古文教室オフィシャルブログ

面白いことと、古文とかをのせていきまーす。
漢文もね。
無料メルマガもよろしくでーす。
http://melma.com/sp/backnumber_197937/


テーマ:

とりあえずセンター試験の解説はしないとね~来年の受験生用に、一足早くかいせつ~


まずは本文、これは各予備校で出てるけど、口語訳まで出してないよね。まだね、


もう東進あたりはだしたっけ?ペタしてね


とりあえず予備校様批判はしませんので、私も東進様におせわになりまくりすてぃ~でしたので、


2014年の出典は源氏物語の「夕霧」の部分です。


以下は、該当箇所の口語訳ね~


(大将が)このように無理やり(宮と)夫婦のような顔をしていらっしゃるので、三条の北の方(雲居雁)は、
〈もうこれで終わりだろう〉  
 と(思われ)、
〈まさかこんなことにはならないと信じていたが、まじめな人が浮気をすると別人になってしまうと聞いていたのは本当だった〉、  
 と夫婦の関係がわかったような気がして、
〈もうこんなわたしを侮辱するような目にはあいたくない〉
 と思われ、(父の)前太政大臣のところへ方違え(かたたがえ)を口実にしてお帰りになったが、ちょうど(弘徽殿の)女御が里下がりしていらっしゃったのでお会いになって、少しは辛い気持ちが晴れるような気がして、いつもは(三条の邸に帰られても大勢の子供がいるので)急いで帰られたが(今回は)帰ろうとはされない。大将殿もこのことを聞かれて、
〈やはりそうか、ひどく短気な性格だな、(舅の)前太政大臣も、また、大人らしく落ち着いたところがやはりなく、ひどく気短で、派手なことをされる人だから、
「気にくわない、顔も見たくない、声も聞きたくない」  
 などと言って、変なことをしかねない〉、  
 と驚かれて、三条の邸にお帰りになると、(雲居雁は)姫君たちと、ごく小さい子を連れて行き、子供たちの何人かは残っていたので、その子供たちが(父君を)見つけて喜んでまつわりついたり、(母君を)恋しがってしくしく泣かれるのを、(大将は)かわいそうに思われる。  
 (大将は)何度も手紙を出して、迎えの使者をさし向けられるが返事もない。
〈こんなふうにものわかりの悪い軽はずみな妻だ〉  
 と、腹立たしく思われるが、(舅の)大臣の手前もあるので、日が暮れてからごじぶんで迎えに行かれる。(雲居雁は)(弘徽殿の女御の)寝殿にいらっしゃるということで、いつも里帰りで使われる部屋には、女房たちだけが控えている。若君たちは乳母と一緒にいらっしゃる。
「今になって若い娘のような付き合いをするのか、こんな子供たちを、あちこちにほったらかしにして、寝殿に遊びに行くなんて。わたしとは会わない性格だとはずっと前からわかっていたが、前世からの宿縁なのか、昔から忘れられない人だと思い、今はこのように手のかかる子供たちも大勢いてかわいいのだから、お互いに別れられるはずがないと信じていたのに、今度のような些細なことで、こんなことをしていいのか」  
 と、(大将が女君が悪いように)ひどく恨んでおっしゃるので、(女君は)
「なにもかも、すっかり飽きられてしまったわたしですから、今さら、この性格が、なおるはずがないし、無理に辛抱することもないと思って。みっともない子供たちは、捨てないでくだされば嬉しいけど」  
 とおっしゃる。(大将は)
「ずいぶん素直な返事だな(皮肉)。結局は誰が悪く言われるのか」  
 とおっしゃって、無理に
「帰りなさい」
 ともおっしゃらず、その夜は(大臣邸で)一人でおやすみになった。(大将は)
〈この頃はなにをしても中途半端だな〉  
 と思いながら、子供たちをそばに寝かせて、
〈あちらでは、宮がまた、どんなに悩んでいらっしゃることか〉  
 と その様子を思うと、心配で気持ちが落ち着かないので、
〈どういう人が、こういう恋を面白がるのだろう〉
 などと、懲り懲りした気分になられる。  
 夜が明けたので、
「人の手前も大人げないことだから、もうこれで終わりだと言うなら、そのようにしよう。三条邸に残っている子供たちも、かわいそうにあなたを恋しがっているようだが、(わざわざ)選んで残していったのには、わけがあると思うが、捨てることはできないから、とにかくわたしが育てることにしよう」  
 と、脅すようにおっしゃると、(女君は)
〈(この方は)思い切りのいい性格だから、(連れてきた)この子たちまで、知らない所(一条宮)に連れて行ってしまわれるのではないか〉  
 と不安になる。(大将は)姫君に、
「さあ、いらっしゃい。あなたに会うために(わたしが)ここへ来るのもみっともないから、いつもは来られない。あっちにも可愛い子供たちがいるから、せめて同じ所でお世話してあげる」  
 とおっしゃる。まだとても幼く可愛らしいのを、(大将は)とても愛しくご覧になって、
「母君の言うことを聞いてはいけない。情けないほど ものわかりが悪いのは、いけないことだよ」  
 と、言い聞かせていらっしゃる。

また、解説なりを順次します~

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。