ぬかぽん日記〜見切り発車でママ社労士開業登録!転勤族妻、アラフォーママのチャレンジブログ

社労士の活動・育児あれこれ・転勤族ライフ・アラフォーファッションなどなど思いつくままにブログに綴ります。


テーマ:
お久しぶりです、ぬかぽんです。

アメブロ、実に9ヶ月ぶりです。うっかりログインパスワードを忘れ、ここまでたどり着くのに時間がかかりました。

ちょうど2月で、菊地加奈子事務所に参画して1年になります。事務所はすごいことになってます!素敵オフィスに移転します!!保育園主体だった(株)フェアリーランドは、まさに働き方改革コンサル・事業所内保育所コンサルの(株)ワーク・イノベーションにステップアップします。※HP近日公開予定。

私はといえば、社労士として首都圏を飛び回っております。はっきりいって、NAVITIMEがないと、生きていけません。事務所でももちろん仕事をします。加奈子先生をはじめ、素敵なメンバーに囲まれながら、お客様のために毎日勉強、毎日実践の日々です。

そうした日々の中で、結構な頻度で思い出すのは新卒で入社した人材派遣会社での出来事の数々。

私、実は理系出身でして。でもいざ就職活動する段階で、どうしてもPCに向かうことが中心のSEという職業がしっくりこなかったんです。(あ、私の新卒時代のリケジョの就職はほぼSEでした。)

「人」を扱う派遣会社に強く魅力を感じました。派遣といえばネガティブイメージがあると思います。でも、私が新卒の頃は、パートタイマーと正社員の間である「派遣社員」という働き方は画期的に思えました。「スキルはある、でもブランクがあったり残業できなかったりする女性」「さまざまな理由で前職を退職せざるを得なかった男性」等に、時給800円ではない仕事を紹介する。そんな働き方は当時は派遣以外、ほとんどありませんでした。

ただ、現実的な厳しさもありました。まだまだ曖昧だった派遣法・中間搾取だという批判の目・同業間の過当競争・一部の権利ばかり主張するスタッフ・一部の派遣社員を低くみたり雇用の調整弁としてしか考えていない企業などなど。権利ばかり主張するスタッフに対抗するために、社労士という資格取得を目指した私だったりもします。

それでも、「仕事を紹介してくれてありがとうございました。」「いい人を紹介してくれてありがとうございました。」そんな言葉を聞くことが大きな喜びでもありました。営業とコーディネーターでチームを組んでする仕事のスタイルも好きでした。大きなクライアントの仕事が終了して、あまり仕事のないときに、チーム一丸となってありとあらゆる「やってみたらいい」と思える種まきもしたことも、現在の仕事そのものへのモチベーションになっています。(私は地方支店にいましたから、きっと首都圏の支店ではありえないような仕事もしましたね~。)

それから長~い時間が経ちました。(詳しくは、このブログの過去記事参照。)

そして今、形は違えども、追い求めていることが昔と変わらないことに、ふと気がつきました。私が追い求めているものは、20年前もいまも、まさに「ワーク・イノベーション」なんですね~!

「残業万歳!バリバリ働きます!!」という制約のない働き方ができなくても、やりがいのある仕事ができる可能性がある。派遣という形ではなくても、「短時間正社員」といった制度がある。IT技術がより身近になり、在宅勤務(テレワーク)という働き方も少しずつメジャーになってきました。事業所内保育やサテライトオフィスが拡充すれば、長時間保育園に子どもを預けなくても、まとまった働く時間を確保できやすくなります。

ただし、いいことずくめではないのがこの世の常。「多様な働き方」によって、他者との直接的なコミュニケーションはとりにくくなるでしょう。人間的なやりとりが減れば、「権利ばかり主張する」「甘い考えだ」「うちの会社は法を守らない」「私にばかり仕事が集中する」など、ギスギスした関係に陥りやすくなってしまいます。また、従業員を公平に評価する制度がなけば、単純な賃金の切り下げにもなりかねません。せっかくチームで仕事をして「ワーク・シェア」したいのに、うまくできない!「多様な働き方」を会社に取り入れるって、実は結構メンドくさい!!

今、私が従事している「社会保険労務士」としての仕事は、そんなギスギスを起こさせない・もしくは解消させる、メンドくささを買って出るって役割も担っているのではないのかな、と感じる今日この頃です。それから、結構進んでいる企業の事例を、他の企業に伝道する役割も与えられているんじゃないでしょうか。(もちろん、守秘義務に抵触しない範囲で。)

道なき道を進む仕事ともいえます。そんな仕事に微力ながらかかわれて、本当に幸せです。20年前に比べて、物覚えも悪くなり、体力も減少していますが、少しでも「働く」誰かの役に立てたらうれしいですね。

さて、そんな面白い取り組みをしている(株)ワーク・イノベーションが3月22日に横浜の情報文化センターにてセミナーを開催します。テーマはまさに「多様な働き方」のリアル!私は裏方としてがんばります~。労働法のエキスパート弁護士や社労士の講演、ダイバーシティ先進企業の担当者を交えたパネルディスカッション等、盛り沢山な内容です。

ご興味のある方はぜひぜひご参加くださいませ!

セミナーテーマ:「多様な働き方」を生み出すための実務と今後の展望


3月22日セミナー申し込みはこちら

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
月1ブログぎりぎり~。更新頻度が遅すぎて「多忙説」「重病説」が出てきたので、こりゃまずいと更新します。(笑)

「多忙説」について
多忙といえば多忙ですが、「朝5時に起きてお弁当作ってフルタイム働いて、帰ってきてすぐ夜ご飯作って、寝るのはいつも午前様!」みたいな、私からすればレジェンドな生活は送っていないので、ご安心を。(笑)

どちらかというと今は趣味は実益を兼ねる状態で、インプットが即アウトプットできるありがたい環境にあり、自分の中でのバランスをとりながら仕事させていただいております。

「重病説」について
今の所健康体です。(笑)ただ、ちょっと運動不足と加齢ゆえ?か体重増加傾向なので、歯止めをかけたいところですー。

と、まあ「多忙説」「重病説」は否定したところで、ここ何年かの自分自身を振り返ると、なんとかかんとか「置かれた場所で咲いてきた」という印象です。

転勤する度に周りの人も仕事も変わり、子どもが小さいやら大きくなったやらの変化もありました。

理系出身なのに、手書きの論文添削をしたり、言葉にさほどこだわりがないのに、ライターをしたりもしてきておりまして。

「こんな添削じゃ、高校生は理解できませんよ」と言われやり直すこともしばしばだったし、ライター文章を真っ赤に直されるなんてことも普通でした。

でも、そういう経験が人をタフにすると今は実感しています。

とくに添削のときは、泣きすがるムスメを一時保育に預けてだったので、はじめは本当にキツかったし、辞めてしまいたかった。

でも、なぜ続けたのか?それは、仕事がしたかったからにほかなりません。また、その時の私が仕事の向き不向きよりも「在宅ワーク」という「働き方」に強く魅力を感じていたからです。向いていないのはわかっていたから、どこか腹をくくることができました。

確かに、はじめはまるでいじめられているのか?と悲劇のヒロイン気取りでした。が、だんだんと「相手は私の仕事に注文をしているのだから、その注文に誠実に応えよう」と気持ちの切り替えができるようになったのです。

またライター仕事については、はっきり言って採算度外視でした。(笑)そりゃ、文章のプロでもなかなか食べられない世界に、ど素人が足を踏み入れたのだから、当然といえば当然です。

でも、ライターを通じて「供給過多な市場で稼ぐことの難しさ」「自分のウリを作り出すこと、アピールすることの大切さ」を皮膚感覚で学べたのは大きな収穫でした。

仕事以外でも、転勤して多くの人との交流を通じて、地域の特性を知ったり、専業主婦・ワーキングマザー・自営業者などさまざまな価値観、意識などに触れられたのも、今を生きる糧になっています。

結局、仕事をするには圧倒的に不利だと思える「転勤族の妻」という立場でも、なんとかかんとか咲けるものなんですね。そしてその経験が人生の肥やしになって、次に花を咲かせるときに役に立つのかもしれません。

もちろん、子どもの有無、人数、特性、赴任地、年数などにより、花の大小はさまざまでしょう。でも、これからも後から振り返ってベストだと自分自身が思える選択をしていきたいなー、としみじみ思ったのでございます。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
新学期が始まり、はや半月。

ムスメ①②は我が家恒例の?「新学期、学校イヤイヤ期」でございます。

もともと、人見知りで自分から声をかけることがものすごく苦手なムスメ①。そんな彼女にとって、やっと慣れたクラスが変わることは超苦痛なんです。しかも運が悪いことに、いつも前の学年の仲良しさんとは離れてしまう。

一方、ムスメ②は学校で頑張りすぎた反動が甘えとして出るタイプ。勉強嫌いと相まって学校に行くのが嫌になるらしい。

てなわけで、新学期~5月末くらいまでは、毎年我が子達は不穏です。(笑)

以前は、ムスメたちのそんな不穏をモロに受けてしまい、私も結構きつかった。ハラハラしたり、なんとかしてやりたいと思ったり。ムスメ①は転校前の学校では、一瞬保健室登校になったり、何ヶ月も学校に行きたくないと毎朝泣いていたりしたこともあって、母として心が折れそうなときもありました。すっごく不安で、心細かった。

でも結局のところ、なんにもしてやれないんですよね母親は。究極、私がムスメ達と交代して、学校に行って友達を作ってやることなんてできないんですから。

で、小学生の頃の自分を思い返してみると、学校なんて別に楽しくなかったんですよね。高学年になるまでは友だちといえる子もいなかったし、勉強だって好きでもなんでもなかった。ただ、世の中が丁度バブル期間近だったので、公立小学校にもかかわらず部活でバイオリンを弾いたのが唯一楽しかったですね~。んでもって、変な先生もたくさんいました。(笑)あまりの酷さに、PTAから突き上げ食らって、次の年「教育委員会付け」になった人とかね。

だからというわけじゃないんですけど、まぁ学校が楽しい!なんてのが幻想かなと。そして人の悩みは人のもの、子どもの悩みは子どものもの。いろいろ複雑な思いや感情を抱えながら、どうにか現実と折り合いをつけるのは本人なんです。親はご飯作って、過ごしやすい家庭環境を作って見守るだけなんかもな~、と。

母親を10年やって、やっとこさたどり着いた境地です。

人生って、初めから楽しいこと素敵なことがレッドカーペットみたいに敷かれていて、そこをスキップしながらウキウキ通って行くもんじゃない。石があったら拾いながら、岩があったらよじ登ったり、ときには上手に裏道を見つけて遠回りしながら進んでいくものですもんね~。それは子どもも大人も同じかもしれない。

まずは自分の問題にしっかり向き合い、自分の足で歩いて行ってもらいたい。もちろん私自身にもいえることでございます。

photo:01

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。