やる気スイッチ

テーマ:

こんにちは

 

管理栄養士 YUHI-雄飛です。

 

 

 

〇やる気スイッチ

 

 生活を改善するには、まず”考え方”が変わる必要があります。

 

 人間は思い込みをしやすい特徴があり、

 

 

 ”できない”と思い込んでいる場合も少なくありません。

 

 たくさんの方を生活改善のカウンセリングをしていると、

 考え方が変わって積極的に取り組めるようになる方がいらっしゃいます。

 

 (私はそれがやりがいでもあります(^_^)

 

☆生活改善の第一歩は”考え方”を変え、やる気スイッチをONにする

 

 

 

 

〇人に話すことで発見がある

 

カウンセリングで私がしていることは、質問して話しを聞くこと。

 

私が具体的な説明をしなくても自ら気づいて具体的な目標を設定できる人もいます。

 

うまく改善した生活をイメージできない人は、質問しながらイメージを膨らませていきます。

 

人は自分の発した言葉に大きな影響を受けます

 

つまり、カウンセリングの時に自分の現状を人に話すという作業が大切です。

 

一人で考えているだけでは得られないものを見つけることができるでしょう。

 

 

 

〇専門家の役割

 

 健康や食の情報にあふれている現代では、どれが効果的なのか、よくわからなくなります。

 

 専門家の長所は、クライアントの状況に合わせた効果的な情報を提供できることです。

 

 ・情報の取捨選択

 ・成果を出すための優先順位の提示

 ・太らない生活習慣のための知識の提供

 ・具体的なやり方、成功パターンの紹介

 ・やる気のきっかけ作り

 

 体重を減らすためにも、スポーツで上達するためにも

 

 成果をスピーディーにだしたければ、専門家を頼ることをおすすめします。

 

 

 

〇おまけ

 

 今は栄養学の専門家として働いていますが、過去に苦い経験があります。

 

 学生時代、テニスを熱心にやっていました。

 

 しかし、独学で上達を試みたため、良い成績を残すことができませんでした。

 

 今と違い、気軽にyoutubeが見れる時代ではないためプロの試合を見ることもありません。

 

 近くにテニススクールもなかったため、専門家から学ぶ環境がありませんでした。

 

 ものすごい練習量だったものの、成果が伴わなかった苦い経験です。

 

 成功法則 → 良い師匠(専門家)を見つける

 

AD