1 | 2 次ページ >> ▼ /
Tue, May 31, 2005

詩と牛車 【車輪】 M.イスラム [Bangladesh'93]

テーマ:映画 〔その他海外〕
 久々に南アジア圏の映画を観た。牛車に乗った二人の男がふとしたことで見知らぬ男の遺体を運ぶはめになり、行く先々で埋葬を拒否される。この映画の話の筋は概ねこれだけだ。
 映画のパンフにはブニュエル的不条理劇との類縁性、などとも書き付けられている。もちろんこのような衒学的な言い方も悪くはないが、もう少しくだけて、ヴェンダース流ロードムーヴィの趣きに不条理劇的要素を加え、ベンガルの田園風景に載せてみました、と言ったとしても、この作品の本質を捉えた言葉からはほど遠い。何かに引き付けて語るなら、むしろ持ち出すべきはタゴールの詩であろう。不条理劇の線で観るなら、ラストシーンの慟哭で意識に上るのは、前近代性の醸す野暮ったさばかりということになってしまう。それではあまり、鑑賞法として豊かでない。

 もっともこうした非営利の会場で資料的な価値も込みで上映される作品の場合、それが芸術作品であれ娯楽作品であれ金と人数をかけてよく作り込まれた映画に馴れたこの目には、どのような見方を採ろうともいささか冗長に映ってしまうケースは少なくない。
 今回などはまさにそれで、こういうときは同行の友人がしていたように舟を漕ぎ出すのも良い手だが、こういうときだからこそ沸き起こる想念の行方に身を任せる良い機会でもあるわけで、スクリーンに映る風景や植物や、人々の衣服や道具、録音に混じった様々な音のかけらに注意を向けているうちに、気がつけばこのベンガルの土地を旅していた頃を思い起こしていた。

 インドの西ベンガル州を併せるとこの土地には都合三度滞在しているにも関わらず、映画を観ていてベンガル語の響きがずいぶんと縁遠いものに聞こえてくる。この土地の、とりわけ農村に住む人はみな、ほんとうに詩的な眼差しと身振りをその底に湛えていた。それなりにこなれていたはずのフレーズのいくつかも、すでに忘れてしまった自分を少し、寂しく感じる。


"車輪" (The Wheel) by Morshedul Islam / 65min / Bangladesh / 1993 東京国立近代美術館フィルムセンター 2004/5/15/・6/16上映 [過去blogより移行] ☆
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Mon, May 30, 2005

おどろきもものきさんしょのき

テーマ:肉球日記
neko1 生後約2ヶ月、この家に来て10日ほどたった頃の写真。体重は約650グラム。はじめの頃はとにかく驚きの連続だった。

 驚いたことその一。床に自分の影が映ること。この家はいわゆるフローリングというやつで、ニスを塗った合板の床を基本としているのだけれども、そこに降り立つとなんと何者かがつねに足下にいるではないか。はじめの2,3日は飛んだり跳ねたりして、あくなきたたかいを床と続けた。それがどうやら実在の何かではなく、世間では影という現象であることを知って慣れるのに、一週間ほどかかった。いまは気にしない。ときどき小突くくらいである。

 その二。初めて思いっきり走ったこと。それまではペットショップの檻の中にずっといたから、どうも要領を得ない。ぴょこんぴょこんとしゃくとり虫のような進み具合になり、そのたびに見ている人間がカワイイという。うるさい。
 
 その三。よくわからないものたち。目にするあらゆるものが初めてで、よくわからない。カーテンってのはその最たる例で、まずもってどこが急所なのかわからないから、たたかいようがない。半月ほどたたかって、しばし休戦することにした。休戦してみると、なかなか良い奴だとわかってきた。何より隠れるのにいい。爪研ぎにもそこそこ使える。人に見つかると怒られるので、見ていない時をねらって研ぐのが大切だ。
 本の山にとびのると、雪崩が起きることがある。これも楽しい。また今度。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Wed, May 25, 2005

魔女狩る 【サスペリア】 ダリオ・アルジェント [Ita'77]

テーマ:映画 〔欧州:イタリア〕
suspiria  この色、この光。今までに観たことがない。映画全編に渡って退いては寄せるように響き続けるシンプルなつくりのテーマ曲も、結局最後まで飽きることがなかった。遅ればせながら、やや甚大な衝撃を受けてしまった。
 ダリオ・アルジェントという名に“ホラー映画の原点”のようなイメージだけを持って今まで食わず嫌いできたのだけれど、根本的に違っていた。というのもあたしが持ってきたホラー映画のイメージというのはどうやら“サスペリア”よりも後発の“死霊のはらわた”、“ジェイソン”といったハリウッドの作品群により植え付けられたものだったらしい。 “サスペリア”は世界志向(十分なマーケットリサーチ/シンプルな構成/アメリカ人女優の適用etc.)の制作背景をもつとはいえ、イタリアンフィルムの匂いがとても強かった。

 魔女の存在が重要なモティーフとして選択されている点も興味深い。少しネットを捜したら、なんと舞台となった舞踊学校のモデルはシュタイナー・シューレであったらしい。[当該HPはこちら ] ルドルフ・シュタイナーの思想活動は確かにある種の保守的な人々にとってこのように怪しくも映るのだろう。もっともな話である。
 魔女狩りは集団における強迫神経症的な徴候として語られる一方で、欧州と欧州から輸出された北米でしか見られない現象という。(by中井久夫 『徴候・記憶・外傷』 ) それだけにこれらの国の人にとってこのモティーフの使用は、魂の底からの恐怖心を呼び起こす力があるわけで、理にかなった選択とは言えそうだ。

 恐いのはきらいだ。“死霊のはらわた”も“ジェイソン”も一人で観たことはまったくない。にもかかわらずこういう内容だと知らずに今回“サスペリア”に手を出したのは、やはり精神的に参ってるせいなんだろう。あまり沈み込んでいるときに観て良い効果があるとも思えない。けれど引かれてしまう。どうしようもなく。自虐的なのではない、陥っているこの苦しさが何なのか、少しでも納得したい。閉じた社会のうちにこもり稼いだ金を生活に費やして、ただいるだけでは、つらすぎる。


"Suspiria " by Dario Argento / Jessica Harper, Joan Bennett, Stefania Casini, Alida Valli / Goblin [music] / 99min / Italy / 1977 ☆☆☆☆
AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
Tue, May 24, 2005

仁義の淵 【鬼子來了】 (鬼が来た!) 姜文 [中国'00]

テーマ:映画 〔東/東南アジア〕

devilsdoorstep

 中国・華北の寒村。1945年旧正月前のある深夜、主人公夫婦の家に大きな麻袋が二つ、謎の男により持ち込まれる。袋の中には日本兵とその通訳が。
 夫役の姜文(チアン・ウェン)。張芸謀(チャン・イーモウ)監督の“紅いコーリャン”同様、これしかないという質実でどこか間の抜けた役柄を見事に演じ切っている。日本兵役の香川照之、妻役の姜鴻波のほか、後半に登場する日本軍部隊長役の澤田謙也の好演も光った。


 モノクロの粗い仕上がりがまた非常に良い。たとえば夜な夜な開かれる村人たちの合議のシーンや、クライマックスの村人たちと日本軍兵士たちが催す宴のシーンに登場する焔とその照り返しの表現などに、単なるレトロ色を狙ったのではない、カラーには出来ない表現を追い求めた跡がしっかりと窺える。

 登場する村の寂れた家屋と湖の凪いだ様子が少し信じられないくらいに哀愁を漂わせる。古い街区をゼロから再現したらしい。姜文は監督としての力量も“太陽の少年”ですでに確認済みだからとても大きな期待をもって観たけれど、総じてその期待値をも大幅に上回る出来だった。(詳細は[公式HP ]にて)


 これほどに完成度が高く、思想的にも政治的にもうまいバランシングを達成し、カンヌグランプリという海外からの充分な評価をも獲得した作品が、中国国内では未だに公開禁止だという。ここらへん、俄然不思議の国である。



鬼子來了 ” [鬼が来た! / Devils on the Doorstep] by 姜文 / 姜文 JIANG WEN, 香川照之, 姜鴻波 JIANG HONG-BO, 袁丁 YUEN DING, 澤田謙也 / 140min [original vers.:162min] / 中国 / 2000
2000年カンヌ国際映画祭グランプリ ☆☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sun, May 22, 2005

踏み越え 【息子の部屋】 ナンニ・モレッティ [Ita'01]

テーマ:映画 〔欧州:イタリア〕

 息子を水難事故で失った家族の話。カウンセラーとして働く彼の淡々とした静かな生活のなかに、息子をなくした哀切や後悔の念が深く忍び入り、妻や娘との穏和な関係にも少しずつゆがみが入り込む。そうした生活のつづくなかで、ある日息子へのラブレターが届く。夏のキャンプで出会ったという差し出し人の女の子は息子の死をまだ知らない。


 ラストシーンのさりげなさが素晴らしい。ラブレターを書いた女の子の訪問をきっかけとして、残された家族の三人がある“踏み越え”を行う。それはどこまでも精神的なもので、映像にはそこで行われていることの激しさが表現されることはまったくない。その踏み越えは言葉はもとより、表情にすらほとんど反映されることなく、ただ心の奥底で進行し、遂行される。ラストのさりげなさが、そのことのすべてを表している。
 静かな傑作。語られることなく派手な演出もなしに達成されたほんものの表現の、核のようなものがそこにある。


 いい音を使ってるなと思い確認したら、音楽にブライアン・イーノが参加していた。久々にまとめて聴きたくなった。



息子の部屋 ”("La Stanza Del Figlio") by Nanni Moretti / Nanni Moretti, Laura Morante, Jasmine Trinca, Giuseppe Sanfelice / Brian Eno [Music] / 99 min / Italy / 2001 2001年カンヌ国際映画祭パルムドール ☆☆☆☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sat, May 21, 2005

自治と学 【泥ウソとテント村】 新田進 [日本'04]

テーマ:映画 〔日本:21世紀〕

  “泥ウソとテント村”は東大・山形大で起こった学生自治寮の廃寮反対闘争をテーマとしたドキュメンタリー映画。

 東大駒場寮、山形大自治寮のどちらもが結局機動隊を導入する騒乱を経て潰されてしまうのだけれど、山形大学の方はそののち自治寮の学生たちが山形大学当局を訴えた『泥棒はウソのはじまりだった』国家賠償請求裁判へと至る。


 大学当局による強制執行や山形大学によるスパイ行為露見のシーンなど、絵的にも見応えのある箇所が思いのほか多かった。
 大学側の関係者がもっぱら冷酷無情の鉄面皮で描かれるなか、元東大教官でかつて自治寮を長く支援してきた人が出演するシーンは、目先ではなく大きな視野で現在の狭量に陥った教育状況を批判する言葉が逐一説得力があり、よろしい。映画的にも静かなクライマックスの一場面として良く機能していた。


 このドキュメンタリー映画は主に二つの見方ができると思う。一つはスタンダードに学生による社会運動を追いかけた記録映画として、ことの顛末を追い事実確認の糧とする見方。もう一つは、学生たちの成長を描いたビルドゥングスロマンとしてその行く先を追う見方。

 後者の見方を採った場合、東大の学生たちが寮建物の強制排除後、同じ敷地内に自ら設営したテント村のエピソードや、山形大学の学生たちが追放後新しい寮に入れてもらえず、自分たちで共同生活を始めるエピソードなどに感動を覚えることになる。琉球新報への掲載記事に載った、「テント村の建築法は、大学当局によりバリケードを作るために介入した施工業者の技術を盗み、敷地後方のテントに行くに従い上手くなっていく」というある建築評論家(五十嵐太郎か?)による記事が紹介されたりする。

 実際に監督や映画中に登場する二人の“最後の”両学生自治寮委員長とも知り合い話した。その顛末についてはそのうち同行した主人が書くんじゃないかな。きっと書くかな。いやどうかな。



泥ウソとテント村 -東大・山形大 廃寮闘争記- ” by 新田進 / 日本 / 2004 / アテネ・フランセ 2005年5月7・14日上映 ☆☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Sun, May 15, 2005

戦々楽々 【キル・ビル vol.1】 クエンティン・タランティーノ [US'03]

テーマ:映画 〔北米:メジャー 21世紀〕

 笑った。いまさらながらだが、初見である。


 友人知人の範囲でも世間的にも等しく賛否両論の両方を聞いていたけれど、これは単純に面白い映画だったと思う。というかそれ以外の何物でもない。この作品を浅薄だと酷評する人は少しズレているというか、どこか頭がヘンかもしれない。面白さだけを意図している作品に、タルコフスキーの味わいを求めてどうするっていう。


 しかもこのディティールへのこだわりは予想外にレヴェルの高いものだった。文化考証的にどうという話ではない。襖がサイバースペースチックに無限展開する空間での斬り合いとか、青葉屋のシーンはどこも凄い。もう、それだけっ。


 美術に“スワロウテイル”、“イノセンス”などの種田陽平と“コラテラル”などのDavid Wasco。やくざの親分衆として麿赤児や國村隼も客演している。なかなか粋ではないですか。にゃはは。



“Kill Bill Vol.1” by Quentin Tarantino / Uma Thurman, Lucy Liu, 栗山千明, 千葉真一(Sonny Chiba), Julie Dreyfus / 種田陽平, David Wasco [Production Designer] / US / 2003 ☆

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)
Sat, May 14, 2005

見る左翼 【レフト・アローン [第二部] 】 井土紀州 [日本'04]

テーマ:映画 〔日本:21世紀〕

karatani  新左翼の展開を回顧的に描くドキュメンタリー映画“レフト・アローン”、後半の第二部は日本における60年代の学生運動の顛末を離れ、毛沢東、ゲバラ、ファノンを駆け抜けてより現代に軸足を傾けていく。

 

 絓との対談のなかで、柄谷行人は地域通貨とくじ引き制社会制度の有効性を唱え、津村喬は現下の社会におけるオウム的危うさを述べ、早稲田大学サークルスペース移転闘争を戦う花咲政之輔はスーパーフリーの若者たちへ部分的理解を示す。それらはいずれも今を焦点に置いた語りで、もっぱら回想に終始した第一部とはかなりムードの違うものになっていた。


 最後に松田政男が、みんな死んじゃったからね、とつぶやいていたのがもの悲しい。これは必ずしも寿命による死を意味せず、むしろ精神的な死を言っているのだろうと思う。

 
 

レフト・アローン [第二部]” by 井土紀州 / 絓秀実, 柄谷行人, 津村喬, 花咲政之輔, 松田政男 / 109min [第一部:93min]  / 日本 / 2004 / アテネ・フランセ 2005年5月14日上映 ☆

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
Fri, May 13, 2005

語る左翼 【レフト・アローン [第一部] 】 井土紀州 [日本'04]

テーマ:映画 〔日本:21世紀〕

leftalone11

 絓秀実が中心人物として描かれる。現在進行形で語られる早稲田大学でのサークルスペース移転阻止闘争と、松田政男、西部邁、柄谷行人らを相手どり交わされる、かつての闘争。あの時代は何であったか。いまはどういう時なのか。絓秀実は本屋の評論棚で時々見る人、西部邁は朝生の常連、柄谷行人は難しいこと言うのが好きな人、くらいにしか知らなかったし関心も持ってこなかったので、彼らが自分の生きた経験を語る言葉は新鮮だったし、花田-吉本論争(花田清輝と吉本隆明による文学論争)や学生運動の離合集散のプロセスを追いかけたシークエンスなどもよく知らなかったことが多く、ためになった。たぶん。(詳しいあらすじは[作品HP] を参照のこと)

 

 だが監督の井土紀州がこの作品で何をやりたかったのか。そこがいまいち、伝わってこなかった。傲慢にもニューレフト(新左翼)正史のようなものを描く試みを意図したわけではないことは、西部邁への異様なほどの同情的視線と、それとは対照的にドライな柄谷行人への扱いからもよく分かる。ではこの映画は要するに絓秀実による“左翼運動紀行の旅”なのかと考えても、その割には絓秀実本人の思想が語られなさすぎる。彼を案内役としたルポタージュとして見ても、最もリベラルな生き証人としての松田や絓よりさらに後発の鎌田との討議を別にすれば、社会潮流の動きに即したバランス・シートをうまく維持できているようにはとても見えなかった。(つまりそのようなものとしては意図されていないらしい。)

 


レフト・アローン [第一部]”  by 井土紀州 / 絓秀実, 松田政男, 西部邁, 柄谷行人, 鎌田哲哉 / 93min [第二部:109min] / 日本 / 2004 / アテネ・フランセ 2005年5月7日上映 ☆

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
Thu, May 12, 2005

≪☆☆☆≫評点について

テーマ:“☆☆☆” 評点,本サイトについて
 各記事末尾の☆は、芸術性・娯楽性・社会性(または先進性)・趣味性・品格の各要素について秀逸と感じた際に一つずつ付けています。

 よって☆一つの作品が、他の作品より猫的にも面白いというケースはよくあります。たとえばすさまじく楽しい、だけの作品は、☆一つだけだけれども幾度も観たくなるに決まっている、という具合です。

 他方☆の多い作品は、そのバランスにおいて非常に優れていると感じたもの、とは言えるだろうと思います。どの人にも安心してお勧めできるという点では、☆の多いものが有効です。

 ただ、とはいえ☆が多い方に比較的一押しの作品が集まる傾向にはやはりなるので、一応おしなべて言えば、

 ( ) 星なしは見所も感じずよくわからない作品、
 ☆ は偏りがめだつ分エッジの立った良作、
 ☆☆ は特徴/個性の際立つ秀作、
 ☆☆☆ は刮目に値する傑作、
 ☆☆☆☆ は問答無用の逸品、
 ☆☆☆☆☆ は言絶の珠玉、    としておきます。

 ☆☆☆をいわゆる“三つ星”、満点の評価とお考えください。  
 ☆四つ、五つという作品はかなり稀になるはずです。

 また、付された☆が具体的にどの要素を示すものかは、記事本文を読んでご推測ください。できるかぎり作品の良さを伝えたい一方で、イメージの固定化を呼ぶようなリスクは避けたいので、総数のみ示すことにしています。

 以上の旨、ご了承くださいませ。映画記事を念頭に書きましたが、書籍、展覧会についても大筋は同様です。

 お気軽にコメント付けてくださいね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    PR

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。