にゃーオフィシャルブログ「にゃーのダイエット日記」

ダイエットで85キロを58キロまで落としました。
でもこれで終わったわけじゃないんです。
ダイエットはずっと続けるもの、痩せたらおしまいじゃなくて、ずっとその体型を維持することです!


テーマ:
糖質制限ダイエットの詳しいやり方や疑問点など

これでもかと特集が組まれているターザン2012年10月11日号(612号)ですが、


Tarzan (ターザン) 2012年 10/11号 [雑誌]

マガジンハウス (2012-09-27)


じっくり読んでいて

やっぱりそうだよね!と自分がこれまでやってきたことに自信を持たせてくれる箇所が複数見つかりました。

それは糖質を食べても良いタイミングがあるということ。

私、以前から

運動するときは糖をとらなきゃダメでしょと思ってたんですよ。

それについての疑問解消がバッチリ書いてありました!

運動前後も糖質をとらなくていいの?

お答え

筋トレやランが習慣なら運動前後に

糖質を適度に補うべき
にゃーのダイエット日記

なぜなら

筋トレのような無酸素運動でも、

ランのような有酸素運動でも糖質と脂質は同時に使われる。
にゃーのダイエット日記
強度の高い動作になるほど脂質よりも糖質の使用率が増えるので

運動前に糖質を補わないと

高強度のトレーニングが出来ない!
にゃーのダイエット日記

なぜ昔の日本人は米を食べても太らなかったのか?
にゃーのダイエット日記

お答え
現代人とは比べ物にならないほど運動量が多かったから!
にゃーのダイエット日記

昔は歩くか馬に乗るかぐらいしか移動手段が無かったので

移動そのものが良い運動になっていたのに

今じゃ電車、車、飛行機など乗ってる最中ほとんどエネルギー使わないものに取って代わられてしまいました。

ほかにも全自動食器洗い機とか

ルンバとか

ボタンひとつで家事をこなしてくれる便利な家電製品がどんどん登場しています。

そういうのに頼ってばかりいると消費カロリーが減るのは当たり前。

3食たらふくごはんを食べてデスクワークでじっとしているから太ってくる!
にゃーのダイエット日記

最後はこちら

糖質制限しているときにもトレーニング時だけは糖質を摂取することが大前提!
にゃーのダイエット日記
低血糖の状態で運動を行うとハンガーノックというガス欠状態に陥り体が動かなくなったり、

意識が混濁するような危険がある!


運動の習慣がある場合は

それなりに糖質(炭水化物)を食べても大丈夫ということがコレで証明されました。

どうしてもお米を食べないと気が済まないという方

積極的に体を動かしましょう!

運動と聞いて身構えないでください!
なんでもいいのでこまめに体を動かせばいいんです!
↓身につけているだけで
運動&日常生活のカロリーをリアルタイム測定可能!

持っているとカロリー計算の手間が省ける便利グッズ!



タニタ(TANITA) 活動量計 カロリズム DIET マゼンタ AM-130-MA
タニタ(TANITA) (2011-05-23)
売り上げランキング: 772


(→カロリズムダイエットの体験談はこちら!


 

デスクワーク中心でろくに動けない場合は糖のとりすぎを回避したほうが良いです。

でも、飲み会でシメにラーメン屋行こう!
なんてことありませんか?

そんな大ピンチなときに使えるのが
糖の吸収を抑えるメタバリア!
スゴイ効きますよ!(飲んでいると減りが早い)
詳しい体験談

メタバリア




いい感じでダイエットを進めていたのにうっかり食べ過ぎて
一気に体重がっガーン
大丈夫!急激に増えた体重はすぐに対策を取ればすぐ元に戻せます!
2日で3キロもとに戻す裏技

カロリーも意識しているし、

糖質オフ食もやった!

運動ももちろん!

なのに全然落ちないよ。。。

という方!

それってもしかして便秘のせいでは?

 

腸は寒さに弱いです!

冬になると便秘が悪化する人は多いですよ。

猫野の食道楽日記

 

ひどい便秘になるとこれだけの便が体内にたまります!

にゃーのダイエット日記

なので解消させるだけでも1、2kgストンと落ちるなんてことも!

トクホを取得している便秘解消サプリといえばコレ!
(※きちんと病院で臨床試験が行われているまともなサプリです。胡散臭いダイエット薬とは違います!)

自分の体で試しましたが半端ない効き目です! 体験レポートはこちら!

 

いいなすっきりイサゴール


 

 

ランキングに参加してます。

よろしければ押していただけると

ブログを続ける励みになります!!

↓↓↓
人気ブログランキング




2012-10-02 15:25:42
人気記事のため編集して再アップしています。
コメント(0)  |  リブログ(0)