偶然にも、隣の部屋に住んでいるのが日本人音符だったんですが、それがわかった時本当にビックリしました。

お互いが日本人だとわかったのが、私とジュンが新婚旅行から帰って来た日。

たまった洗濯物をして、屋上に干しに行ったらビックリ。

今まで物干し竿には洗濯ロープが真ん中に1本張ってありました。

新築なので私達が張ったロープのみ。

これにいつも洗濯物を干していたんだけど…。

なんと、その両端に1本ずつ新たにロープが張られていて、大量の洗濯物が干されているではないかガーン

韓国ではあまり外に出洗濯を干す人がいなくて、ここに引っ越してからは毎日屋上で洗濯物干し放題だったんだけど…。

挟まれた私たちのロープ。

ここに干しても陽はあまり当たらないえーん

それを見て私もうショックで…。

洗濯物大好きなので、外に干せるのが嬉しくて仕方なかったのに…こんな事になるなんて。

『せめて、私達のロープを1本端に張りたいよね!!』

と思ったんだけど、勝手に張り替えるわけにもいかないし…。

『ロープの位置交換してもいいか隣の人に聞いてみて』

とジュンに頼んだら

『今度、洗濯物干してる時に会ったら、その時話してみれば?その方が本人同士だからいいんじゃない?』

とジュンに言われたんだけど、私韓国語話せないしショボーンアセアセ

『韓国語話せないもん』

と私が言い返したら

『話せないって言われたって…アセアセ

とジュンが返してきて。

私はこの言葉が1番ショックで。

私だって、言えるなら言いたいし。

それが言えないのがどれだけストレスか。

日本でだったら出来ることが、出来ないには本当にストレス。

それもわかってて、ジュンが居るというだけで韓国に来ているのに。

もう、悲しくなって泣いちゃったよね。

そうしたらジュンがオロオロし出して。

私はもういい!!!って部屋で泣きまくっていたんだけど、いきなり部屋を出るジュン。

『言いに行ってくれたのかな?!』

と思ったんだけど、帰って来たジュンが放った言葉は

『ロープ張り替えてきたよ!!』

…って、断りもなく張り替えたんかーいおいでガーン

それ、1番気まずいやつやん。

それこそ洗濯物干してる時に出会ったらなんて言えばいいのガーン

ジュンの気持ちはありがたいけど…。

という事で

『すぐ隣の人にロープ張り替えた事を言いに行って!!』

とジュンにお願いしました。

戻って来たジュンが

『“勝手に両端にロープしちゃってごめんなさい…張り替えてくれて大丈夫です”ってお義母さんが言ってたよ。あと、赤ちゃん抱っこしてるお嫁さんがいて良い人そうだったよ~キラキラ赤ちゃんもまだ小さくてね、可愛かったよ^^』

と言っていて…。

なんか、今まで私の中で隣の人を

『勝手に両端にロープ張っちゃうなんてヒドい!!』

と思ってたの。

でもジュンが

『赤ちゃんも小さくてぇ〜かわいかったよ。お嫁さんも良い人そうだったよ』

と言うので、なんか今まで私が勝手に酷い妄想して本当に申し訳なくなった。

てゆーか、屋上共用スペースだしね…。

新築で今までたまたま皆んな使ってなかっただけだもんね。

ホント、私って心が狭いなぁ…隣の人に申し訳ない…と思ったらまた涙。

ジュンが

『せっかくだから隣の人に日本のお菓子あげようか?』

と言い出したのでカントリーマァムを持ってジュンにもう一度挨拶に行ってもらう事にしました。(私は泣きまくっていたので一緒に行かず)

そしたら、玄関から私を呼ぶジュンの声。

こんな顔で挨拶なんて出来ないのにゲローと思いつつ玄関に行ったらジュンが

『隣も日本人だって!!!!』

と言ってて…一瞬私も『え?!』ってなって。

目の前に居たのはお隣のお嫁さん=日本人でした。

今まではお義母さん=韓国人とやり取りしていたから気付かなかったんだけど。

もービックリ。

そして良い人。

こんな良い人を妄想でも悪く思っていたなんて、ホント最低な人間だよ私は。

話をしていたら、同い年でまたまたビックリ。

そして、共通の知り合いもいました(笑)

こんな事ってあるんだなぁ。

泣いて笑ってもう大変だった。

なんかその日から“隣に日本人が住んでいる”という安心感で私守られてる照れ

赤ちゃんも、ものすごく可愛くて母性本能くすぐられまくってます。

ほんと、今思えばジュンが勝手にロープ張り替えてくれてよかったよ。

きっと遅かれ早かれ日本人ってわかる時が来たとおもうけど、早く出会えてよかった。

きっと、知らないまま屋上で出逢ったら、私めちゃくちゃな韓国語で話しかけていたと思う。

よかったー。

本当によかった。

AD