作家の五木寛之さん(77)が、1978年から務める直木賞選考委員を辞任する意向を示していることが19日、分かった。

 同日発行の日刊ゲンダイの連載エッセーで明らかにした。

 五木さんは22日発売予定の「オール読物3月号」(文芸春秋刊)に佐々木譲さんの同賞受賞作「廃墟に乞(こ)う」の選評を書いたが、その中に「間違いがあった」ため責任を取るという。

 同誌編集部によると、五木さんは誤って、佐々木さんの作品中にはない「破顔した」という表現について言及した。文芸春秋側では「見過ごしたのは我々のミス」として慰留している。

小沢氏「自民・青木氏は時代的役割終えた」(読売新聞)
<温室効果ガス>家庭部門では半減 25%減へ国内のみ試案(毎日新聞)
<裁判員裁判>死刑反対で候補者辞退も 米子の強殺事件(毎日新聞)
<火災>住宅の一室焼け、女性死亡 大阪・西成(毎日新聞)
プルデンシャル元社員、起訴内容認める=インサイダー事件-東京地裁(時事通信)
AD