脳卒中や脊髄(せきずい)損傷などで一度切れた神経回路の再生が妨げられる仕組みを理化学研究所のチームが解明した。切れた神経の周辺に「再生阻害因子」となる化学物質が増え、神経細胞に本来備わっている復元力が損なわれるという。米科学誌「ニューロン」に発表した。

 神経細胞は通常、損傷を受けると、成長時のように突起を伸ばして回路を作ろうとする。理研脳科学総合研究センターの上口(かみぐち)裕之リーダー(神経科学)らは、ニワトリの脊髄の神経突起を、独自に開発した装置で観察した。その結果、突起のそばに再生阻害因子があると、突起の細胞膜が自らの細胞内に次々と取り込まれ、突起を伸ばせなくなることが分かった。

 再生阻害因子は、神経細胞を取り巻いていた「さや」や、傷を治す働きをする細胞から出る。上口さんは「突起を正しい方向に誘導して神経回路を修復する技術の開発につなげたい」と話す。【山田大輔】

民主・小林衆院議員、国会閉会後の辞職を表明(読売新聞)
事務所費で「キャミソール」の不思議  荒井大臣の説明二転三転(J-CASTニュース)
<航空機テロ対策>日米で連携、インドネシアに保安機材供与(毎日新聞)
【視点】新型インフル 国と自治体連携 備え再構築急げ(産経新聞)
最後は燃え尽きる… けなげ「はやぶさ君」に共感広がる(産経新聞)
AD