先日キレイな薔薇を見かけました。


薔薇の花って、とても華やいだ気持ちにさせてくれますが、香りには女性にとって大切なパワーを沢山秘めているんです。


今日は、ローズのエッセンシャルオイルについてご紹介させていただきますね(-^□^-)


アロマセラピーで使うローズの精油(エッセンシャルオイル)は、ローズの花びらを水蒸気蒸留して抽出しています。


これをローズオットーと呼んでいます。


原産地は、大半がブルガリアとトルコです。


1kgの精油を水蒸気蒸留で抽出するのに、約5000kgものバラの花が必要・・ということで、1滴を得るのに、約50本の花が必要という計算になりますので、この精油は非常に高価で数ミリで1万円を越える貴重な精油です。



これに対して溶解抽出して得られるものはエッセンシャルオイルと区別してローズアブソリュートと呼んでいます。


アブソリュートは、薬剤を用いて抽出するため、残留薬物の危険があるとアロマセラピーでは用いないという先生もいらっしゃるのですが、技術の進歩で残留薬物の心配は限りなくなくなってきたので活用される方も増えています。


産地は、モロッコ、フランス産のものが有名です。



ローズは「香りの女王」と呼ばれ、愛と清純さの象徴でもあり精神面に優れた働きがあるといわれています。


悲嘆、嫉妬、恨み、激しい心の落ち込みなどのネガティブな感情を癒す力があると考えられていて、人間関係の破綻によるショック、挫折による自信の喪失など、強い心理的ストレスに直面したときに力になってくれるのだそうです。


肉体的にも、女性ホルモンのアンバランスのサポートをしてくれるといわれていて、生理前の、むくみ、おなかの痛み、乳房の痛み等の症状を緩和してくれるといわれています


肝臓、胆のうを丈夫にするといわれていて、古代ローマ人はバラのジュースを飲んで、二日酔いを防いでいたという説もあり、またラットでの実験では胆汁の分泌を増大させたそうですよ。


刺激性も少なく、血行を良くし、抗炎症作用、消毒殺菌作用もありますので、肌質を選ばず美容面でもいい結果が期待できるのです。


みゆきさんのサロン では、今、ローズキャンペーンをしていて、ローズの全身トリートメントを行っているのそうです。


施術するスタッフの方も、普通のスクワランやホホバで全身マッサージを行うよりも疲労度もなく、かえって元気になるのだそうですよ。


芳香浴やアロマバス、マッサージで使用などに使用されますが、コストがかかりすぎるのが難点ですよね。


私は、、香りは加熱していないアブソリュートの方が好きなので、香水を作るときなどによく使っています。


愛用しているローズアブソリュートはモロッコ産のもので、ホホバに混ぜてヘアオイルなどに活用しています。


作り方は簡単!


ホホバオイルに4%ローズアブソリュートを混ぜるだけ。


ほんの数滴を手のひらにとって、髪の毛に塗布します。


ツヤがでるだけでなく、その香りに気持ちまで豊かになれて、なくてはならないアイテムのひとつです。


幼児へのマッサージの使用と、妊娠期間中の使用を控えてくださいね!


アロマテラピーのための84の精油

アロマテラピーをはじめよう
AD


みゆきです。こんにちは!紅葉が綺麗な季節となりましたが、みなさんは、どこかでごらんになりましたか?私は、先週大分に行きましたが、紅葉には少し早すぎたようで、見られませんでした。

さて、今日はレモンのエッセンシャルオイルについて、ご紹介します。

産地 アメリカ イタリア スペイン 南アフリカ イスラエル ブラジル ギニア


抽出部位 果皮


レモンのフレッシュな香りは、気分転換や気持ちの切り替えを通じて、心に明快さと理解力・集中力を与えてくれます。

精神疲労からくる頭痛や体の不調を癒してくれます。また、消毒、殺菌効果に優れているので、室内浄化や感染症の予防に用いられています。

止血効果(しみますが)や、イボにも働き、綿棒の先に原液をつけ患部に塗布するとポロっと取れます。


光毒性がありますので、肌につけた後、紫外線には当たらないようにご注意ください。


♪みゆき♪


“レモン”をまるごと使いつくす便利帳―料理から掃除まで79の裏ワザ集
オレンジ、レモン&グレープフルーツのお菓子
AD

生姜


みゆきです。こんばんは!


今日は、ジンジャーの精油をご紹介します。

これからの季節は生姜のジンジャーの精油が身体も心も温めます。

体温を上昇させ、血液の循環を良くし、発汗・排尿・排便を促し体内を浄化します。

生姜は古くからさまざまな効果の研究が行われている食材で他にも免疫を高め吐き気も抑えるので乗り物酔いや妊婦さんにもお勧め。

落ち込んだ気分も元気にさせてくれるから漢方では(気、血、水)流れをよくするとされ

昔から愛用されています。


♪みゆき♪



アロマテラピーのための84の精油
アロマテラピーをはじめよう
AD

ネロリ

みゆきです、こんばんは!今日は、ネロリをご紹介します。


ネロリはビターオレンジの花から取れる精油

ネロリの名が17世紀イタリアのネロラ領主ドン・フラヴィオの妃アンナ・マリアに由来するのは、よく知られるエピソードです。


数多くある精油の中で唯一実在する女性の名を冠したネロリです。


科名:ミカン科

産地:チュニジア

特性:坑うつ作用・沈静作用・高揚作用


ビターオレンジは、花だけでなく、実、葉、枝からもさまざまな芳香成分が抽出される貴重な木、花を蒸留することでネロリ精油が、葉と小枝からはプチグレン精油が果実からはビターオレンジ精油が取れます。オレンジの木の実は余すことなく利用されるのです。


♪miyuki♪


ティートリー


こんにちは、みゆきです。


ようやく涼しくなってきましたね。今朝は、少々肌寒いくらいに感じましたが、皆さんは体調を崩されていませんか?


今日は、ティートリーのエッセンシャルオイルのご紹介をします。


科名:フトモモ科

産地:オーストラリア・ジンバブエ

抽出部位:葉


オーストラリア原産の常緑の低木または高木で、湖沼の土手などに多く見られる植物です。

ティートリーの名がありますがいわゆるお茶の木ではありません。

離れたところからも香りが風にのってただよってくるほど強い香りをもつ植物です。

強い殺菌力をもち皮膚の消毒としてももちいられます。

免疫力を高めるとも考えられており感染症の初期の予防にもよいといわれています。

抗菌作用によりさまざまな感染症を予防または和らげる効果があります。

風邪気味の時などはティートリーの精油をいれていつもより熱めのお風呂にはいり

湯気と共に香りを吸入するとよいでしょう。


♪miyuki♪




みゆきです。こんばんは!今日はラベンダーのご紹介です。

科名:しそ科


特性:鎮痛作用・殺菌作用・抗炎症作用・消毒作用・気持ちを落ち着かせる鎮静作用


ラベンダーはアロマテラピーの分野でもっとも幅広く使われる精油です。


地中海地域では野生で育ちますが現在では世界中でそだてられています。


日本では北海道の羊蹄山のふもとが有名です。


ラベンダーは皮膚を再生させ、感想肌と皮脂のバランスを整えます。


ほかの精油と混ぜることで関節炎・リュウマチ・アトピー皮膚炎の症状を和らげます。また、神経を落ち着かせ睡眠の助けとなります。


  ♪みゆき♪


ラベンダー
ありがとうラベンダー―花のいのちをまもったひと
エッセンシャルオイルハンドブック ラベンダー―アロマセラピー


ローズマリー


金曜の担当みゆき です、こんにちは!今日は蒸し暑いですね。まだまだ寝苦しい日が続きますね。


今日は、さわやかなローズマリーのエッセンシャルオイルのご紹介です。


科名     シソ科
産地     フランス チュニジア スペイン ポルトガル イタリア モロッコ アメリカ 
抽出部位  葉
香り     スッキrリさわやか系
ノート    トップ~ミドルノート



ローズマリーとは「海のしずく」という意味です。また、マリーとローズをあわせて「マリア様のバラ」というニックネームもあります。


<心身>

精神的な過労や無気力、記憶力減退の改善に役立ちます。血液の循環を促し、発汗作用、利尿作用があるので、老廃物を除去します。


また、スキンケアにも有益で、収れん作用があり、肌を引き締め、脂性肌の改善に効果があります。




image.jpg


残暑お見舞い申し上げます。台風一過で、東京は気温がだいぶ上がりました。皆様、被害などはありませんでしたでしょうか?


今回より、私、みゆき が、アロマのエッセンシャルオイルの特徴などを個々にご紹介して行きたいと思います。第1回目は、ペパーミントのご紹介です。 


科名  シソ科
産地  アメリカ イギリス オーストラリア
抽出部位 葉
香り さわやかなミント系
ノート トップノート


ミントの仲間はスッキリとした香りで古くから親しまれています。 
なかでもポピュラーなのが、ペパーミントで、清涼感ある香りは、頭をスッキリさせ
気分をリフレッシュします。

<身体>
厚いときには冷やし、寒いときには温めるという2つの作用があります。
呼吸器系、胃腸系の不調、頭痛、花粉症、鼻づまりに用いられます。