生月(いきつき)島在住の歯科医(TOMOYA TAKASAKI)が世界に近づきながら書く楽しいスローライフブログ

長崎県平戸市の生月島にて、最西端より最先端の歯科医療の提供を目指し、日々奮闘中のDr.なちゅてぃーのブログ。予防歯科、審美歯科、義歯、インプラント、小児矯正だけでなく、何でもありで、書いちゃいます。生月(いきつき)から、世界が近くなっています!

2016年3月24日(木曜日 大安)


NATURAL TEETHの第二章がスタートビックリマーク



NEW !
テーマ:

昨夜、イモトさんの奮闘をみた後、もう1つTVを見ていた事を思い出した。

NHKスペシャル「縮小ニッポンの衝撃」

僕が住む生月島、平戸市、長崎県全体が人口減少にあるのは、もちろん知っていた。

しかし、東京でも2020年のオリンピック開催以降は減少に転じると知った。

 

番組内では、財政破綻をした夕張市の取り組みが詳細に紹介されていた。

若い市長さんの給与は手取りで10万円代だった。

市長という重荷を背負うのに、あまりにも安いのではと正直感じたが、番組を見ているとそうも言っていられない切実さが伝わった。

 

見ていて背筋が凍る思いがした。

平戸市も決して裕福な市ではないので、このままいくと夕張市と同じような状態になるかもしれないという事を。

 

隣の松浦市から通う歯科衛生士のMも危機感を感じていた。

今朝の朝礼で、日曜日の出来事を話した。

地元のグランドゴルフ大会に参加したら、ピーク時の3分の1程度に参加者が減っていたらしい。

このままだと来年以降の大会運営も危ぶまれるとのこと。

どこも地方は、非常い厳しい状態にある。

 

ただ僕は番組を見ていて判った。

地方に住もうが大都会に住もうが、日本は間違いなく今まで経験した事がない時代に突入しているという事。

世界の先進国でも随一の少子高齢化が進んでいる日本で起こることには、今のところ答えがない。

そんな時代に生きるにために、

答えがない時代を生きる覚悟が必要!

と僕は考えている。

 

だから、今朝の朝礼でスタッフ達にも伝えたのだが、当院はチャレンジをし続ける。

そして、変化を受け入れ、時代を乗り切ると。

 

これからの時代、これで良いと思った時点で衰退を意味すると僕は思う。

真摯に様々な分野にアンテナを張り、トライ&エラーを繰り返しては、

続きはhttp://www.nteeth.com/2016/09/26/nhkspecial/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
NEW !
テーマ:

僕は、一般家庭の出身だ。

学生時代は、大学&大学院を奨学金とアルバイトで過ごした。

その時、様々な仕事を経験したり、他業種の人たちと出会えた。

当時の経験と出会いは、今の僕の財産だ。

 

そんな時によく聞いたのが、

歯医者さんで、どんな治療をされているか分からない!

だった。

僕自身も歯医者は苦手だった。

昔は、先生からされるままに治療されていた経験がある。

 

そこで開業したら、どういう治療をしているのか、次回どういう治療をするのかをきちんと伝える歯科医院にしようと決めていた。

これは2005年の開業時から続けている。

そして説明に利用するため、術前、必要に応じて術中、術後の写真を撮るようにしている。

 

すぐに説明出来るように、九州ではいち早くメディア社のビジュアルマックスを導入した。

撮影後、すぐにPCに取り込み、治療直後に説明できるようにした。

 

また今年の春の移転時に、マイクロスコープpico MORAを3機体制にすると共に、マイクロスコープ下の動画を撮影し、それを治療直後にそれを見せる事ができるカリーナシステム社のDVP2を導入した。

歯科医師、歯科衛生士目線の動画をすぐに見せる事が出来るので、患者さん達からは、どんな風に治療されているか分かるので、とても良いと評価を得ている。

院内研修や、講演などに活かせるので、導入してとても良かったと思っている。

 

治療方針を決めていく上でも、患者さんの声をしっかり聞くようにしている。

それは僕だけでなく、スタッフ全員で心がけている。

治療には、メリット、デメリットが必ずある。

それらを1つ1つ説明して、その患者さんの要望に沿うような提案を心がけている。

 

少ない治療本数の場合は、スタッフ達に任せているが、全顎に渡る治療の場合は、歯科医師の僕自ら説明している。

それは、もしも自分が癌になり治療の説明を受ける時、主治医の説明を受けたいと考えているからだ。

ただ診療中に、それを行うのはとても難しい。

それで悩んでいた時期があったが、今は解消している。

 

その詳細に関して、続きはhttp://www.nteeth.com/2016/09/26/counseling/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先日の祝日、そして昨日の日曜日の二日間、とある執筆の時間に充てた。

臨床系の執筆は症例写真の撮影からあるので、かなりの時間がかかる。

 

今年は、移転したばかりなので、執筆関係は断っていたのだが、以前お世話になった編集者の方から直々に依頼を受けたので、断る術がなかった。

某S社から直接来ていたら断っていたと思うので、この手配の仕方、さすが◯さんと唸った。

 

しかし、今回の話は、大きな組織に属さない西の端の小さな島の一歯科医が、日本を代表する著名な先生方の中に混じって執筆させて頂く機会だったので、本当にありがたい。

 

ただ、その依頼を受けた直後に矢継ぎ早に、次の某依頼も入り、長月は、S社の社員以上に、S社のために働いているかもしれない。

 

今回の僕の担当は、シンプルすぎる材料がテーマなので、正直、非常に書きづらく、かなり手こずった。

たった4ページなのに、こんなに時間かかってどうすると自分の不器用さに呆れる。

だからと言って、素晴らしい執筆になったかというと、全く自信がない。

 

しかし、参考文献などを多数読めたので、自分の勉強になり良かったと思う。

来年、歯科関係の皆様に届く書籍にチラッと登場する予定です。

ボツネタにならなければ...

 

執筆をしながらも、生月(いきつき)島に一人暮らし中なので、全ての家事は僕がやらなくてはいけない。

掃除、洗濯、3度の食事、全てやっている。

都会なら、定食屋があったりして食に事欠かないと思うが、ココではそうもいかない。

 

昨年、一人暮らしを始めた当初は、電子レンジでチンチン生活だったが、味が濃すぎて、飽きてしまった。

購入するコンビニを、セブン、ファミマと変えてみても一緒だった。

そう、結局、自分で作るのが一番良いとわかった。

 

自分で作りだすと、いかに野菜などのロスをさせないように献立を考えるようになった。

そうする事で、今まで妻がどれだけ頑張ってきてくれたか気づき、本当に感謝だ。いや、妻だけでない。

自分を育ててくれた母にも感謝だ。身を以て知った。

 

これでいつ離縁状を突きつけられても、生きていける...

いや、そうならないで欲しいと切に願う...

 

夕方、執筆がほぼ終わり、ボチボチ夕食でも作ろうかな...と考えていたところ、携帯が鳴った。

お世話になっている歳がほぼ一緒の技工士のYさんからだ。

 

技工物の打ち合わせだったのだが、日曜日の身体を休めていなくてはいけない日に作業されているので心配になった。

経営者なので、ある程度は仕方ないが、お互いに体調に注意して頑張りましょうと話をして電話を切った。

 

日本では、技工士さんが、どんどん少なくなっているので、本当にどうにかしなくてはいけない。

微力ながら、技工士さん達が、より良い環境で、素晴らしい仕事が出来るように貢献したい。

 

風呂に入り、夕食を食べ終わり、TVのイモトさんの奮闘を見た後、寝ようと思ってベッドに入ったが...

続きはhttp://www.nteeth.com/2016/09/26/ikitsuki2/

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。