久々の。

テーマ:

気がつけばもう4月も中旬を過ぎました。

 

この一ヶ月は、春の断捨離でもかなりものを捨て、子供達の部屋を入れ替えたりして、新学期も無事始まり、ずっと先延ばしにしていたことにも手をつけました。

 

父が亡くなってまる7年がたちました。

 

いろいろと重かった気持ちも時間とともに整理ができ、今年はずいぶん気持ちも軽い感じがします。

 

勝手に軽くなったというより、もう軽くありたい、と思うようになったと言った方が正しいかもしれません。

 

軽くていいじゃないかと。

 

いろいろなことが一つ一つ重かったこと、自分がもともとそうだったというよりも、まわりが重くてそれを勝手に自分も背負っていたということ。

 

背負わなくていいものまで、背負おうとしていた。

 

それをようやく切り離すことができました。

 

ずいぶん余計なことに首を突っ込み、持たなくていい荷物を背負おうと必死でした。

 

そもそもの自分がまったく別なものだと気づいたのは本当につい最近です。

 

軽くなった自分で作品を作ったり売ったりしていくのが自分でもとても楽しみです。

 

私も子供のように新学期が始まった気分です。

 

ワクワクすることってとても大事ですね。

 

 

羊毛フェルトのなべ敷きをチクチク刺して作ってみました。

 

超果てしない時間チクチクしました。

 

今日は身体動かしてきます〜。