3歳から始まったアトピー地獄から代替医療を彷徨い、

健康食品の商品開発・販売を経て起業!

健康食品のOEM商品開発、機能性原料の販売を行う

株式会社ナチュラリンクの石関です。


なぜ、文系出身で元ミュージシャン志望の男の子健康食品で起業することになったのか?

メラメラ 初めての方は、こちらの プロフィール をご覧ください。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-08-28 16:20:28

モリンガシード、ワサビノキ種子は食べてもGood

テーマ:├ 素材・成分紹介
こんにちは、石関です。

化粧品原料として、スキンケアやヘアケア製品で使用されるワサビノキ種子オイル。
ワサビノキ種子エキスもありますが、これは化粧品の登録名称で、モリンガシードオイルとも言われます。

モリンガといえば、モリンガ葉をイメージするかもしれませんが、モリンガは全ての部位において用途があり、ムダがない植物といわれます。

健康食品では、モリンガ葉が使われていますが、実はモリンガの種、シードは化粧品のみならず、食用可能です。


先日フィリピンでモリンガシードを撮影することができました。
こちらは、モリンガの実の部分です。大きくヘチマのように垂れ下がっているますね!
意外に大きいのでびっくりしました。




実の部分を割って、拡大するとこんな感じです。





実の中にぎっしり種が詰まっています。





この種を搾るとピュアなオイルがとれるのですが、この種、皮をむいて食べることができます。
こんな感じでパッケージされます。




この種、オイルにして塗ってもべたつかず、しっとり保湿に役立ちますが、食べてもなかなか良い効果が得られるそうです。特に肝臓が弱っている方にはお勧めです!


若干苦味がありますが、不思議なことにこの種を食べてから水を飲むと、あら不思議!苦味が甘味に変わるのがわかります。

以前、オーガニックExpoで出展、試食していただいたときにも大好評でした^^

しかしながら、このシードを食用に利用すると、化粧品用のオイルがとれないというジレンマがあります。最近モリンガシードオイルも人気ですので、今のところオイル優先ですが、今後おそらく、食品用としてのシード利用も進んでいくものと思われます。


それまでは、モリンガ葉をよろしくお願いします!


AD
2014-08-27 17:25:00

酵素飲料といえますか!?

テーマ:├ 薬事法
こんにちは、石関です。

今日は、巷で人気の酵素飲料について書きたいと思います。

酵素の力でダイエット!という謳い文句で様々な商品が販売されています。
しかしながら、その多くは植物発酵エキスを主体とした清涼飲料水であって、酵素飲料ではありません(そもそも「酵素飲料」という区分がありません)。

さらに、酵素は消化酵素のように医薬品で使用されているため、「酵素の力で○○!」のように書くと、消費者に誤認を与える要因になります。

そこで、いまネット等で売られている商品ページを見ると、ほとんどが酵素パワーなどとうたっていますが、市場が大きく露出も多いので、今後行政から指導が入る可能性が大です。


また、酵素とうたうなら、商品に酵素がどの程度生きているのか(活性されているのか)示さないとわかりませんが、薬事法上、酵素力価を示すことはNGです。しかしながら、法律上、酵素力価を示せたとしても、酵素飲料で力価をPRできる会社はおそらくゼロでしょう。
なぜなら、製造工程で加熱殺菌されることもさることながら、液体中では酵素は失活に向かうからです。


では、「どうしたらいいか?」ですが、具体的にどのような商品であれば良いかはここでは割愛し、土台の考え方について触れたいと思います。基本的に、現在の酵素商品の営業トークは以下のように挙げられます。


・体内酵素の節約、無駄遣いをなくす。
・体内酵素を代謝にとっておき、消化に必要な酵素は外部からできるだけ補給する。


これにあえて付け加えるならば、自らの酵素を創りだすサポートをするということでしょう。酵素は蛋白質。いくら安全な食品素材であっても、生体適合性を考えれば、自ら体内で作り出す酵素を使った方が合理的でもあり、より良い働きをするように思います。


節約という守りのアプローチからさらに一歩踏み込んで、積極的に体内酵素を作るサポートをする。確かに加齢とともに酵素の生産能力は落ちていくかもしれませんが、コラーゲンと考え方は一緒です。補うだけでなく、体内合成をサポート、促進するということです。実際にそのような原料も出回っていますね。


なお、補うという意味では、酵素の母でもある「酵母」もありますが、もっとダイレクトなものを挙げるならば、「青パパイヤ由来の酵素パウダー」がお勧めです。こちらは、最近開発された原料ですが、従来難しかったプロテアーゼの数値が規格化されています。

詳細については、こちらからお問い合わせください。


ありがとうございました!
AD
2014-08-26 17:48:46

月刊「健康と医療」に薬事法講座(全3回)が掲載されました

テーマ:├ 薬事法
こんにちは、石関です。

更新しばらくぶりですが、月刊「健康と医療」誌上にて、薬事法講座の連載記事を書かせて頂きました。

最近、機能性表示解禁に関するセミナーや報道が多いですが、安倍政権が発表した規制改革により、今まで公に販売されていなかった病院でも、これから本業の付随業務としてサプリメントの販売が後押しされるようになりました。

特に美容外科は施術の効果をさらにフォローアップあるいは向上させるために、内側からサプリを活用することは理にかなっているといえます。

また、常に最先端の技術を探し、研究しているという意味でも、アンチエイジング・美容領域を専門とするクリニックは、サプリ嫌いのドクターが多いという医師の中でも、比較的サプリにあまり拒否感を持つ方はさほど多くはないと思っています。


話がずれましたが、薬事法に関して「医師なら何を言ってもいい」と勘違いされている方もいるかと思いますが、正確にはそれは院内においてです。診察の中ではOKだとしても、明らかに商品を売るのが目的のシチュエーションでは、それがたとえクリニック専用の商品だったとしても、広告物では自由に表現できません。


「本来助かるはずであろう患者の治療の機会を奪ってはならない」というのが薬事法の大原則、つまり国民の健康を守ることなので、治療機会を与えながら、補助としてサプリメントを用いるのはOKです。サプリは薬ではないというのが前提ではありますが、食事療法というのが認知されているくらいですから、サプリ療法といってもよいと思います。
実際、薬と同等の効果が期待できる食品素材があるのは事実なのですから。

しかし、そうはいっても、薬事法始め、コンプライアンス遵守は避けられない課題です。

薬事法の理解をさらに深めたい方は、無料のメールセミナーがありますので、こちらをご覧ください。

ありがとうございます!

AD

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>