ブルガリアの長寿食として有名なヨーグルト。

 

チビは、大好きなんです。

 

病気ひとつないのもヨーグルトのおかげ?

 

 

実は、古くからペルシャでは化粧品として使用されていたそうです。

 

 

今回は、食べても塗っても優秀なヨーグルトに着目してみたいと思います。

 

 

善玉菌の代表ともいえる乳酸菌は腸内の有用菌を増やし悪玉菌を減らす働きがあるのは周知の通りですね。

 

 

悪玉菌の代表であるウェルシュ菌は、オナラの臭い原因と言われていますが、増加すると様々なトラブルの原因となります。

 

減少することによってアレルギーの発症を抑えると言われています。

 

 

 

花粉症に有効なヨーグルトが注目されたのも記憶に新しいですよね。

 

 

 

乳酸菌は、血中コレステロールを減らし免疫機能を高める働きも期待できます。

 

さらに腸内環境を整え新陳代謝を活発にすることで老化防止にも役立つのです。

 

 

整腸作用で下痢にも便秘にも有効。

 

 

ですが腸内定着することは出来ませんので習慣的に摂る必要があります。

 

 

 

ヨーグルトに含まれるのカルシウムやタンパク質は、消化吸収しやすいというメリットもあるので病中病後、お子さんや高齢の方にもおすすめです。

 

 

 

次に、化粧品としてのヨーグルト活用法をご紹介しますね。

 

昔から、野菜や果物、ゴマやきな粉、小豆など「食べていいものは塗ってもいいのでは?」と実験していた私。

 

 

理屈を知らないままに賞味期限の切れたヨーグルトを体に塗ったり、残ったヨーグルトを直接お顔に塗布したりしますがお肌がつるっと滑らかになって白くなり感激したことを思い出します。

 

 

では、どうして美肌に導いてくれるのでしょうか?

 

 

ヨーグルトに含まれている「乳清」は肌に近い成分で出来ていて肌なじみがとても良く保湿効果があると言われています。

 

 

「ビタミンB群」は細胞の代謝を促し「フルーツ酸」には、古い角質を取り除くマイルドなピーリング効果があるので、シミが薄くなったり、くすみがなくなり透明感が出る実感を感じられるわけです。

 

 

とはいえ、毎日行うと皮膚が薄く過敏になってしまうこともありますので3日に1回くらいを限度に使用してくださいね。

 

 

さらに「亜鉛」にはニキビの原因となるアクネ菌を減らします。

 

 

さらに、収れん作用もあるので毛穴をひきしめてくれます。

 

 

使用するのは無糖のプレーンヨーグルトがおすすめです。

 

 

入浴時、洗顔後のお肌に塗ってくるくると軽くマッサージ。

 

 

5~15分おいて洗い流すだけでOK!

 

 

保湿したい方はハチミツやオリーブオイルを混ぜて使うのも良いですよ。

 

 

ニキビの方は刺激は避けたいのでコットンなどに含ませローションパック的に使ってくださいね。

 

 

脂性肌が気になる方は、ドライイーストを少し足すと効果的ですよ。

 

 

お財布にもカラダにも優しいヨーグルト。

 

 

ぜひ活用してみてくださいね。

 

 

注意:ナチュラルセラピーは100%安全というわけではありません。体質的に合わずアレルギーや刺激を感じることもありますので、使用前にパッチテストなどを行い自己責任のもと行ってください。

 

AD


皆様、ご無沙汰しております。



桜が待ち遠しい今日この頃ですが、いかがお過ごしでしょうか?



先月、オーストラリア シドニーの日本人情報誌「JENTA」にナチュラルセラピー研究会の記事が掲載されました。


海外ですのでお目にかけられないのですが・・内容的には以前ご紹介したたまごのお話です。




さて・・。


我が家のチビも気付けば来月12歳になります。


とはいえ、末っ子キャラなので相変わらずのワガママ放題。


元気に走り回っていますが、以前よりは食が細くなったかな?


そこだけは、私も見習いたいです^^;

NPO法人 ナチュラルセラピー研究会 管理人の部屋

皆様ご無沙汰しております。

チビは、今日も安眠。。

いいなぁ、ネコって。



さて、今日はタマゴに注目してみました。

3大栄養素であるタンパク質は、私たちの血や肉になる元となるのは皆様ご存じですよね!

コレステロール値の高い方は、少し注意が必要ではありますが、食材としての卵は優等生タンパク質。

プロテインスコア100の食品です。

これは、必須アミノ酸のスコアのこと。

8種類の必須アミノ酸は、1つでも欠けていたり含有量が低かったりすると他のスコアが高かったとしても1番低いスコアレベルで働くんです。



また卵の殻は、昔から民間療法として胃痛薬としても使われていました。

きれいに洗った殻をフライパンで茶色くなるまで炒ってミルミキサーで粉末状にします。(すり鉢でもOK)

小さじ1杯くらいを牛乳や豆乳に混ぜたりオブラートに包んで飲むと胃痛に効くといわれています。

二日酔いにも良いそうですよ。


食べて美味しくて身体に有用なタマゴ・・実は、美容にも活躍するんです。

以前、生卵の薄皮を使った手作りコスメローズヒアルロン酸化粧水 をご紹介しましたが、手をかけなくても簡単に活用できちゃう方法もあります。

例えば、ディープクレンジング&パック

卵黄半分に小麦粉を入れてマヨネーズ状になったら、クレンジング後お顔全体に伸ばして3分おいて洗い流します。

お肌はスッキリツルツルになります。

また、もっと簡単な廃品利用の卵白パックも!

料理などで使った生卵の殻って卵白が残っているでしょ?

それを指ですくい上げてお顔に伸ばします。

オムレツなどで殻がたくさん出た時に試してみてください。

もちろん、卵白を普通に使用してもOK!

10分位おいてから洗い流すとツルンとしたお肌に♪


ちょっと手をかけてあげて卵白を泡立たふんわり泡パックもおすすめです。

お顔にも体にも使えますよ。


卵白は、やけどなどにもお役立ち。

流水で患部をよく冷して卵白にラベンダーのエッセンシャルオイルを1滴落として塗布すると回復が早く跡も残りにくいんですよ。

また擦り傷に生卵の薄皮を貼り付けキズテープで固定して半日ほど貼っておくと傷の治りが早くなります。



また、ヘアトリートメントにも活用できますよ。

卵黄ツヤツヤトリートメント
は、シャンプー後に卵黄1個にオリーブオイルを少々混ぜて、濡らした髪に行き渡らせます。

洗い流すときは、温度が高すぎないように40度以下で流してくださいね。


卵黄ツルツルパックはシャンプー前に使うトリートメント。

卵白のプロテインがダメージを修復してくれるのでカラーリングやウェーブで傷んだヘアにはおすすめです。

卵白1個分に大さじ1~2の水とオリーブオイルを小さじ1/2入れてよく混ぜ、傷んだ毛先などに塗布してラップやヘアキャップをして5分ほどおいて、通常通りシャンプーして洗い流します。

クシ通りの良いサラツヤ感が魅力です。

ヘアに使う際は、ちょっとニオイが気になるのでお好みでエッセンシャルオイルを入れるといいかも!


ナチュラルセラピーは、自然のものを活用しますが、アレルギーやトラブルが全く起きないわけではありません。

外用使用前には、パッチテストをしてから行ってみてくださいね。
NPO法人 ナチュラルセラピー研究会 管理人の部屋


ナチュラルセラピー研究が以前、壮快で発表したゴーヤの化粧水レシ ピがマキノ出版ムックから「やせる!糖尿病に大効果!ゴーヤレシピ」として発売されました。

NPO法人 ナチュラルセラピー研究会 管理人の部屋

協力させていただいたのは42~45ページ。

NPO法人 ナチュラルセラピー研究会 管理人の部屋

書店で見かけたらチェックしてみてくださいね!

NPO法人 ナチュラルセラピー研究会 管理人の部屋-2012021017060000.jpg


国立感染症研究所の発表によると、この1週間で全国の医療機関を受診した患者数は、推計約211万人。

検出されているウイルスは、約9割がA香港型だそうです。



毎年インフルエンザは1月下旬から2月上旬がピークの傾向がみられるので予防対策をしてくださいね!

基本ですが、うがいや手洗いを徹底することが大切です。


予防マスクなどもおすすめ。

私は、通勤時に精油を1滴滴下したマスクを愛用しています。

私はペパーミントとユーカリのブレンドを使用していますが、乾燥して喉が痛くなることもく快適♪

おかげさまでこの冬は1度も風邪などには罹患していません。

寝坊した朝のノーメイク対策にも(笑)



年末に、母、主人、子供が次々に風邪でダウンした時にも、私だけ元気でした。

これは毎日精油を吸引していたおかげ?

まだ、寒い日が続いていますので、皆さまご自愛くださいね~。

柿の葉茶


柿の葉には、実の10倍のビタミンCが含まれているそうで、ポリフェノールやカテキンも豊富に含まれています。


ですから、抗酸化作用、抗ウイルス作用、血中コレステロールの低下も見込まれるのだそうです。


お茶に活用できる柿の葉は6~10月のもの。


できるだけ、新目の葉を選んでくださいね。


作り方は簡単!


①葉を洗って2~3日陰干しする。


②はさみで2~3cmにカットして蒸し器で1分半蒸す。


③ざるなどに乗せうちわで扇いで重ならないように陰干しして完全に乾かします。



足湯

ちょっと眠いチビ 眠いにゃ~ネコぐぅぐぅ


足湯は、気軽にできるナチュラルセラピーです。


眠れない夜に行うと、ぐっすり安眠が期待できますし、これからの季節には是非試していただきたいな~~と思います。


今日は、足湯を効果的に行うためのポイントをいくつかご紹介させていただきますねヾ(@^(∞)^@)ノ



足湯用の機械(フットバス)などは、家電店やインターネットなどでも気軽に購入することができますが、その際大事なことはお湯が足首までつかる深さのあるものを選ぶこと!!


足首の周りにはリンパの反射区があるので、足首まで暖めた方が循環がよくなると考えられているからです。(ふくらはぎまでならなおよい)


もちろん、機械がなくてもOKです。


足が、きつくない大きさのバケツにお湯を入れるだけで立派なフットバスになるんです。


バケツでなくても発泡スチロールの箱(魚屋さんなどで分けてもらえる)を活用すると、お湯が冷めなくて便利ですし、最近は足湯用のバケツもホームセンターなどで買うことができますよ。


お湯は42~3℃でちょっと熱めかなぁ・・という位の温度にします。


お湯の中に、入浴剤やお茶がら(殺菌効果があります)、ハーブティ(ハーブの効能だけでなくリッチなリラックス感も!!)、自然塩・重曹(体を温めてくれます)、好みのエッセンシャルオイル(抗菌効果、免疫力UP、美肌などが期待できます)などを入れると更に効果的ですヾ(@°▽°@)ノ


この中に15~20分足を入れるだけでOK!


温度が下がったら、途中で熱いお湯を足してくだいね。


市販のフットバスの場合は、油性の強いものや塩は使えない場合がありますので注意してください。


私は風邪の引きはじめに足湯をするのですが、汗をかいて安眠すると翌朝には、すっかり治ってしまいます。


かなり汗が出るのでびっくりする方もいますが、冷えないようにお着替えは忘れずにしてくださいね。


最近は、お湯を使わないでできる足浴器やスチームのものや、セラミックの石を使ったものなどもあるので、お湯を扱うのが面倒・・なんて方にはよいかもしれませんね。


(=^^=)Mika