塗る漢方の伝わる経路

テーマ:

塗る漢方五情シリーズ

塗る漢方って何?

塗る漢方の原料

塗る漢方の伝わる経路

塗る漢方の使い方

他のアロマ精油との違い

 

塗る漢方のやまいちと申します。


あなたの気になる部分を漢方オイルを

 

使ってマッサージします。

 

だから相乗効果が期待できるのです。

 

使用しているオイルは、漢方薬を作る

 

薬草から抽出されたもので、約1トンの

 

薬草から2キログラムを作り出す貴重なものです。 

 

この薬草のオイルは濃縮したままつか

 

えますので、効果が違います。

 

しかも粒子が細かい、その比は地球と1円玉ほどだそうです
 
ので、お肌に塗布したり深呼吸で鼻から吸った精油は、

 

すぐに吸収できます。

 

どうして粒子が細かいと吸収が早いのか?
 
世界初のナノテクノロジーのオイルだから皮膚からも

 

すぐ浸透していきます(大脳皮層まで約0、6秒)。
 
香りを鼻や皮膚から、肺や大脳へと漢方の精油が早く伝わり、

 

あなたの症状に応じて即効が期待できます。
 
 
どうやって調合したオイルを吸収するの?
 
調合オイルを直接皮膚に塗る方法:首やこめかみ、

 

頭皮に、皮膚  大脳へ塗るサプリ
 
調合オイルを嗅ぐ方法:ゆっくり鼻から吸って、

 

ゆっくり口から吐き出します。鼻  肺・大脳へ吸うサプリ
 
精油を吸収するとどうなるのか?

 
あなたの体調に合わせてオイルを調合します。

 

調合したオイルを肩のこりの部分に塗っ
 
たり、浮腫んだ脚の塗って軽くこすリ込む様にマッサージします 

 

即効性について
 
 ナノテクノロジーにて分子を素粒しているために一般のアロマと
 
 比較しますと、 地球と一円玉ほどの大きさの違いとなります。

 

呼吸から、約0,6秒の早さで大脳辺縁系へ到達、

 

また約0,8で肺胞を通過し血液から全身へとめぐります。
 
 経皮吸収の場合は、約5分6秒ほどで毛細血管 
 
 へ到達し、血液中の酸素や栄養素と共に全身を巡り、

 

約2時間半のケアを終えそのあと、
 
 汗や尿などで完全に排出できるものです。
 
 このように、安心&安全な技術と抽出方により、

 

植物のエネルギーをそのまま体内に取り入れることができ、
 
 しかも副作用も常用性の心配がありませんので、
 
 身近な未病ケアアロマとして、すべての方にオススメ致します。

___________________________


塗る漢方の原料(一部)

 

 カテキン(緑茶): コレステロールの低下作用・

         :殺菌作用・整腸作用

 
 ヨモギ     :抗アレルギー作用・殺菌作用・

          :血液浄化作用

 
 柑橘      :抗酸化作用・健胃作用・調整作用

 
 ローズ     :浄化作用・抗うつ作用・美肌作用

           :ホルモン作用
 
 
 紫蘇      :整腸作用・健胃作用・解毒作用

           :血液浄化作用

 
 シンイ     :鎮痛作用・降圧作用・腸整作用

           :発汗作用

 
 バジル     :鎮痛作用・消化促進効果・抗菌作用

           :抗炎症作用

 
 レンギョウ   :解毒作用・消炎作用・利尿作用

            :排毒作用

 
 薄荷      :解毒作用・解熱作用・鎮痛作用

           :殺菌作用

 

      ローズ

 

___________________________

 

===========================

 

***********************

漢方ビジネスをお考えの方下記をクリックを下さい。
漢方基礎講座 無料メール案内

http://nurukanpou.com/kanpou/

花療法ビジネスをお考えの方下記をクリックを下さい。
フラワーエッセンス(花 療 法)無料メール案内

http://nurukanpou.com/hana/

*********************

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 塗る漢方についてお尋ねがありましたら

 お気軽にメールください。

ご質問やメッセージはコチラからお願いします。
 
http://form.os7.biz/f/e2d92c75/

 

*********************

詳しくはホームページで確認ください
[URL] 
http://nurukanpou.com

 


今後とも宜しくお願い致します。

 


 
発行情報

 [発行者] やまいち

 

 

 

AD

漢方「梅雨:湿邪」

テーマ:

鶴見緑地

漢方「梅雨:湿邪」

天然100%白髪染革命

アロマ精油と五臓六腑

疲労回復に塗る漢方

____________________________________________


塗る漢方の、やまいちと申します。

 


梅雨:湿邪下半身に症状が現れやすい.

「湿邪」湿の邪気は湿気が最も多い時期に現れやすい病邪です。

「湿」は水の性質を持ち、濁って粘り気があると考えられています。

現れやすい症状:

 尿がすっきり出ない・胸のつかえ感・足の浮腫み・関節痛

 倦怠感(だるい・日常的な疲れを感じる)

 (脾・腎)が考えられる。脾と栄養・腎とエネルギー

__________________________

 脾・胃に期待できると思われるアロマ精油

 ペパーミント・レモン・ローズマリー


<ペパーミント> {脾・胃} 

消化器機能調整・消炎・鎮痛・鎮痙・中枢神経機能亢進   

おなじみのハッカです。

さわやかな香りは気分をリフレッシュしてくらます。

乗り物酔いや時差ぼけなどにもよく、

また胃の調子をよくする作用もあります。


<レモン>{脾・胃}

 消化機能調整・中枢神経機能亢進・抗菌・防虫  

 オレンジと並ぶ柑橘系の代表各です。

 オレンジとは反対に刺激を与え、リフレッシュする香りとして用いられます。

<ローズマリー> {心・小腸}

 中枢神経機能亢進・消化機能調整・ 循環促進                                          

 スッキリとしたハーブの香りです。

 心身をリフレッシュし、元気を与えてくれます。

 また、集中力や記憶力を強める作用があります。
_______________________

 疲労・倦怠感が期待できる漢方薬

 補中益気湯・安中散・人参栄養湯

 <補中益気湯>

 胃腸の動きを良くし、気力を付けて疲労を改善する。

 <安中散>

  胃の痛み、胸やけ、胃もたれを改善する。

 <人参栄養湯>

 滋養作用が有り、血液循環、水分循環をよくする。

________________________

 

塗る漢方精油

 

 

 

 疲労・倦怠感が期待できる塗る漢方

 疲 労(一日持たない・寝ると回復する)

 <逍遥>(エティタイダ)…{肝・胆・心・小腸} 

  虚弱体質や心理状態・精神状態が弱った時に適している。
  
  やる気がない人の胸元に塗ると考え方がポジティブにする。

  含有成分
     
  白朮…建胃・止痛・利水
   
  薫衣草(ラベンダー) …ストレス解消
   
  胡桃油(クルミ)  …  肌のタルミ・老化肌改善

 

 <轉大人>(テンダイレン){脾・胃}

   栄養吸収機能を促進に働きかける。
            
  筋肉の収縮を助ける働きがある。

  含有成分
              
  薄荷…人間の成長期には、消化吸収が必要。成長痛を緩和
              
  紫蘇…発汗・建胃・解毒・神経症
              
  芝麻油(チーマ)        … 肥満解消・体内毒素排出

__________________________
 
 
六気六淫(六邪)

 自然界では人体を包む大気は六気に分けられ、

 六気はそのままでは害はないが、過多、不足になった時、
 
 あるいは六気に対して著しく抵抗力をなくした時、

 六気は六淫となり病気の原因となる。
 
 __________________________


<毛染体験教室(ヘナ体験会)>

白髪染革命

これまでの常識を変えてしまう、唯一無二のヘナ誕生

ヴエルサンヘナ「頭皮化粧品」

天然100%ヘナ+安全なHC染料で白髪が黒く染まる。

貴方好みの「天然100%の植物染料」を探して下さい。

天然自然の毛染に拘りがある方は

下記をクリックを下さい。

http://nurukanpou.com/osirase/

 

***********************

自宅(PC)で起業をお考えの方下記クリックを下さい。
起業メルマガ(無料)

http://nurukanpou.com/kigyou/

塗る漢方よる起業をお考えの方下記クリックを下さい。
塗る漢方起業メルマガ(無料)

http://nurukanpou.com/tukaikata/


*********************

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 塗る漢方についてお尋ねがありましたら

 お気軽にメールください。

ご質問やメッセージはコチラからお願いします。
 
http://form.os7.biz/f/e2d92c75/

詳しくはホームページで確認ください
[URL] 
http://nurukanpou.com

 


今後とも宜しくお願い致します。

 


 
発行情報

 [発行者] やまいち

 

 

 

AD

               靭公園

アトピーに期待できる塗る漢方

季節の特徴(梅雨)

塗る漢方「脾」

梅雨と頭痛


肌の手入れ、紫外線に注意下さい。


塗る漢方の、やまいちと申します。

 

季節の特徴(梅雨)(薬膳の基本より)


梅雨  揚子江から日本にかけて、5~6月が梅雨

 

自然界の特徴 長夏(ちようか)(黄河流域では立秋前後が

年間通して一番雨が降る時期) 

 

よく使う食薬

1、辛温発散:辛味があり、温製の性質をもつ食薬により

  湿を発汗させ排泄させます。      
  生姜・ネギ・紫蘇・茗荷・三つ葉

 

2、温燥化湿:温性の性質を持ち、香りがある食薬により

  湿を乾燥させます。       
  さくらんぼ・うど・他

 

アドバイス

1、乾湿なら辛温発散発汗させ、湿をとります。

2、暑湿なら寒涼性の食薬と平性・温性の食薬をバランスよく取り 

    ます。

3、冷たい物・なま物は避けます。

4、しつこい・味の濃い物・脂っこい物を取らないようにします

5、食べ物が傷みやすい時期なので食中毒に気をつけます。


 梅雨の時期と頭痛

  〇余分な水分 〇胃腸虚弱 等が考えられる。

 

頭痛に期待できる塗る漢方

*緊張やストレスからくる頭痛
______________
  
  忘優(ネペンシ)+経絡刮シャ(ケイラクグアシャ)  

  各5滴 ヘッド・全身にトリートメント下さい。

 

<忘優>(ネペンシ) 
 不眠症の解消、ストレス緩和、肝機能向上、鎮静、鎮痛、

 抗鬱、血圧安定、鎮痙解熱、自律神経調整、、  
 目の疲れ緩和に効果のあるとされる漢方本草から抽出さ  
 れたアロマ精油です。

 ストレスから解放してくれるやわらかな香りは、

 あなたの疲れた身体を癒すことでしょう。 
 興奮状態の心身を鎮め、深く穏やかな眠りへと

 いざなってくれることでしょう。
 
 

<経絡刮シャ>(ケイラクグアシャ)  

 全身の経絡の熱排除・滞りを通す、お血解消、毒素排出、

 肩や背中のコリ解消に効果のあるとされる漢方本草から

 抽出されたアロマ精油です。

    

 *気候の変動時・むくみ時の頭痛
__________________

 利水消腫(リスイショウシュ)+経絡刮?(ケイラクグアシャ)

 

 <利水消腫>(リスイショウシュ) 

 水分排泄、体や顔の浮腫み解消、美白に効果のあるとされる

 漢方本草から抽出されたアロマ精油です。

 身体に不可欠の水分も、過剰となってしまうと身体のあちこちに

 不調が出てきてしまいます。下半身の浮腫みだけでなく、

 肌のくすみ、冷え、だるさ、胃腸機能低下、汗や尿の排泄、

 生理への影響にまでおよびます。

_________________________

<功能シリーズ>(イタミ)

 身体の各所に発生する痛みと、それに伴うストレスを

 感じた時にご使用ください。 (人気商品です。)
              
 期待できる適応例
 
 関節痛・膝の痛み ・頭痛・偏頭痛・肩の痛み ・

 腰痛 ・その他の痛み全般 ・歯痛

 

 

***********************
塗る漢方を貴方の養生法にお考えの方下記クリックを下さい。
塗る漢方起業メルマガ(無料)

http://nurukanpou.com/tukaikata/
**********************


最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 塗る漢方についてお尋ねがありましたら

 お気軽にメールください。

ご質問やメッセージはコチラからお願いします。
 
http://form.os7.biz/f/e2d92c75/

 

あなたの夢を応援するやまいちのアメブロ (^^♪)
⇒http://ameblo.jp/nurukanpoua/

今後とも宜しくお願い致します。

 詳しくは
 [URL] 
http://nurukanpou.com


 
発行情報

 [発行者] やまいち
 
  

 

 

AD

塗る漢方体験教室案内

テーマ:

  大坂城梅林公園

 

塗る漢方体験教室案内

場所:大坂市立北区民センター

日時:5月28日

:13時30分~15時30分

 

アメブロスタッフさんへのお礼

 

塗る漢方の、やまいちと申します。


みなさまへ、ブログが3月末からトラブがり更新が出来ませんでした

その間にメッセージを頂いた方、読者登録頂いた方、いいね、等頂いた方

申し訳ございませんでした。


アメブロスタッフさんへ

今回のトラブルではアメブロのスタッフの方には、何回も同じ

問い合わせに親切に回答を頂き本当に助かりました、有難うございました。


今回のブログのトラブルを漢方的に捉えて「思い、悩む、考える」で

{脾・胃}という事になります。

 

脾・胃に期待できる塗る漢方

<漢方五情シリーズ>(脾) 思=脾

悩みが多い時、胃が重く感じる時などにご使用ください。

 期待できる適応例
 
腹の膨張感、下痢・便秘の繰り返し、静脈瘤がでやすい、

顔や首にタルミが出る、お腹は空くが食べたくない、甘い物大好、冷え込む、胃下垂になりやすい、筋肉がつきにくい、  
ブヨブヨ体質、低体温、物事に悩みやすい、
免疫機能の回復補助ケア

 

お客さんの声
20代女性  

日頃から胃腸が弱く、トイレの回数が多くストレスに感じていましたが、

塗り始めてから、急な腹痛がないので正直驚きました。 
スーッとしみわたる感じが心地よくて気に入ってます。

===================

 

塗る漢方体験教室(無料)案内


場 所 大阪市立北区民センター  

住 所 大阪市北区扇町2-1-27

日時 5月28日(日)13時30分~15時30分(約2時間)

アクセス≫地下鉄堺筋線・「扇町」JR環状線・「天満」下車すぐ 
https://www.osakacommunity.jp/kita/sisetu_a.html


<塗る漢方体験教室>

みなさま、『塗る漢方』ってご存じですか?

漢方って聞くとたいていの人が飲むイメージをお持ちですが、

塗る漢方があるのです。漢方医学の知恵と西洋のアロマテラピーの

融合により生まれたものです。

煎じて飲みことを必要とせずに臓腑に負担をかけないものです。

塗る漢方は、何がそんなにすごいかと申しますと、

漢方の成分が皮膚から浸透し直接臓腑器官に働きかけてくれるまさに

『飲む漢方薬』を『塗る漢方』に変えた今までにない

画期的な漢方アロマ精油です。

 

体験会内容

○塗る漢方がその場で実感して頂けます。

○塗る漢方とは何をかあなたの「目」で確かめ 

  て頂けます。

○塗る漢方をあなたの身体で感じて頂けます。

○化粧品しての塗る漢方を試して頂けます。

○あなたの症状を緩和する塗る漢方を探して 

  頂けます。
 

どうぞお友達と共にお気軽に起こし下さい皆様のご来場を

心よりお待ちしております。


(順定員になり次第締め切ります)

 
詳しくは ホームページ
http://nurukanpou.com」で確認ください。

 

 *お申込みご希望の方は以下の内容をメー 

   ルで送信ください。

  参加者名(姓・名)フリガナ

  ご連絡先 E-mail


 メール送信先 E-mail  sizenryouhou-ya@kvd.biglobe.ne.jp

 

お問い合わせ:自然療法研究所  06-6372-3922


*体験教室に参加できない方で「塗る漢方」に 

  興味がある方

 自宅PCで塗る漢方をお試し下さい。
 
 下記をクリック下さい。 ↓↓↓↓
10回無料塗る漢方使い方のメルマガ
 
http://nurukanpou.com/tukaikata/

*******************

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 塗る漢方についてお尋ねがありましたら

 お気軽にメールください。

ご質問やメッセージはコチラからお願いします。
 
http://form.os7.biz/f/e2d92c75/

 

あなたの夢を応援するやまいちのアメブロ (^^♪)
⇒http://ameblo.jp/nurukanpoua/

今後とも宜しくお願い致します。

 [URL] http://nurukanpou.com


 
発行情報

 [発行者] やまいち
 
  

 

 

 

 

 

 

 

 

漢方・季節の特徴(春)

テーマ:

大坂城梅林公園

漢方・季節の特徴(春)

 

アトピー・花粉症に期待できる塗る漢方

春の養生

朝は早く起きてゆっくり散歩する

 

塗る漢方の、やまいちと申します。


漢方・季節の特徴(春)ついて書いていきます。

(薬膳の基本より)

春  立春から立夏まで3か月間
  
自然界の特徴  陰消陽長(いんしょうようちょう)
        
季節の特徴 

春は陽気が育ち、生長が促進され、すべての物が芽生え
           
生き生きと育つ「発生」の季節


外因邪気としての風邪の特徴

1、陰陽学説からみると風邪は陽に属する邪気です。

2、善行(ぜんこう)の性質により、邪気があちこちに移動します。

3、数変(すうへん)の性質により症状が変化します。

4、百病之長(ひゃくびょうのちょう)と言われ、一年中風邪お引き起こし

 、他の邪気と一緒に侵入します。


養生
  夜更かしをしても良いが、朝は早く起きて庭をゆっくり散歩する。
  
  体を伸びやかにして、ゆたり・のんびり・リラックスが大切
  
  春の風邪は肝を傷めやすいので、食用養生は肝の気を整えると
  
  ともに、脾を養うことにも注意が必要です。

  

  よく使う食薬

  1、辛温発散:辛味があり、身体を温める性質を持ちます。

    発汗作用により体内の陽気を体表へ発散させます。 
   
     (ネギ・生姜・紫蘇)
 

アトピーに期待できる塗る

   花粉症對策+忘優

<花粉症對策>(カフンショウタイサク) 春花(しゅんか)

 

花粉症改善・アレルギー性鼻炎緩和・体質改善を必要としている方に

 

効果のあるとされる漢方本草から抽出されたアロマ精油です。

春は様々な不快な症状が起きやすいものです。


<忘優>(ネペンシ)

 

不眠症の解消、ストレス緩和、肝機能向上、鎮静、鎮痛、

 

抗鬱、血圧安定、鎮痙、解熱、自律神経調整、 
 
目の疲れ緩和に効果のあるとされる漢方本草から抽出

 

されたアロマ精油です。 
 
 ストレスから解放してくれるやわらかな香りは、

 あなたの疲れた身体を癒すことでしょう。 
 
 興奮状態の心身を鎮め、深く穏やかな眠りへと

 

いざなってくれることでしょう。
 

花粉症に期待できる塗る(Ⅱ)

<花粉症對策>+<抗炎殺菌>


<抗炎殺菌>

 

皮膚の炎症緩和、水虫改善、デキモノ消炎、

 

アトピー性皮膚炎の症状緩和に効果のあるとされる

 

漢方本草から抽出されたアロマ精油です。

 

痛みや痒みによるストレスは、心に影響を与え、

 

更に別の不快な症状を引き起こしてしまいます。                                


*************************

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 塗る漢方についてお尋ねがありましたら

 お気軽にメールください。

 今後とも宜しくお願い致します。

 [URL] http://nurukanpou.com

 [お問合せ]http://nurukanpou.com/otoiawase/
 

◆メルマガ(メールマガジン)を始めました、塗る漢方を主に
 
  漢方・アロマ・花テラピーについて、より詳しく分かりやすく

  書いていきますのでメルマガに登録(無料)をお願いいたします。

  登録頂きますとあなた様に少し良いことがあるかもしれません。

  メルマガに登録(無料)をお願い致します。


発行情報

 [発行者] やまいち