NPO法人 ナチュラルセラピー研究会 管理人の部屋

残暑お見舞申し上げます。

毎日暑いですねぇ。。

我が家のチビは、エアコンが苦手。

暑いのは、もちろんキライなので家の中の心地よい場所を見つけて伸びています。

こう暑いと、シャワーで済ませてしまい、バスタブに ゆっくり浸かる・・というのも少なくなりがちですね。

夏場は、エアコンなどで体が意外と冷えたりもします。

半身浴や入浴で新陳代謝を活発にして、自律神経の調節を・・と言われていますが、今回慶應義塾大学、熊本大学、名古屋大学、再春館製薬所との共同研究により、マウスの皮膚をお湯につけることでシワを防ぐことができるとの研究結果が発表されました。

体内で増える「熱ショックタンパク質70(HSP70)」が重要な役割を果たしていることも同時に発表されました。

シワは加齢によって代謝不良や水分不足を起しやすくなるということもありますが、紫外線による光老化が主な原因といわれています。

紫外線を浴びることでコラーゲンの質が劣化し、生産量が減ってしまったり、コラーゲン分解酵素が増えてしまったりして、その結果、シワが生じてしまうのだそうです。

熱ショックタンパク質(HSP)は、細胞が熱などのストレスを受けると細胞内で作られるタンパク質の1種です。

熱だけでなく、毒物や紫外線などさまざまなストレスを受けると増え、細胞をストレスに強くすることが知られています。

HSPにはさまざまな種類があるのですが、中でもHSP70は細胞を保護する作用が最も強い点で注目されています。

研究チームでは、HSP70の働きを研究し、紫外線による皮膚のトラブル・・例えばシミの元であるメラニンの過剰な生産を抑えたりすることを発見してきました。

要するに、HSP70を増やせる物質によって理想的なシミ予防化粧品を作ることが できるというわけです。

メラニンは紫外線から皮膚を守る働きをしているので、単に メラニンの生産を抑えるだけであれば、紫外線による皮膚トラブルを起こす可能性もあるので成り立たないですね。

研究チームは、天然物の中で「ヤバツイ」や「アルニカ」という植物の成分が安全にHSP70を増やすことを発見。

すでに化粧品として商品化されています。

これまでHSPとシワに関しては まったく研究されておらず、今回初めて詳細な研究が行われ、成果が挙げられたのだそうです。


実験は、マウスの皮膚を42℃のお湯に5分間浸けることによりHSP70などのHSPを増加させ、その後に、紫外線を当てるという処理を10週間継続し、シワの形成を調査しました。

対照として37℃のお湯に5分間浸けたグループのマウスではっきりとしたシワができましたが、42℃のグループではシワがほとんどできないという結果が出ました。

また、HSP70を常に生産している遺伝子改変マウスでも同様にシワが抑制され、これによってHSP70が紫外線によるシワを防ぐということが示されました。

さらに、HSP70がコラーゲンを分解するタンパク質を減らすことも確認されています。

HSPには、コラーゲンの生産を助け、コラーゲンの質を高めるHSP47というタンパク質もあるのですが、研究チームは、温熱によるシワの抑制には、HSP70だけでなく、HSP47も働いていると考え、現在研究を進めているところなのだそうですよ!

人間でも紫外線を浴びる前にお風呂に入ると、マウスと同様にシワを防ぐことができる可能性があり、今後の応用研究が期待されています。

42℃というのは、ちょっと熱めのお風呂の温度ですね。

タンパク質変性が起こる温度と習ったので、入浴は39~41度位で長目に浸かっていましたが、今後は42度を意識して入ってみようと思います。

AD

NPO法人 ナチュラルセラピー研究会 管理人の部屋


ここ数日・・風が強いですねぇ。


気温は、上がってきたように思いますが、周囲には風邪ひきさんがいっぱい。


私は、この冬・・インフルエンザも風邪も一度も罹っていないのですが、同じような生活でも病気になりやすい人とそうでない人がいますよね。


免疫力や体力の差というのも大きいと思うのですが、東大医科学研究所などの研究チームからと血液型によって罹りやすい病気が違うという結果が出たとの発表がありました。


東京医科歯科大学の藤田紘一郎名誉教授によるとO、B、A、AB型の順に免疫力が強いそうです。


人間や動物に血液型があるように、ABO型の各血液型を持つ病原体が存在していて、同じ血液型の人間を好む性質を持つのだとか。


血液型を持たない病原体でも特定の血液型を好む病原体があるとのことです。


一般的にA型は免疫力が弱く、胃がん、直腸がん、結腸がん、子宮がん、喉頭がんなど、がん全般に患いやすく唾液腺のがんに関しては、O型に比べて1,64倍もかかりやすいそう。


日本にはA型を好み、胃がんを誘発するピロリ菌が多いので要注意だそうですよ。


またA型は、性格的にストレスを溜めやすいことから、糖尿病や心筋梗塞、動脈硬化など生活習慣病を誘発しやすいのだとか。


2008年、欧州心臓病学会によればA型の人間が心疾患にかかる危険性は、ほかの血液型の2~20倍という研究結果が発表されています。


A型を好む数種類のサルモネラ菌や病原性大腸菌に感染しやすいため、食中毒になりやすく、肺炎球菌にも感染しやすいため肺炎にもかかりやすいのだそうです。



B型の性質を持つ、サルモネラ菌や病原性大腸菌などは、B型を好む性質を持っているので食中毒は要注意。


インフルエンザ・ウイルスのなかでも、A1型にB型はかかりやすいとのこと。


肺炎の原因となる肺炎球菌や結核菌もはB型の性質が多いそうですよ。


B型はO型と比較して、10%も結核に感染する確率が高いんですって。


ダニを媒介して発症するツツガムシ病や発疹チフスにもB型は注意が必要だそうです。



最も免疫力が強いというO型は、激しい運動に耐える身体能力を持ち、肉食を好む傾向があるそう。


ほとんどの病気にかかりにくく、特に梅毒感染には強く重症化しないといわれています。


ですが、O型の性質を持つ数種類のサルモネラ菌や、病原性大腸菌などによる食中毒にかかりやすいので注意は必要。


また、インフルエンザ・ウイルスA2型はO型を好む傾向があり、胃がんや大腸がんには強いのですが、胃酸を多く分泌しすぎる体質を持っているため十二指腸潰瘍に弱い傾向が見られます。


胃酸過多は、潰瘍や胃壁の炎症を起こしやすいためO型はA型よりも、十二指腸潰瘍は30%も、胃潰瘍は15%もかかりやすいという研究結果があるそう。


胃がんにかかりにくい理由は、単純に免疫力が強いからだと推測されています。


また人口の90%前後がO型を占めるメキシコやボリビアなどの中南米には、O型を好む菌類が多いため予防接種のないコレラなどには注意が必要です。



AB型は、日本人の9%と少数派。


A型とB型の両方がかかりやすい病気を併せ持っているため、病気に最もかかりやすい血液型と言われています。


A型がかかりやすい胃がんや食道がん、B型がかかりやすい肺炎球菌性肺炎やサルモネラ菌食中毒、梅毒には極めて抵抗力が弱いため注意が必要なのだとか。


ですが、マイナス要素ばかりではなく血液型によって合う食べ物、合わない食べ物がある中、AB型に関しては“どんな食べ物”でも体質に合う特殊な血液だそうです。


そのため、ほかの血液型と比較して、最も食物アレルギーを起こしにくいのだそうですよ!



いずれにしても、適度な運動、規則正しい食を心がけること。


最近、多忙で運動不足気味なので、フィットネスを再開しなくては・・。


薄着の季節も近いですしね!

AD

NPO法人 ナチュラルセラピー研究会 管理人の部屋


皆さんは、ストレスが溜まった時、どのように発散していますか?


私のストレス解消法は・・。


①美味しいものを食べる

②アロマセラピー

③旅に出る


・・って、1番が食い気というのもなんですが、基本は「ハッピーな気持ちになることをする」といった感じです。


写真は、先日行ったTDSのものですが、さすが夢の国。


とても癒されてました。



そして先ほど、ニュージーランドに着きました。


私は「ストレス解消」ばかりに励んで、ストレスが溜まる暇がないようです^^;



宿泊する場所は知人のファーム。


去年の地震で築100年の建物が崩壊し、新しくなったのでピカピカ。


ファームというより高級ホテルのような室内です。


呑気に感動していましたが歴史的建物がなくなってしまったのはとても残念。


日本も震災があったので、他人ごとではないですよね。



夜到着だったので、外は見ていないのですが周辺はファーム以外「何もない」


ある意味、とても贅沢ですね。


素晴らしい自然の中、朝のお散歩が楽しみです。


機会があれば写真UPしますね^^



さて、今回はストレスに関するニュースをお知らせします。


名古屋大学の研究チームによると「ストレス」によって糖代謝異常、血栓症を引き起こす原因のひとつとして、脂肪の炎症が関係することがわかったそうです。


夜勤などのストレスの高い労働者は、糖尿病などのメタボリック症候群の罹患率が高く地震などの災害が起こった地域では虚血性心疾患が増加するのだとか。


そしてメタボリック症候群の患者は虚血性心疾患が増加することから密接な関係があるのではないかといわれていましたが病態のメカニズムが明らかになっていませんでした。


実験は2週間、マウスに心理的ストレスを1日2時間及ぼしました。


するとストレスが交感神経やストレスホルモンの活性化して内臓脂肪を分解するので萎縮し、「血中遊離脂肪酸」が増加して、内臓脂肪組織が炎症を起こしたそうです。

そしてストレス後には、血栓形成されやすい傾向となり、インスリン抵抗性の増悪も認められました。

そこで、中和抗体などで脂肪幹細胞でマウスを治療したところ、脂肪炎症は抑制され、血栓形成傾向とインスリン感受性も改善されました。

今回の結果により、ストレスは、肥満個体におけるメタボリック症候群と同様の病態を引き起こすと考えられるのだそうです。


今後ストレスが引き起こす病態の解析がさらに進められ、"ストレス関連疾患"の抗炎症治療の開発、そして脂肪幹細胞は、遺伝子治療、細胞治療のハイブリッド治療につながっていくことが期待されています。

AD

トマトでメタボ解消?!

テーマ:

NPO法人 ナチュラルセラピー研究会 管理人の部屋-2012021602590000.jpg
「なんでメタボの話題だとボクなの(`Δ´)!」



…と、言わんばかりにブラインドを破壊したチビ。



今日は、こんなニュースをご紹介します。


京都大農学の研究チーム、日本デルモンテによるとトマトに脂肪燃焼効果がある成分が含まれているということで、トマトの新たな効能が注目されています。

トマトは、カロテンやリコピンなど抗酸化機能のある成分が含まれていて、脂質異常症や糖尿病にも効果的であると言われていますよね。

トマト酢も安眠に効くと一時期小ブームになりましたっけ^^


「トマトが赤くなると医者が青くなる」というくらい健康食の代名詞でもあるトマト。


今回、研究チームは脂肪燃焼を促進する不飽和脂肪酸の一種(リノール酸誘導体)を見つけたのだそうです。

実験は、有効成分の粉末を高脂肪食とともにマウスに1カ月間与えると、与えないマウスと比べ血中や肝臓の中性脂肪量を測定しました。

与えたマウスは、中性脂肪の量が約3割減ったそうで、成分の摂取によって肝臓で脂肪燃焼に働くタンパク質が多く作られ、血糖値が低下することが確認されたということです。

実験でマウスに毎日与えた有効成分量は、人に換算するとトマトジュース600ml。

含有量は、生のトマトよりもジュースに多く製造時の加熱で成分が増えるのではないかと推測されています。

脂肪燃焼のスイッチをオンにする働きがあると考えられているこの成分は、果たして肥満の救世主になるのでしょうか?

発表後は、スーパーなどでトマトジュースが品薄になっているところも多いらしいのですが・・また値上がりするのかな?

睡眠と卵巣ガンの関係

テーマ:
NPO法人 ナチュラルセラピー研究会 管理人の部屋-2011111421350000.jpg

チビの睡眠・・平均18時間?!

今日は、こんなニュースをお届けします。
「7時間以上の睡眠は、卵巣がんのリスクを下げる可能性がある」との研究結果を国立がん研究センターから発表がありました。


40-69歳の女性約4万5700人を対象に、1990-94年から2008年まで追跡調査したデータを分析。

出産回数やBMI、喫煙や運動習慣などと、卵巣がんの発症リスクとの関連を調べたところ、平均約16年間の期間中、86人が上皮性卵巣がんを発症。

 分析結果によると、日常の睡眠時間が7時間以上のグループは、6時間未満のグループに比べて、卵巣がんの発症リスクが0.4倍と低かったそうです。

出産歴との関連では、出産回数が1回増えるごとに、リスクは0・75倍に減少しました。

 研究チームは、「睡眠時間との関連はこれまで報告されておらず、今後の検証が必要」とした上で、「普段の睡眠時間が長いことが、卵巣がんのリスクを下げる可能性がある要因として示された」としています。

睡眠に関しては、時間の長さだけでなく時間帯、起床時刻などによる研究など多く見られますね。

寝すぎも良くないという結果も報告されていますし、まだまだ、研究の必要はありますが『上質の睡眠』を心掛けたいですね。

脳出血と虫歯菌

テーマ:

NPO法人 ナチュラルセラピー研究会 管理人の部屋


皆さま、お久しぶりです。


ここ数日は、ずいぶん過ごしやすくなりましたね。


チビも、お昼寝しやすくなったようで、気持ちよさそう。



さて、今日は、こんなニュースをお届けします。



浜松医大、聖隷浜松病院の研究チームが、脳出血を引き起こす危険性が高い特殊な虫歯菌を発見したとの発表がありました。


このタイプの菌は「Cnm陽性う蝕原因菌」と呼ばれ、保菌者の口から、抜歯や歯磨きを介して血液中に入るそうです。


成人の70%以上は何らかの虫歯菌を持っていると言われていますが、うち10%ほどがこの菌の保菌者なのだそうです。


この虫歯菌は、皮膚や骨などになるコラーゲンと結合するたんぱく質を作る特殊な種類だそうで、脳出血患者の27%が感染していたとのこと。



患者ではない人の検出率と比較して計算すると、脳出血リスクは約4倍になるのだそうです。



研究は、この菌と普通の虫歯菌を、脳出血を起こしたマウスに投与し違いを調べました。


脳の血管内皮に傷をつけると、この菌が下層のコラーゲン繊維にどんどん集まり、血小板による傷の修復が間に合わず出血を起こすのだそうです。


また高血圧、加齢、喫煙などで血管内皮が弱ったり、傷ついたりすると、発症率が上がるということです。


菌は、口移しなどで母子感染する恐れもあるということで、菌によって、すぐに脳出血を起こすわけではないのですが注意が必要ですね。


口内を衛生的に保つことが脳出血患者の再発予防に役立つ可能性がある!


研究が進んで予防や治療薬の開発につながることを期待しましょう^^

NPO法人 ナチュラルセラピー研究会 管理人の部屋-NEC_1030.jpg

大きな体を小さくしてるチビ。

まるでアンモナイトみたい( ´艸`)


さて、今日お伝えするのは女性必見のうれしいニュースです。

生姜から抽出したエキスがシミの元になるメラニンの生成を抑制するとポーラ化成工業さんから発表がありました。

女性の天敵であるしみはメラニン色素を生成する細胞「メラサイト」の中にある酵素「チロシナーゼ」が活発化して、メラニンが過剰に生成されることによって発生します。

今回の研究で、生姜抽出エキスを「メラノサイト」に添加したところ内部のpHが酸性化して「チロシナーゼ」の活性が低下することが確認されたのだそうです。

アンチエイジングとホワイトニングは、永遠のテーマです。

今後、の研究で、進化した美白化粧品の開発される日は、そう遠くないかもしれませんね^^

NPO法人 ナチュラルセラピー研究会 管理人の部屋-れな


遅ればせながら・・明けましておめでとうございます。


今年もよろしくお願いいたします♪


さて、今日はこんなニュースをご紹介します。


女性はいくつになっても美しくありたいと願うもの。


そのためにダイエットをしたり、ファッションで自分を表現したりメイクアップで自分を演出したりします。



メイクは、その時代によって流行がありますが、いつの時代もアイメイクは一番重点を置くポイントだったりしますよね。


最近は、マスカラも品質向上が目覚しく、にじまずパンダ目にならないまつげが長くなるものが人気です。


まつげカールやエクステも気軽に取り入れている方も増えています。


眼力っていうのは、女性の魅力を引き立たせる武器ですものね!



古代エジプトでも女性はアイメークをしていたそうですが、それには2つの意味があったのだそうですよ。


1つめは、悪魔から身を守る魔よけの意味。


そしてもう1つは、目の病気を予防する役割があったんですって。


ルーブル美術館や仏国立研究センターの研究チームによると、古代エジプト人は約4000年前に、目の周りに塗る化粧法を生み出したのだとか。

鉛と鉛塩を混ぜ合わせた顔料で作るために1カ月もかかることもあったのだそうです。


一般的には鉛は有害であるとされていますが、分析化学の手法を用い極々微量の鉛であれば細胞は死なないことも証明したとのこと。


驚くことに、一酸化窒素分子が生成されて目が細菌に侵されようとした場合などに、細菌を撃退する免疫システムが活性化されることが分かったそうです。


研究は、古代エジプト人が合成した酸化鉛化合物のラウリオナイトが一つの細胞に及ぼす影響を、髪の毛の10分の1の極小の電極を用いて調べました。


研究チームは、古代のギリシャ人やローマ人がエジプト女性のアイメークに医学的な効果があることに気付き、そのメカニズムを科学的に明らかにしたかったのだそうです。

不規則と高血圧の関係

テーマ:

NPO法人 ナチュラルセラピー研究会 管理人の部屋-NEC_0287.jpg


レナは爆睡中zzz・・・


美味しい夢を見てるのかなぁ。。


ネコって、とってもマイペース。


規則正しく、ちゃんと睡眠も食べることもコントロールしています。


それに比べると、人間ってダメですねぇ。。


夜更かししたり食べ過ぎたり・・誘惑や欲求にまかせて不規則な生活をついついしてしまうことってありますよね。


不規則な生活や塩分の過剰摂取で高血圧症になるといわれていますが、このほど、京都大学の研究チームが動物実験によって原因を世界で初めて突き止めたとの発表がありました。


今まで、徹夜などの不規則な生活で高血圧症になりやすいといわれていたものの原因は不明だったのだそうです。


今回研究チームは、遺伝子を改変して生体リズムを壊したマウスで実験を行いました。


結果、ホルモンを出す臓器である「副腎」から、体内の塩分量を一定に保つ作用があるホルモンが過剰に出ていることが判明したのだそうですよ。

さらに副腎の遺伝子解析をしたところ、ホルモンを作る特定の酵素「水酸化ステロイド脱水素酵素」が通常の5倍以上生まれていることもわかりました。


そしてマウスに食塩を与えると、高血圧になったということです。



研究チームの岡村教授によると「この酵素は人にもあり、同じ作用をする可能性が高い」と指摘。


「不規則な生活が不健康になる一面が科学的にも証明された。現代人の教訓にしてほしい」と話しています。


私は、どちらかというと低血圧なのですが、同じ低血圧の友人が早期更年期障害で体調を壊し、急激に血圧が上がったときがあったという話も聞いているので、他人事というわけにはいかないですよね。


夜型の方は、要注意ですね!!

NPO法人 ナチュラルセラピー研究会 管理人の部屋-NEC_6650.jpg

このところ寒くなって、布団の中にもぐりこんでくるチビ。

我が家では、チビの寝る場所で季節を感じます。

寒いのは苦手な私ですが、腕枕で眠るチビはホント可愛くて、癒されるんですよねぇ。


マイペースなレナは、私の顔の横で寝たり、上に乗っかったり・・完全に私を下だと思っています。

19歳になったレナは、人間に換算すると90歳越え。

我が家の最長老ですから、何でもアリです。

いつもは、微妙な距離をとっているチビとレナがつながっていました。

こんな日は、ちょっぴりシアワセ感じます。


さて、女性にうれしいこんなニュースをみかけました。

皮膚や動脈などのしなやかさを作るのに欠かせないたんぱく質の働きを、関西医大、京都大医学研究科の研究チームが解明したそうです。

研究チームによると、動脈などにある「ファイブリン4」というたんぱく質が、組織を伸び縮みさせる「弾性線維」を作るのに必要なことを確認したとのこと。

遺伝子操作でファイブリン4が通常の8%しかできないマウスを作ったところ、大動脈瘤ができて、動脈の伸縮性も悪かったのだそうです。

ファイブリン4は、弾性線維の材料となる別のたんぱく質同士の結合に必要な酵素に働きかけて、正常な弾性線維を作るのを助けるということですね。

このファイブリン4を活かして皮膚の弾力を取り戻す薬や、動脈硬化を治療する薬など、老化防止や美容に役立つ技術開発につながる可能性が高いと期待は高まっているそうです。

重力との戦いに勝利する日は、やってくるのかな?