宝塚記念はまたしても企画馬に1着を搔っ攫われました。

1着づけだと4勝6敗でこの企画を終えたんでしょう。

が、しかし、回収率は1勝9敗にも関わらず上回っていますが。


夏の大一番の帝王賞がやって参りました。

本日は帝王賞の予想を本紙のみでお届け致します。


大井11R:帝王賞


本紙見解:アジュディミツオー不在の帝王賞だが、中央からは骨っぽいメンバーが揃い、いかにもダートJp1と言うべきメンバーが集まった。本命は昨年度の東京大賞典の覇者◎ブルーコンコルド。老いてもかしわ記念を快勝したように衰えはない。地方での鞍上は別人なので軽視は禁物だろう。2000Mは既に克服しているので問題はない。相手も昨年の大賞典に比べれば弱くなっている。強いのはサンライズバッカスくらいだろう。後は、トーセンジョウオーやクーリンガー、ボンネビルレコードと念願の2着が叶うかシーキングザダイヤ辺りだろう。終わってみれば3頭の競馬という可能性は十分に考えられる。対抗にはシーキングザダイヤだ。

買い目は枠番連単裏表流し、◎軸の3連複流しで。


◎ブルーコンコルド

○シーキングザダイヤ

▲サンライズバッカス

☆トーセンジョウオー

△クーリンガー

△ボンネビルレコード

注マズルブラスト

注ディープサマー






アイドルマスター XENOGLOSSIA (1)
¥3,938
Amazon.co.jp


AD