公明党の山口那津男代表は15日、福岡市で開かれた「毎日・世論フォーラム」(毎日新聞社主催)で講演し、今夏の参院選について「現有11議席維持が最優先課題だ。自らの足場がしっかり固まれば、その後のいろいろな展開が考えられる状況は出てくる」と述べ、選挙後の鳩山政権との連携も視野に入れていることを示唆した。

 また、最近の民主党との接近については「『公明党にすり寄ってきた民主党』との表現が正しいのではないか。公明党は一貫して政策の実現を推進する」と指摘した。【田所柳子】

【関連ニュース】
公明党:今夏参院選、他党の推薦せず…自民との協力見直し
鳩山首相:公明・山口代表と会談 政策提言に丁寧に対応
公明党:新代表に山口氏内定
鳩山首相:公明に「配慮」 国会運営、参院選にらみ
党首討論:政策論議置き去り 谷垣・自民総裁、追及に新味なく/首相、公明には配慮も

災害医療で「医師会JMAT」を提案-日医委員会(医療介護CBニュース)
<のど詰まり>食品安全委が提言見送りへ(毎日新聞)
シー・シェパード活動家を逮捕=東京港到着の捕鯨船内で-艦船侵入の疑い・海保(時事通信)
来年も見たい、梅の花 東京・青梅市「梅の公園」(産経新聞)
最後のラブレター「遺言信託」 相続の争い解消…自筆は問題も(産経新聞)
AD