海外旅行で大聖堂や教会を訪れた時、

キリスト教の影響力の強さにびっくりする人も多いとおもいます。

仏教の私たちは、キリスト教の神聖なる場所にお邪魔させてもらえることに感謝して見学させてもらいましょう。

石の文化の西洋では、窓以外は光がもれず、薄暗いところがおおいです。気持ちを落ち着け、現地の方のお祈りの時間をしないよう

気を配って歩きましょう。

いくつもの豪華なステンドグラスが光を浴び、聖書に出てくる人達が描かれています。

そうです。ステンドグラスは聖書の絵本です。

ステンドグラスの発祥は イエスさまを描くためでした。

ではここで、ステンドの基本的な読み解く順番を

ご紹介いたします。 

聖書の内容を知らないと意味がない、、かもしれませんが

有名なお話なら探し出せるかもしれませんね。

下から上に、左から右へが基本です。

参考までに画像をご覧下さい。

ニコ魚を見つけた猫が獲って食べる、、お話です。爆笑

 

 

では、丸窓はどうでしょう?

丸窓は時計回りに読み解きます

ちょっと教会に行きたくなってきましたか?

次回はすこし難しい別の読み解きをご紹介いたします。

 

AD

ステンドグラスは何処に売っている?

 

ステンドはステンドグラス屋さんにあります。

近くにステンドグラス屋さんがあれば、そこに足を運ぶのが一番の近道です。 なぜなら質問し放題だからです。

金額のことから、どんな用途で欲しいか、納期はいつか、

質はどうか、聞けば目の前で答えてくれるでしょう。

作品をみればその店の得意な分野や、力量を覗けます。

あなたに合った提案をしてくれたり、希望の作品を作ってくれるのはお店ならではです。

 

近くにお店はないし、お店にいくのは敷居が高いと思う方は

まずは、ネットで検索してみましょう。

ネットでは輸入のものが多いです。

 

他ではフリーマーケット、アンティークショップなどでも見かけます。

古いものはすでに鉛の限界の年月を経てるのものが

あります。保存状態や、あと何年くらい安全に使えるか

よく見てお買い物をしましょう。

AD