R+second

2番目に好きなこと。
楽しい毎日を。


テーマ:

なんだか、

あっという間に過ぎてしまったここのところ。

 

 

更年期の月経が長引く間に

花粉症だと思っていたアレルギーが少し悪化して

落ち着いたかと思ったら高熱を出し、胸がギューギューと音を立てて眠れぬ日々。

 

びっくりだわ~。

こんなに弱かったっけ‥‥

 

キルティングもできない間に

野際陽子さんや小林麻央さんの訃報に涙し‥‥

 

芸能人が亡くなったからといって、本気の涙が出るなんて。

体が弱ると心がそれに追いつかないのかな。

 

「衣食住」の食に関して

いつも何にもしないと文句を言っていた夫や息子が

黙って、ご飯を作ったり、後片付けをしてくれたり。

 

よその家では、当たり前のことかもしれないが

ウチでは、専業の私の仕事だった。

もちろん、やりたくないときは手を抜いて、

出来合いのものもテーブルに出した。

 

「やれ‥‥と言わなくても出来るじゃない~笑」

と、軽くいう気にはなれず

 

ありがとう」と、

真面目に言えない恥ずかしさもあって。

    

 

 

生きているうちに、素敵な出会いは何回あるだろう。

生きているうちに、あとどれくらいキルトを作れるだろう。

生きているうちに、何回ありがとうと言えるだろう。

 

 

 

お前は、直太朗か。

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

大きな買い出しバッグを作る。

最後に結べるように持ち手が長め。

ほら、買い忘れでもう一度スーパーに戻るときない?

そういう時に誤解を生まないよう

きっちり結ぶため、固定するため。

 

 

「ちょっと、最近のブログだとドラマをよくみてるね~」

と言われる。

 

「キルトをする時に無音だと

余計なことを考えて、顎が痛くなる。ならない?

寝る時だって、見もしないテレビを30分つけて寝るよ‥‥」

 

クラシックやジャズをかけたりしていたが、

地上波は、ニュースやダウントンアビーみたいなものしか見なくなって、

こりゃいかん‥‥もう少し見てみようと思って

連ドラに手を出した。

 

ところが、

どうしたものか、最後まで見てみようという気が起こらない。

私の守備範囲は勇者ヨシヒコからやすらぎの郷まで

結構広いと思うのだけど

何かが引っかかると、途端につまらなくなり消してしまう。

楽しみにしたいと思ってもなかなか‥‥‥

 

自分の性格を呪う。

 

テレビの前で

「頼むからプロの俳優を出せーや。」

と、低く唸る声でキレ気味に言っている様は、

誰にも見せられない。

 

 

そういえば、

夫が喉が痛いとしきりに言っていたけど

よくよく話を聞いていると

運転の下手な人が前にいると車の中で

大声でキレるのだそうな。

もちろん、窓が閉まっているのを確認して。

 

ソトヅラの良い夫婦ですな。

(どこぞもこんなもんだろう‥‥笑)

 

 

 

新しいヴォーグ社に行ってきました。

最寄りの駅前には何にもないけれど(笑)

人混みに煩わされることなく行けるので楽です。

 

トイレの手洗いの水栓。

新しいだけで満足なのですが

前は感知が良いのか悪いのか

すぐに切れて、洗いづらかったのが

満足するまで途切れないので、嬉しい。

手を洗いながら、あぁヴォーグよ いつまでも続いておくれ‥‥と

水栓と社の未来を同時に祈り、

 

 

最後にキルト塾の部屋を出るときは

電気と冷房を切ることを忘れませんでした。(笑)

(事務局の人がいるから安心なのだけどね^^)

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

すごい昔に買った丸サイズのペレット

使える日がきて、嬉しい。

 

 

 

NHKの「ツバキ文具店」を楽しく見ている。

家業が嫌で出て行った孫娘が祖母の死を迎えて帰郷。

近所の住人との交流の中で、祖母がやっていた代書屋を継ぐ物語。

 

ちょっと地味な(笑)多部未華子さんが好きなのだけど

彼女が着ている衣装がこれまた地味に素敵だ。

 

第一回目に水玉のドレスで現れるゲスト「Mrs.サイダーさん」

ほど派手ではないが、

爽やかに弾けるラムネの感じがする。

 

代書をする際にインク瓶を一晩明けて濃くして書くとか、

祖母から受けた代書のコツも少しずつ披露してくれて

ちょっとだけ物知りになれた気分がするのも楽しい。

 

 

 

 

祖母が私に残してくれたものと言ったら

畑の恵みと針仕事なのだが

収穫された玉ねぎの甘さと、キルト綿が普及していない時代の

そこかしこに綿を薄く広げて日常着を作っていた丸まった背中。

 

口うるさいことも今となっては、笑い話に出来ることばかり。

これ、きっと思い出補正なんだろうけど(笑)

クソババァと思っていたことも事実。

飼い猫をホウキで追いかける様は、仁王像に負けず劣らず。

見ていて、猫の素早さに一度も勝てたことはない。

 

お魚食えたドラ猫おぉかけて〜♪

裸足でかけてく〜〜♪

 

うちのおばぁさんは、見ているとなんか笑えてくるのがいつもだった。

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

え?‥‥なに?と言われる前に。

大きな毛糸と編み棒のモチーフ(笑)

 

 

 

セリフが少ないキーパーソンなら

なおさら演技力がいるよね。

例えるなら、生前の平幹二朗さんみたいな。

若手なら誰だろう‥‥思いつかない。

 

見ていて可哀想になって来て

とうとうチャンネルを合わせなくなってしまった。

 

生瀬さん大好きなのに。

松重さんも、滝藤さんも。

 

スカッと抜けるミステリーなはずなのに

週の初めから、残念な気持ちになるってさ‥‥

 

 

ちょっと体調が悪くなって

昨日、スプリングマーケットの写真だけ載せて

横になった。

午前中に入ったのだけど、人がいっぱいでゆっくりは見られなかった。

アンティーク屋さんが少し増えたかな‥‥

ブースの中に入ってゆっくり見たかったけど

諦めてしまった。

布屋さんだとピックアップするのに時間はかからないけど

アンティークの布やレースは

じっくりスローな買い物なのよね。

29日までやっているので、行ってみてください。

 

 

連休は春の中掃除です。

月9に文句を言っている場合じゃない(笑)

夏の暑いときに外回りや大物の掃除は鼻血ブーなので(秋まではやりません‥‥笑)

エアコンの買い替え工事とともに、頑張りたい!

 

そして、涼しい部屋でキルティング。

楽しいゴールデンウィークをお過ごしください ♪

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

大方の書物は「読書百遍義自ら見る」で

繰り返し読むことで、

少しずつ理解できる部分が広がり

良書を深く読むことに意味があるけれど

 

どんなに繰り返し読んでも、

わけのわからないどころか怒りが湧いてくる本は

どうやって、たくらみを隠すかで溢れている本だった。

 

妖怪が列をなすのは暗夜だけではない。

数多の魑魅魍魎が活字になって踊っている。

 

 

化けの皮っていうものは、いつか剥がれるに決まっている。

 

素直に謝るもよし、強情で突っぱねて意固地になるのもよし。

地獄の道連れに、なりたくないと本気で思えば

新たな道も開けよう。

 

 

 

現代の閻魔様にNOと言われて

聞く耳を持たず、両手で塞いでアーアー言って

闇夜に紛れても、心は晴れまい。

 

夜明けは、必ずやって来る。

そう 信じたい。

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

前回の残布でまずはこれを作り

 

ログキャビンで土台布につなぎ

 

 

なんとなく残しておきたい布は決まったサイズにカットを

 

 

 

ぐるぐるっと回して花のようにも‥‥

 

 

捨てるのが一番簡単です。

実際、捨ててもきましたよ。

でも、この作業をしているとパッチワークだな‥‥って思うことも。

中くらいのキルトトップも作りました。

今、部屋全体が散らかっていて写ってしまうから、載せませんけども(笑)

完成したら見てくださいね。

 

 

 

 

 朝の慌ただしい時の会話で

「マヨネーズがもう少ししかないから

 絞りきって‥‥新しいのを出すから‥‥」

 と、言ったら

「いや、大丈夫あるから‥‥新しいのいらないよ、いらないってば‥‥」

 

「朝ごはんを食べるのはあなただけではないのよ、

 物事はもっとグローバルに考えてよ。」

 

 いやはや、夫のためだけに動いてるわけじゃないと

 何度言ったら‥‥

 

 

「なんだって?うろ覚えがどうしたよ‥‥?」

 

 もうね。

 知らんぷりですよ。(笑)

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

この山をどうやって崩していくか‥‥

残布は永遠になくならない

 

 

 

 

同じ経験をしても受け取り方が違うから

いちから説明しなければならず

それが面倒なので、受け流していると

それでいいと思ってだんだん増長してくる、

それが我が夫である。

 

本当に面倒臭い。

なので、日曜日にいなくなるとホッとするので

どこかに出かけたら?‥‥と言っても

動かざること山の如し。

 

 

毎度のご飯でも

実は、自分の好きなミステリードラマでも見て

誰にも邪魔されず、ゆっくりと食べたいのが本音。

 

みんなで食卓を囲んで‥‥と言う地獄のようなことは(笑)

あまりしたくないのである。

これを言うと、性格に問題があると言われると思って

あまりクチに出したことはないのだが

素直な気持ちで言わせてもらうと

1人の時間を満喫している時が幸せなのだ。

 

同じ部屋にいても

自分の周りだけ見えない空気層を作って過ごしているが

地獄の日曜日は、夫の空気が押し寄せてくるので

居心地が悪い。

 

見たくもないテレビの音がうるさすぎて

何度も注意するが、

どうも効果がないので

本気で耳栓を買おうかと迷っている。

自分の部屋で寝っ転がってみればいいものを

リビングの真ん中を独占して、

私や息子に煙たがれている。

 

考え方が違うから、面白いと思っていたことも

歳をとると体力がなくなるせいか

共感してくれることを相手に望んでしまう。

 

きっとそれが無理な注文だから

争いごとにならないように

空気層を作ってクッション代わりにしているのだと思う。

 

夫は仕事中にテレビは見られないのだから

自分が我慢するしかない。

それが夫に対する誠意だと思っているけれど

果たして、しばらく続くかどうかはわからない。(笑)

 

 

夫はじゃれあいのつもりで話してくるが

私には文句に聞こえてくるので

早く解決して、自分のしたいことを優先したがる。

話が長いので簡潔にとお願いしても

ピッチが遅いのでイライラしてしまうのだ。

これは、妹も同じで

幼稚園の出来事を1分ぐらいで話してくれると助かるのだが

なぜか、家を出るところから話したがるから厄介なのだ。

 

頭の中で要点をまとめて話して欲しいと

この2人には言っている。(笑)

 

このせっかちな部分を柔らかくしたいのだけど

そんなにすぐには‥‥‥もう ダメかもしれない。

 

自分のダメさ、寛容のなさが

どうも好きになれず改善したいと思っているが

そこに執着すると毎日が修行となって

ちっとも幸せじゃない。

 

私も動かざるごと山の如し。

この歳になってもまだ悩むのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

キルトの教室に行くと、

いつもの仲間がいて、穏やかな笑い声があちこちに咲いて

家を出る時は、何となく重く感じた気持ちも

来て良かったなぁ‥‥と、

気持ちの変わりようにびっくりする。(笑)

 

思いにクチがついて行かず、

いつも、あわわ‥‥と、先生と会話をしてしまう自分。

何かの障害があると思うくらい喉がキュウ~と詰まって

うまく説明できない。

先生はこのイビツな私に慣れ、もしくは諦めて(笑)

制作過程のつまずきに対処をしてくれるが

心の中では、何を考えているかわからない得体の知れない生徒だと

思っているに違いない。^^

 

壁に貼っているブロックやセンターを見ていると

心がパッとトキめく配色や、アンニュイな何とも大人チックな配色。

どれもこれも素敵に見えて、自分も作りたくなってくる。

本当に素敵なんだよね。

何も自分のクラスの人たちをここで褒めてもね(笑)

誰にもきっと、このブログは発見されていないと思うからで。(笑)

(知らんぷりしてくれ~)

 

思い返すと、

自分より実力のある人たちの教室へ入って

場違いに何度後悔したことか‥‥‥笑

 

今は、

キルト歴があまりないだろうなぁという人が入ってくると

私は密かにチャレンジャーとあだ名をつけて

よく考察するのが好きだった。

 

そういう人に限って、朗らかで壁を作らない人で

やっぱり、何事も挑戦してみることは良いことだと

そんな風にも思える場面がたくさんあった。

 

 

 

クラスの仲間がしばらくお休みをする。

基礎がないと言って、本科に通うようだ。

続けていけるように道を探す‥‥とても素敵なこと。

 

何かを始める季節が到来。

焦るほどではないけれど、何かを探している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先週あたりから和布で小さな作品をとピースワーク。

和布のセンスって、よくわからん難しい〜^^

恥ずかしいので縫ったのは載せず。

小布の小袋セットを買うとピンクがたくさん入っていて

どうにかしたい〜♡

 

 

静かな戸惑いと

主題歌のハラハラ揺れる思いが交錯する

カルテット

 

このドラマが好きだ。

もっとドロドロにしようとすれば

火サスや昼ドラになってしまう。

そこを品良く抑制の効いたセリフと

俳優さんたちのバランスで

うまく演出できていると思う。

 

変わって、

夜遅くピースワークをする時、映画をよく見るのだけど

期待してないのに、ついついのめり込んで見てしまう作品と、

耳だけダンボで、手元から目を離さない作品と両方ある。

 

あまりにもみんなが知っている大作のようなものは

キルトには向かない。

淡々と、あるいは静かに流れるような、

大きな悲しみも、起伏もあまりなく

展開の早さもないような映画がいいと勝手に思っている。

 

それでいて退屈では困るのだけど、

望んでいるのは、

山海の恵みのような滋味のある演技。

じわじわとふくよかな味わいのある俳優さんて、

何を見ても面白いというか、

ちゃんとその世界に連れて行ってくれるというか‥‥

 

私は「キツツキと雨」で、

針を持ったまま、不気味な笑い声をあげてしまいました。

ちっとも縫えなくて、楽しい時間でした。

 

もどって、

ドラマを楽しめない期間が続いて

諦めもしていたし、

かえって、時間を有効に使って、

掃除や片付けでもしようと思っていた。

 

アイドルやタレントばかりのドラマは

それこそ「月9」の枠でやって

カルテットのようなドラマで

楽しみにしている人たちの居場所を

残してほしい。

 

海外のミステリー本のように

始まりは事細かに出てくる人たちの描写で始まって(たまにウンザリするほど‥‥笑)

いつ、事件が起こるのかっていうところが

ムフムフしてしまう。

 

 

おばちゃんはね、そう思うのよ。

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。