ここまでの成績

3戦(1・2・1・2)

フラワーC ◎ファンディーナ 1着 ○ドロウアカード 3着

毎日杯 ◎サトノアーサー 2着 ○ガンサーリュート 8着

日経賞 ◎レインボーライン 4着 ○ミライヘノツバサ 2着

 

※波乱度の星の目安
★☆☆☆☆:馬連20倍以下、3連単200倍以下
★★☆☆☆:馬連50倍以下、3連単1000倍以下
★★★☆☆:馬連100倍以下、3連単5000倍以下
★★★★☆:馬連300倍以下、3連単30000倍以下
★★★★★:馬連300倍以上1000倍以下、3連単80000倍以下
★★★★★★:馬連1000倍以上、3連単80000倍以上(普段この波乱度を出すことはありません)

 

 

中山11R:マーチS

  

見出し「復調アルタイルの差しきりV」

      

波乱度「★★★★★」

自信度「★☆☆☆☆」

 

◎アルタイル

 

  

中京11R:高松宮記念

 

見出し「一叩きでガス抜きしたシュウジが得意の中京でG1を」

           

波乱度「★★★★☆」

自信度「★☆☆☆☆」

 

本紙見解:本紙の本命は◎シュウジ。前走はイレ込みが激しく、直線では既に余力がなかったためあっけなく敗れたものの、まともな状態ならばあのメンバーには負けず、ここでも1人気になったことだろう。一叩きされて状態は上向き、ここをピークに仕上げられた今回は巻き返し必至だ。大敗したことで他馬のマークがデムーロのレッドファルクスに向かうため、気楽な立場での一発を狙えることもプラスと言えよう。日経賞でも1、2、4着を独占し、3歳で北海道の1200Mを初の2勝を遂げたハイレベルの4歳世代が本番のここでも怖い存在だ。

買い目は◎○▲の複勝で。

 

◎シュウジ

○ソルヴェイグ

▲ワンスインナムーン

 

 

 

 
 
 
この人気馬を斬る!
   
マーチS
ディアデルレイ
理由:OP戦で敗れてからの2人気、経験の浅い木幡息子と、荒れる中京では人気を裏切る可能性が高い。
 
  
高松宮記念
メラグラーナ
理由:弱い面子のオーシャンSを勝ったばかりでこの人気では狙い辛く、本気で走っていないのに同馬と差がないナックビーナスを狙った方が面白いのではないかと判断する。
 
  
 

 

 

 

AD

ここまでの成績

4戦(0・0・1・5)

中山牝馬S ◎パールコード 4着

フィリーズレビュー ◎アズールムーン 15着 ○ゴールドケープ 3着

ファルコンS ◎ラニカイサンデー 9着 ○ダイイチターミナル 4着

若葉S ◎シャイニーゲール 5着

 

※波乱度の星の目安
★☆☆☆☆:馬連20倍以下、3連単200倍以下
★★☆☆☆:馬連50倍以下、3連単1000倍以下
★★★☆☆:馬連100倍以下、3連単5000倍以下
★★★★☆:馬連300倍以下、3連単30000倍以下
★★★★★:馬連300倍以上1000倍以下、3連単80000倍以下
★★★★★★:馬連1000倍以上、3連単80000倍以上(普段この波乱度を出すことはありません)

 

 

中山11R:スプリングS

  

見出し「走っても人気しないエトルディーニュの初重賞勝ち」

      

波乱度「★★★★☆」

自信度「★★☆☆☆」

 

本紙見解:本紙の本命は◎エトルディーニュ。常に掲示板を確保と、善戦を続けているにも関わらず人気がなく、共同通信杯2着、札幌2歳S4着、アイビーS3着はこのメンバーでも実績はサトノアレス、モンドキャンノに次ぐ存在と言っても良い。このレースは共同通信杯組が好成績で、人気のひいらぎ賞組とはコンマ4秒差以内と人気ほどの差はないだろう。前走共同通信杯では良血馬のムーヴザワールドやエアウインザーを負かしており、価値が高いのは昨秋アイビーSの3着で、ソウルスターリングとペルシアンナイトと言った強豪相手に府中でコンマ5秒差以内ならばここでも充分勝ち負けとなるはずだ。

買い目は◎の複勝等で。

 

◎エトルディーニュ

○モンドキャンノ

▲プラチナヴォイス

☆ウインブライト

 

 

 

 

 

阪神11R:阪神大賞典

  

見出し「サトノダイヤモンドが難なく勝って天皇賞へ」

           

波乱度「★☆☆☆☆」

自信度「★★★☆☆」

 

本紙見解:本紙の本命は◎サトノダイヤモンド。対抗には○シュヴァルグラン。

▲にスピリッツミノル。このレースの焦点は3着争いで、上位2頭とは違って熾烈な争いが想定される。3人気以下の他馬は既に終わった馬や阪神(坂?)が苦手な馬など人気ほどの差はなく、重賞でも好走したパドルウィール、ツクバアズマオー、ラブラドライドらと差のないレースをしている同馬の方が食指が動く。ここに来て成長曲線がピークに向かっていると判断し、今回は好枠1番枠を引き当て、人気薄の気楽な立場での一発に期待したい。

買い目は◎○からの3連複流し。

 

◎サノトダイヤモンド

○シュヴァルグラン

▲スピリッツミノル

☆トーセンバジル

△マドリードカフェ

△タマモベストプレイ

 

 

 

 
 
 
この人気馬を斬る!
 
スプリングS
トリコロールブルー
理由:鞍上デムーロで人気を集めているが、他の人気馬とは戦ってきた相手が弱すぎ、タガノアシュラに勝てないようでは重賞勝ち負けは現段階では厳しいか。
 
 
阪神大賞典
ワンアンドオンリー
理由:かつてのダービー馬も神戸新聞杯以降は国内で3着以内すらなくコマツヒカリの14連敗を越えて16連敗してしまい、橋口師にダービートレーナーの称号という役目を終え、ピークも過ぎた今はオペックホースの32連敗を越える前に早く引退させてあげたほうが良い。
 
 
 

 

 

 

 
AD

土曜日の成績

オーシャンS ◎ブレイブスマッシュ 4着

チューリップ賞 ◎リスグラシュー 3着

 

※波乱度の星の目安
★☆☆☆☆:馬連20倍以下、3連単200倍以下
★★☆☆☆:馬連50倍以下、3連単1000倍以下
★★★☆☆:馬連100倍以下、3連単5000倍以下
★★★★☆:馬連300倍以下、3連単30000倍以下
★★★★★:馬連300倍以上1000倍以下、3連単80000倍以下
★★★★★★:馬連1000倍以上、3連単80000倍以上(普段この波乱度を出すことはありません)

 

 

中山11R:弥生賞

 

見出し「カデナが勝って混戦牡馬クラシック戦線を抜け出す」

 

波乱度「★★☆☆☆」

自信度「★★★☆☆」

 

本紙見解:本紙の本命は◎カデナ。京都2歳Si以来だが、4戦して敗れた2頭は牝馬で、クイーンCを勝ったアドマイヤミヤビとアルテミスSで3着したシグルーンのため、まだ牡馬には先着を許していない。今年はソウルスターリングを筆頭とした牝馬クラシックの方がレベルが高く、朝日杯組は総じてレベルが低いため、牡馬はここまでクラシック級はレイデオロ、ブレスジャーニーくらいしかいない。それに次ぐ存在がカデナ、サトノアーサー、スワーヴリチャードで、こことスプリングSと若葉S次第で皐月賞の様相が見えそうだ。しかし、前述の2頭が休み明けぶっつけの皐月賞となれば波乱は必至で、使った強みで同馬が本番でも浮上し、弥生賞を勝てれば主役級として挑むこととなるだろう。

買い目は◎の複勝で。

 

◎カデナ

○ダイワキャグニー

    

  

  

 

この人気馬を斬る
   
弥生賞
サトノマックス
理由:人気を集めているが、1戦1勝馬で弥生賞を勝つには余程抜けた力か、このレースで終わるかのどちらか極端な馬でもない限り難しい。

 
 

 

 

 

AD

今年はG1シリーズと阪神開催がある時のみ毎週配信を予定しております。

 

※波乱度の星の目安
★☆☆☆☆:馬連20倍以下、3連単200倍以下
★★☆☆☆:馬連50倍以下、3連単1000倍以下
★★★☆☆:馬連100倍以下、3連単5000倍以下
★★★★☆:馬連300倍以下、3連単30000倍以下
★★★★★:馬連300倍以上1000倍以下、3連単80000倍以下
★★★★★★:馬連1000倍以上、3連単80000倍以上(普段この波乱度を出すことはありません)

 

 

中山11R:中山記念

  

見出し「好調デムーロを背にネオリアリズムが先行押し切り勝ち」

 

波乱度「★★★★☆」

自信度「★★☆☆☆」

 

本紙見解:本紙の本命は◎ネオリアリズム。昨年はモーリスを敗る金星をあげ、マイルCSでも厳しい流れで3着に粘りこむなど地力の強化が伺える。香港マイルは参考外で、立て直してきたここは巻き返し必至だろう。開幕の馬場は前に行く同馬に有利で、鞍上のデムーロはフェブラリーS、アーリントンC勝利と勢いがあり、好調時は手が付けられないため、ここも無様なレースはしない。相手は強いが、ここでも十分勝ち負け可能だろう。

買い目は◎の複勝で。

 

◎ネオリアリズム

 

 

 

 

阪神11R:阪急杯

 

見出し「差しで新境地のシュウジが勝って高松宮記念へ」

  

波乱度「★★★☆☆」

自信度「★★★★☆」

 

本紙見解:本紙の本命は◎シュウジ。3歳夏時から古馬に混じって互角の勝負を演じており、強い4歳世代の名に恥じない活躍を見せている。何故かスプリンターズSで4着しながら人気落ちの前走阪神Cでは今回と同じ舞台で差してイスラボニータを下している。前走よりもここは明らかにメンバーが楽と言え、例年の阪急杯メンバーを考えれば信じられない程の手薄さで、ロサギガンティアが押し出された2人気になるここは堂々の主役として勝って高松宮記念へ向かうか。

買い目は◎の複勝。

 

◎シュウジ

 

 

 

 
 
 
この人気馬を斬る!
 
中山記念
リアルスティール
理由:ここは叩き台で、鞍上の戸崎の調子が年明け以降良くないため、ここ狙いの馬たちの後塵を拝すると判断した。
 

阪急杯
カオスモス
理由:武幸四郎の引退記念で人気を集めているが、馬も騎手も調教師もピークを過ぎており、G1前哨戦の重賞で勝てるほど甘くない。
 
 

 

 

 

※波乱度の星の目安
★☆☆☆☆:馬連20倍以下、3連単200倍以下
★★☆☆☆:馬連50倍以下、3連単1000倍以下
★★★☆☆:馬連100倍以下、3連単5000倍以下
★★★★☆:馬連300倍以下、3連単30000倍以下
★★★★★:馬連300倍以上1000倍以下、3連単80000倍以下
★★★★★★:馬連1000倍以上、3連単80000倍以上(普段この波乱度を出すことはありません)

 

東京11R:フェブラリーステークス

 

見出し「後ろからの人気馬を尻目にアスカノロマンが抜け出す」

 

波乱度「★★★★☆」

自信度「★★☆☆☆」

 

本紙見解:本紙の本命は◎アスカノロマン。暮れのチャンピオンズカップで先行総崩れの中で唯一3着に粘りこみ、昨年もフェブラリーSで3着している実力を見せてつけて低評価を覆した。地方の馬場が同馬には合わないようで、中央のここなら強敵相手でも勝ち負けは可能だろう。前走の東海Sを2人気で8着して人気を大幅に落としているが、前走は不利が全てでまともに走っておらず、人気落ちのここは再びチャンピオンズカップの再現の可能性が高まってきた。フェブラリーSは根岸Sと違って最後方追い込みは決まらず、逃げ先行馬もそこそこ残る流れになりやすく、今年は人気馬がほぼ中団よりも後ろで形成し、先行馬のアウォーディーもいないため、同馬の出番が来ると判断する。

買い目は◎○▲☆の複勝で。 

  

◎アスカノロマン

○エイシンバッケン

▲コパノリッキー

☆モーリス

注カフジテイク

 

 

 

 

小倉11R:小倉大賞典

 

見出し「走っても人気にならないケイティープライドの好位差し」

 

波乱度「★★★★☆」

自信度「★★☆☆☆」

 

本紙見解:本紙の本命は◎ケイティープライド。走っても人気にならず、昨年の走りを見ればここでも上位は可能と判断。手の内に入れた鞍上鮫島が重賞タイトルを取るチャンスが巡ってきた。

買い目は◎○▲の複勝。

 

◎ケイティープライド

○クラリティスカイ

▲マイネルハニー

 

 

 

 
 
 
この人気馬を斬る!
 
フェブラリーS
ノンコノユメ
理由:差し脚は鋭いが、ピークは3歳時で下降線に入っていると考えられ、同脚質のサウンドトゥルーやカフジテイクの方が切れ味は上だと判断する。
 

小倉大賞典
マルターズアポジー
理由:前に行きたい馬も多く、福島のような楽な展開にならないと判断しここは見送り。
 
 
 
 

土曜の成績

 

2戦(1・0・1・1)

師走S ◎ブラゾンドゥリス 3着

阪神カップ ◎シュウジ 1着 ○ダンスディレクター 4

 

 

※波乱度の星の目安
★☆☆☆☆:馬連20倍以下、3連単200倍以下
★★☆☆☆:馬連50倍以下、3連単1000倍以下
★★★☆☆:馬連100倍以下、3連単5000倍以下
★★★★☆:馬連300倍以下、3連単30000倍以下
★★★★★:馬連300倍以上1000倍以下、3連単80000倍以下
★★★★★★:馬連1000倍以上、3連単80000倍以上(普段この波乱度を出すことはありません)

 

中山9R:ホープフルステークス

 

見出し「実は骨っぽい相手だった馬たちを相手に好走したサングレーザーがここを勝つ」

 

波乱度「★★★★☆」

自信度「★★☆☆☆」

 

本紙見解:本紙の本命は◎サングレーザー。デイリー杯まではそんなでもなかったが、朝日杯FSを終えて状況はガラリと一変したと言えよう。新馬戦ではサウジアラビアRCを2着したダンビュライトの3着し、続く未勝利戦では後の朝日杯FS馬となるサトノアレスに完勝と、続くデイリー杯2歳Sではこれまた朝日杯で3着したポンセルヴィーソの差のない3着と終わってみれば骨っぽいところを相手に好走し、そんなに強くない相手に連勝して過剰人気のレイデオロよりも実績的には同馬の方が上だろう。ディープ産駒なら距離延長の2000Mはマイナスではなく、鞍上の武豊もここを勝った勢いで次の大一番に気分良く挑むと判断する。3戦全て異なる競馬場で結果を残しており、中京で走れれば初の中山でも問題ないだろう。

買い目は◎の複勝一点勝負で。

 

◎サングレーザー

 

 

 

 

中山10R:有馬記念

 

 

見出し「現役古馬最強2勝馬のサウンズオブアースが初G1を制覇する」

 

波乱度「★★★☆☆」

自信度「★★☆☆☆」

 

本紙見解:本紙の本命は◎サウンズオブアース。京都新聞杯の2着に始まり、前走のJCまで述べ重賞で7回の2着と同じ社台系だったステイゴールド並みのシルバーコレクター振りだが、勝ち味がないだけで実力的にはいつ重賞を勝ってもおかしくはない存在だ。同馬の勝負レースでは大舞台でしかやる気を出さない男Mデムーロが騎乗し、昨年の有馬記念も2着し、JCも2着している。今回は3枠6番と有馬記念では2枠4番に次ぐ有利な絶好枠を引き当て、マルターズアポジーがいる関係で今回は2番手濃厚なキタサンブラックが楽逃げ出来ず、サトノダイヤモンドが早めにキタサンブラックを捕まえに行けば、その後ろから直線半ばから一気の差し切りも有り得そうだ。

買い目は◎▲の複勝。○からの枠連流しで。

 

◎サウンズオブアース

○キタサンブラック

▲ミッキークイーン

☆サトノダイヤモンド

△シュヴァルグラン

△ゴールドアクター

 

 

 

 
 
 
この人気馬を斬る!
 
ホープフルS
コスモス
理由:地方馬だが、人気を集めているものの、父フリオーソとダート血統で北海道シリーズと違い駒が揃っている年末の中央場所では狙い辛い。
 

有馬記念
マリアライト
理由:昨年も4着と好走したが、今年も大外枠で今開催の8枠は比較的来ているとは言え、秋を迎えてツキがなく、馬に加えて鞍上の蛯名も秋の中央G1では良いところなく全く乗れていないため軽視したい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 
 
 

土曜の成績

 

3戦(0・1・0・5)

ターコイズS ◎クロコスミア 14着 ○ビービーバーレル 15着

中京日経賞 ◎シゲルノコギリザメ 13着 ○グラミスキャッスル 5

リゲルS ◎サトノラーゼン 2着 ○ポールライトニング 4着

 

 

※波乱度の星の目安
★☆☆☆☆:馬連20倍以下、3連単200倍以下
★★☆☆☆:馬連50倍以下、3連単1000倍以下
★★★☆☆:馬連100倍以下、3連単5000倍以下
★★★★☆:馬連300倍以下、3連単30000倍以下
★★★★★:馬連300倍以上1000倍以下、3連単80000倍以下
★★★★★★:馬連1000倍以上、3連単80000倍以上(普段この波乱度を出すことはありません)

 

阪神11R:朝日杯フューチュリティステークス

 

見出し「相手に恵まれたダンビュライトがG1を勝ってクラシックへ」

 

波乱度「★★★☆☆」

自信度「★★☆☆☆」

 

本紙見解:本紙の本命は◎ダンビュライト。新馬勝ち後、前走サウジアラビアロイヤルCでは2歳牡馬のトップクラスのブレスジャーニーのコンマ2秒差2着し、その敗因もブレスジャーニーが差してきたところに驚いて内に刺さったロスが原因で、真っ直ぐ走っていれば際どい内容で負けて強しと言ったところだ。新馬戦では5馬身差を千切ったため、相手が弱いと考えがちだが、現時点で出走馬13頭中同馬を含み5頭が未勝利を勝ちあがり、3着のサングレーザーはデイリー杯2歳Sでは3着している。今年の朝日杯は牝馬のミスエルテが1人気となる程メンバーの層が薄く、同馬でも十分に勝ち負け出来ると判断した。ターコイズSを制した鞍上ルメールも手応えを感じており、勝って戸崎とのJRAリーディング争いを制したいところだ。

買い目は◎の単勝、複勝。○の複勝、▲からの枠連流しで。

 

◎ダンビュライト

○レッドアンシェル

▲クリアザトラック

☆ミスエルテ

 

 

 

 
 
 
この人気馬を斬る!
 
朝日杯FS
モンドキャンノ
理由:新馬1200M+函館2歳をセットで使った馬で近年まともに朝日杯で馬券圏内に入った馬はおらず、前走の京王杯2歳Sも牝馬のレーヌミノルが2着と相手に恵まれての勝利で積極的には狙いたくない。
 
 
 
 
 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

阪神ジュベイナルフィリーズまでの土曜の成績

 

5戦(1・1・3・3)

京都2歳S ◎アダムバローズ 10着 ○ベストアプローチ 3着

ステイヤーズS ◎ファタモルガーナ 2着

金鯱賞 ◎サトノノブレス 3着

逆瀬川S ◎オースミナイン 7着 ○クリノラホール 1着

チャレンジカップ ◎ブラックスピネル 5着 ○ケイティープライド 3着

 

 

※波乱度の星の目安
★☆☆☆☆:馬連20倍以下、3連単200倍以下
★★☆☆☆:馬連50倍以下、3連単1000倍以下
★★★☆☆:馬連100倍以下、3連単5000倍以下
★★★★☆:馬連300倍以下、3連単30000倍以下
★★★★★:馬連300倍以上1000倍以下、3連単80000倍以下
★★★★★★:馬連1000倍以上、3連単80000倍以上(普段この波乱度を出すことはありません)

 

中山11R:カペラS

 

見出し「芝スタートと距離短縮でノボバカラが巻き返す」

 

波乱度「★★★★☆」

自信度「★☆☆☆☆」

 

本紙見解:本紙の本命は◎ノボバカラ。ここ2戦の敗因は明らかで、東京盃は不良馬場が合わず、前走は距離が長い上に覇気がなくて大人しかったため本来の走りが出来ていないためであった。今回は走る時のうるささが戻ってきており、芝スタートの中山でテンで好位に付けられ、1番枠を引いたことで陣営の腹は固まったと見て良く、プロキオンSのような直線抜け出してからの押しきり勝ちが理想的な展開か。

買い目は◎の応援馬券で。

 

◎ノボバカラ

 

阪神11R:阪神ジュベナイルフィリーズ

 

見出し「大器リスグラシューが2歳女王となり来春の飛躍を」

 

波乱度「★★★☆☆」

自信度「★★★★☆」

 

本紙見解:本紙の本命は◎リスグラシュー。仕上がりが遅いハーツクライ産駒で初戦は未だ身体が出来上がっていないため展開のアヤでクビ差不覚を取ったが、2戦目の実力が問われる阪神1800Mコースでハイペースの中を前が崩れる中で同馬はあっさりと突きぬけて後続に4馬身差のレコード勝ちと、2着のガンサリュートは次走で後に京都2歳Sを勝ったカデナと差のないレースをしていることからも来週の朝日杯に出ても好勝負可能だろう。前走は直線で危なげなく抜け出して良血のフローレスマジックを相手に完封し、スローで差がつきにくい流れで3着には4馬身差をつけている。レースごとに力を付けており、相手は強くなるがここも来春への通過点となるだろう。大外18番枠だが、阪神マイルはむしろ有利で、揉まれずにスムーズにレースを運べれば自ずと結果はついてくるはずだ。

買い目は◎の単勝、複勝、枠連流しで。

 

◎リスグラシュー

○ジューヌエコール

▲サトノアリシア

 

 

 

 
 
 
この人気馬を斬る!
 
カペラS
タールタン
理由:ベストは左回りであり、人気で飛ばしている右回りに加え、高齢馬が不振の同レースでこの人気は狙い辛い。
 
阪神JF
ソウルスターリング
理由:フランケルと母と合わせて16冠ベビーで、アイビーSの勝ちっぷりから人気を集めているが、相手が弱かっただけであり、スターホースを作りたいJRAの策略が見え見えと、初の一線級が相手となるここでは過剰人気と判断した。
 
 
 
 
 
 

 

 

 

※波乱度の星の目安
★☆☆☆☆:馬連20倍以下、3連単200倍以下
★★☆☆☆:馬連50倍以下、3連単1000倍以下
★★★☆☆:馬連100倍以下、3連単5000倍以下
★★★★☆:馬連300倍以下、3連単30000倍以下
★★★★★:馬連300倍以上1000倍以下、3連単80000倍以下
★★★★★★:馬連1000倍以上、3連単80000倍以上(普段この波乱度を出すことはありません)

 

中京11R:チャンピオンズカップ

 

見出し「充実アポロケンタッキーが府中2100M専用機ではないことを証明する」

 

波乱度「★★★☆☆」

自信度「★★★☆☆」

 

本紙見解:本紙の本命は◎アポロケンタッキー。昨秋からの連戦で府中2100M専用機と思われていたが、シリウスSで強敵2頭を相手にクビアタマ差の3着と差のないレースをしており、頼みの府中2100MブラジルCで1人気を裏切って大敗したことで覚醒し、前走のみやこSでは直線で長く良い脚を使って1人気のグレンツェントらを封じ込め重賞初制覇と余勢を駆ってG1の舞台に駒を進めてきた。ダート戦線はずば抜けた存在が今はおらず、同馬にも十分チャンスはあると判断する。また乗せて貰えるように頑張りたいと謙虚に言っていた松若だが、大舞台で再度の騎乗機会を貰い、念願の初G1制覇があってもおかしくはないだろう。

買い目は◎▲の複勝、○の単勝で。

 

◎アポロケンタッキー

○アウォーディー

▲モーニン

 

 

 

 
 
 
この人気馬を斬る!
 
チャンピオンズカップ
コパノリッキー
理由:中央ダート馬の傾向で年齢を重ねてピークが過ぎると地方主戦となり、中央では着外のケースが多く、同馬
は地方やフェブラリーSとは対照的に同レースの相性は元々悪い上に、武豊がアウォーディーを選んだことから見ても厳しいか。

 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

※波乱度の星の目安
★☆☆☆☆:馬連20倍以下、3連単200倍以下
★★☆☆☆:馬連50倍以下、3連単1000倍以下
★★★☆☆:馬連100倍以下、3連単5000倍以下
★★★★☆:馬連300倍以下、3連単30000倍以下
★★★★★:馬連300倍以上1000倍以下、3連単80000倍以下
★★★★★★:馬連1000倍以上、3連単80000倍以上(普段この波乱度を出すことはありません)

 

東京11R:ジャパンカップ

 

見出し「人気薄の実力馬レインボーラインが世代勢力図更新に名乗りを上げる」

 

波乱度「★★★★☆」

自信度「★★☆☆☆」

 

本紙見解:本紙の本命は◎レインボーライン。強力な同世代で実力はあるものの、好走しても人気が出ていない。春はマイル路線でそこそこ走っていたが、ダービーのコンマ7秒差8着の結果から、中長距離に路線を変えて強敵を相手に3着、2着と好走している。特にハイレベルだった札幌記念では上位2頭はその後G1で1、3着しており、後の天皇賞馬モーリスにクビ差まで迫ったのは価値があり、秋の番組で3歳馬が上位を賑わせている流れから見て、菊花賞で先着したディーマジェスティが人気するならば、ここでも人気ほどの大差はない。鞍上にはG1でも頼れるルメールを配し、ルメール騎乗でこの人気ならば怖い存在と言えるだろう。

買い目は◎○▲☆の複勝で。

 

◎レインボーライン

○リアルスティール

▲ディーマジェスティ

☆イラプト

 

 

 

 
 
 
この人気馬を斬る!
 
ジャパンカップ
ゴールドアクター
理由:状態は良いが、同馬の真骨頂は中山や北海道等の小回りコースででこそ発揮するため、今回は見送り。他の上位人気馬と較べて鞍上が浮いているのも秋の最大舞台ではマイナス要因だ。