民主党は14日、副幹事長人事を内定した。

 小沢氏側近の樋高剛、青木愛両衆院議員、佐藤公治参院議員らは退任、菅首相に近い寺田学、本多平直両衆院議員が登用された。

 寺田氏は首相補佐官も兼務する。筆頭副幹事長は、再任の山根隆治参院議員。このほかの副幹事長は次の通り(敬称略、「参」は参院議員)。

 手塚仁雄、奥田建、岡本充功、菊田真紀子、田名部匡代、糸川正晃、松浦大悟(参)、吉川沙織(参)=以上、新任。今野東(参)、吉田治、辻恵=以上、再任。

福島県浜通りで震度5弱(産経新聞)
強制消毒、鹿児島など3県も指定=優良種牛5頭、シロ確定―口蹄疫(時事通信)
<水難>兄弟がゴムボートから転落 福岡・遠賀川(毎日新聞)
大島元会長を任意同行 親族会社に資産流出の疑い 警視庁(産経新聞)
鳩山政権を真摯に反省、新たな出発…枝野幹事長(読売新聞)
AD