長崎県平戸市沖で昨年4月、同市の巻き網漁船「第11大栄丸」(135トン)が沈没し11人が死亡、1人が行方不明になった事故で、運輸安全委員会は28日、減速が不十分で、右後方から来た「追い波」の頂上に乗る不安定な状態になったことが事故の原因とする調査報告をまとめた。

 安全委は、甲板上に水がたまりやすく重心が高い、という巻き網漁船特有の構造も遠因と指摘。水産庁に対し、荒天時の安定性が高い船を建造できるように、総トン数制限の引き上げなども検討するよう求めた。

 調査報告によると、「追い波」の中を航行していた第11大栄丸は、高さ4~5メートルの第2波を受けて甲板上に海水が入り込んだ後、右側に傾き転覆、沈没した。

 波の頂上では、海水と船体の接触面が小さく、船体を立て直す復元力が減ってかじも利きにくい。このため「追い波」の中では、大きく速度を落とし、早く波をやり過ごす操船が必要だが、第11大栄丸は波とほぼ同じ速度を保ち、頂上部に乗る不安定な状態が約15秒も続いた。この間、甲板上の海水や積んでいた漁網が右側に移動、傾斜が急拡大したとみられる。

 船長らは波の接近に気づいたとみられるが、「転覆の危険性を予測できず、回避手段をよく知らなかった可能性が高い」(安全委)と指摘している。船団を組んでいた別の4隻は十分減速していたため無事だった。

【一筆多論】松村雅之 独自の“日本版FBI”を(産経新聞)
海上保安庁に虚偽通信 無職男を逮捕 大阪府警(産経新聞)
社会全体で育児支援を=子ども手当の重要性強調―10年版白書(時事通信)
首相、訓練区域や防空識別圏返還に全力(産経新聞)
普天間問題 首相、環境面に配慮徹底…「辺野古」移設で(毎日新聞)
AD