特選街情報 NX-Station Blog

特選街情報 NX-Station Blogはパソコンやデジモノの購入・日々のブログです。パソコンは レノボ ThinkPadを中心に、Lenovo、NEC LaVie、日本HP、DELLなどレビュー、評価・感想、クーポン&特価情報やスペックの比較をしています。


テーマ:

ニールセンは2015年 日本のインターネットサービス利用者数ランキングを発表しました。

ここ数年はパソコンからスマートフォン、タブレットへの移行期であり、今年もPCからの利用者数は各サービスともに軒並み減少となっていました。YoutubeはPCで減少するもスマホで大幅増なのでデバイスの移行で説明が付きますが、MicrosoftはようやくWindows Mobile(Windows Phone)を日本へ投入する段階でスマホへの対応がかなり遅れています。



2015年 日本におけるパソコンからの利用者数TOP10


スマートフォンは、利用者数TOP10サービスのうち9つのサービスで利用者数が2ケタ増で、GoogleもYahoo!もしっかりと増加しています。GoogleがAndroid OS搭載という入り口を持っている中で、Yahoo!は大健闘というるでしょう。



2015年 日本におけるスマホからの利用者数 TOP10


今後もPCのインターネット利用者は微減を続けると予想しますが、継続して利用されるサービスになるかどうか、今まで以上に使いやすさや話題性の継続が重要になっています。他のサービスに淘汰されるまでいかなくても、SNSサービスではユーザーの利用時間が減ると、コミュニティの活性が下がり、加速度的に過疎化して利用が減るので利用動向には注目です。





ニールセン 2015年 日本のインターネットサービス利用者数ランキングを発表 ~TOPS OF 2015: DIGITAL IN JAPAN

http://www.nielsen.com/jp/ja/insights/newswire-j/press-release-chart/nielsen-news-release-20151215.html

・2015年PCからの利用者数1位は「Yahoo!」、2位以下との差は拡大
・スマホアプリ利用者数1位は3年連続で「LINE」、2位以下とは1,200万人以上の大差
・利用者増加率No.1アプリは「メルカリ」、2位は「Instagram」



AD
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

マーケティングの基本として、商品を売るために市場調査や宣伝についての活動があげられます。その中に自社製品が売れない理由を探したり、もっと売るための宣伝方法を考えたりします。そもそもマーケティングはそのような活動と考えている人が多いと思います。今日はもうちょっと大きな視点で、消費低迷の原因はどこにあるのか、考えることにします。


高度経済成長期の記憶、当時造られた映画やドラマでは車や家電製品、海外旅行が人生一大の晴れ舞台的に欲しいものとして登場していました。購入する本人も家族も盛り上がっていて、購入意欲(モチベーション)が極めて高かったことが描かれています。当時のニュース映像の記録でもボーナス支給後にセールに人だかりができている様子があります。


現在は、どこか冷めた感じがあります。熱い購買意欲は新iPhoneの発売で行列するような光景に限られています。消費者が冷めているのは魅力的な商品がないからなのでしょうか。可処分所得が増えていないからでしょうか。スマホに替えず、ガラケーのままの消費者からヒントがあるかもしれません。

消費低迷 原因の根底には購買意欲、生活意欲の低下があるのではないかと思います。ガツガツと頑張らなくてもそれなりに満足した生活がおくれています。食べるために無理に競争する必要もないです。意欲低下を感じたことの理由はいくつかありますが、消費税増税前の駆け込みや下取りキャンペーンでスーツの消費が拡大したのも、どちらかというと消極的理由です。日銀が経済政策を頑張ろうが、春闘で給料のベースアップがあろうが個人消費には影響が少ないように思います。


今、いわゆる三種の神器のように欲しいものがあげられますか? 政府も民間も景気対策、商売繁盛にはもっとライフスタイルがこう変わっていくといういう具体的な見通し、計画を示す必要があります。例えば、人生1回は宇宙旅行に行ける、通勤通学が不要でいつでもどこでもできることが増える、ビジネスパーソンだけではない社会活動への貢献方法、そういったことです。

消費低迷の打開には個人消費に革命的変化が必要です。そのためには劇的なライフスタイルの変化が伴います。


AD

テーマ:

ロイターのコラムにアップされた記事『日本人の「あきらめ派」と「苦闘派」は10年で倍に』 [プレジデント ロイター] (旧URL http://president.jp.reuters.com/article/2011/07/12/E262F256-A7B5-11E0-9750-ED003F99CD51.php)によると、消費者価値観分析モデル4Csを用いて、最近調査が行われた25カ国の中で、日本は「あきらめ派」(既存の価値に執着し、時代の変化に適応できず、社会参加をあきらめている層)の比率が最も多く、「苦闘派」(疎外感やフラストレーションなど社会における苦悩から逃避する層)も第3位であり、さらに、これまでの消費を牽引してきたとも言える「上昇志向派」(社会の中で自分が周りからどう見られているかを重視し、ステイタスを志向する層)と、「成功者」(目標意識と達成への自信をもち、大衆からの分離がモチベーションとなっている層)が、逆に25カ国中最低であることを示した。と書かれていました。



NEC特選街情報 NX-Station Blog-日本における価値観セグメント(4Cs)割合の推移

NEC特選街情報 NX-Station Blog-価値観セグメント(4Cs)別構成比 (18~29歳)


価値観セグメント(4Cs)別構成比(18~29歳)を見ると、上昇志向派と探検派が半減し「あきらめ派」と「苦闘派」が大きく増えています。増加している率としては少ないですが成功者と改革派が微増しています。若いうちに成功したと感じているのは、現状で十分だからそう感じたのか、本当に成功したのかは気になるところです。


ちなみに私の主観ですが、この価値観の人は将来、左寄りが下流、右寄りが上流階層として固定化していく可能性が高いと思われます。


つまり、日本は1億総中流と呼ばれた時代は終わり、2極化がますます進んでいくと考えられます。





消費者価値観分析モデル 4Cs(フォー・シーズ)とは、米国ヤング・アンド・ルビカム社が開発した価値観により7つのセグメントに分類するという万国共通の消費者分析モデルである。


電通ヤング・アンド・ルビカム社 消費者価値観分析モデル 4Cs

4Cs自己診断の説明と診断テストへのリンクがあります。4Cs自己診断は40の質問に答えてたなたがどの集団になるかが表示されるようになっています。













AD

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。