話、ハンクが、飢えた性から、心を通わす性に目覚めるという過程を描いたものじゃないかなと思っています。自分のブログを書いた時はあまり考えていなかったのですが…。そういう意味でも、ハンクがレティシアに愛情の象徴でもあるアイスクリームを食べさせる最後のシーンは、包み込むような愛情に目覚めたハンクを思わせる場面で、ぐっと来ます。

4 ■暗い雰囲気

dustsign さま

コメント感謝です。たしかにこんな暗い雰囲気が続く映画も珍しいですよね。かといって陰惨とか極めつけの残酷不幸物語というのとも違う。不思議な暗さです。

3 ■ちんとん様

了解です。いただいたコメントがとても良質なものだったので残念ですが。よければもう一度コメントくださいね。あとの削除依頼のコメントも追って削除いたします。

2 ■nyah様へ

すみません、うっかりしていて、前のコメント、間違えて自分のメールアドレスを出してしまいました。このコメントと一緒に削除していただけると助かります。

1 ■無題

トラックバックありがとうございました。
全体的に暗い雰囲気でしたが、静かな余韻の残る作品でした。

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。