日本に戻る前、韓国で【予備ママ検査】というのをしました。

もしかして、検査とか自治体で補助とかあったらいいな…と思ったんだけど、どうやら私が住んでいる地域では、妊娠前に受けられる補助とかはないらしく、自費で病院へ。

妊娠後〜は色々な補助やサービスがあるみたいなので…いつかその時が来たらお世話になろうほっこりラブラブ

今回行った病院での検査項目は子宮頸がん検査と風疹とB型肝炎抗体検査。

検査結果は、私が日本に戻ってから出ました。

抗体はあり。

子宮頸がんは大きな異常はなし。

以上。

めっちゃシンプルな結果報告。

電話で結果を聞いたらしい。

『風疹抗体あり』とひと言で言われても…抗体についてよく知らない私。

ネットで調べたら、抗体は8の倍数で出るらしい。

抗体が8ならワクチンを打たなくちゃいけないみたいなので…私は16以上ある…とは思うんだけど、ただ

『抗体あり』

とだけ言われると、ちょっと不安になってしまう。

だって仮にギリギリ16だったら、いつか妊娠した時には8になってるかもしれない…って事だよね?!

はっきり言って、抗体について今でもよくわかってないから、どれくらいの期間でどれだけ抗体が減るのかもわからないからなんとも言えないけれど…。

一応ジュンには病院にもう一度電話をしてもらったんだけど、抗体の数値までは教えてもらえずショックガーン

やっぱり不安だわ…という事で、日本でも風疹抗体検査をする事にしました。

せっかく韓国で高いお金を出して検査したのに、結局日本でも検査するってね…笑い泣き

ごめんねジュン。

ちなみに結果は郵送。

数値もバッチリ書かれていました。

抗体は64。

おお…なかなか多い??

基準がわからないけれど、16とかよりは安心できる気がする。

気になった事は日本語で聞けるし説明してくれるから安心。

私の韓国語力が低すぎるからいけないんだけどね。

ジュンも、医療用語は上手く私に伝えられないし、なかなか私も上手くジュンに伝えられない。

そう考えると、いつか子供を授かる事が出来たら日本で産むのがいいのかな…と感じた今日この頃なのでした。



AD