特選街情報 NX-Station Blog

特選街情報 NX-Station Blogはパソコンやデジモノの購入・日々のブログです。パソコンは レノボ ThinkPadを中心に、Lenovo、NEC LaVie、日本HP、DELLなどレビュー、評価・感想、クーポン&特価情報やスペックの比較をしています。


テーマ:

EIZO工場見学ツアー の見所の一つが、本社工場に設置されている10m法 電波暗室です。従来は3mの電波暗室を使っていたとのことですが、製品の大型化(65インチ プラズマディスプレイ)などもあって10mの電波暗室を設置したとのことです。


ワンポイント:
電波暗室とは外部からの電磁波の影響を受けず、また外部に電磁波を漏らさないように設計・施工されたシールド空間です。

近年、様々な電子機器の発達により電子機器が発する電磁波の影響で機器が誤動作を起こすという問題が発生しています。このため各種電子機器は、電磁波の影響を受け誤動作を起こさない、また機器本体から周囲に悪い影響を及ぼす電磁波を発しないことが要求されます。


(参考情報)TDK テクノマガジン
電波暗室とEMC対策



<木製デスクと液晶モニター>
NEC特選街情報 NX-Station Blog-EMC試験室 電波暗室|EIZO 工場見学


木製デスク上に液晶モニターが配置されており、写真には写っていませんが白いラインの先の左には液晶モニターから発せられた電波を観測、測定するためのアンテナが装備されていました。



<高い天井>
NEC特選街情報 NX-Station Blog-EMC試験室 電波暗室|EIZO 工場見学

規則正しく電波吸収体が並んだ電波暗室、高い天井が印象的でした。


<シールド扉>
NEC特選街情報 NX-Station Blog-EMC試験室 電波暗室|EIZO 工場見学

このシールド扉を閉めると、外界からの電波が遮断されます。当然、携帯電話も圏外になりました。



<ユニット型電波吸収体>
NEC特選街情報 NX-Station Blog-EMC試験室 電波暗室|EIZO 工場見学


左から、シールド面、板状誘電損失発泡体、表面保護用キャップです。


電波暗室は、VCCIやFCCの認証を取るために使用される施設・設備です。ここで、ちょっとVCCIについてお勉強しておきましょう。



情報処理装置等電波障害自主規制協議会 (VCCI)

http://www.vcci.jp/
情報機器が発する電波の規制内容を協議する業界団体です。また、同協議会によって定められた、電子機器から発生する妨害電波に関する規格を指します。

株式会社ナナオはVCCI会員番号:137です。液晶モニター製品のほとんどはVCCI-BもしくはFCC-Bに対応しています。

ちなみにアメリカの同様の規格はFCCといわれます。

FCC:Federal Communications Commission (米国連邦通信委員会)


VCCI規格では使用される環境によって「クラスA情報技術装置」および「クラスB情報技術装置」 に分けられています。

●「クラスB情報技術装置」
クラスB情報技術装置とは、クラスB情報技術装置の妨害許容値を満たす装置である。クラスB情報技術装置は主に家庭環境で使用されることを意図した装置であって、 例えば、次のような装置が含まれる。

1. 使用場所が固定されていない装置:例えば、組み込み電池を電源として動作するポータブル装置。
2. 電気通信回線から電源を供給される電気通信端末装置。
3. パーソナルコンピュータおよびそれらに接続される周辺装置。
4. ファクシミリ


●「クラスA情報技術装置」
クラスA情報技術装置とは、クラスA情報技術装置の妨害許容値を満たすが、クラスB情報技術装置の妨害許容値を満たさないすべての情報技術装置である。



EIZOの最新製品は EIZOダイレクト (特選街情報)




特選街 nx-stationさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。