羽根直樹本因坊(33)に山下敬吾天元(31)が挑む第65期本因坊決定戦七番勝負(毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第3局が8日、奈良市の奈良ホテルで開幕する。

 1勝1敗のタイで迎える第3局の先番は羽根。立会は石井邦生九段、解説は植木善大八段、記録は佐々木毅五段と古家正大四段が務める。

 7日午後6時から開かれた前夜祭では、園崎明夫・毎日新聞大阪本社副代表が「本因坊戦の長い歴史の中ではさまざまなドラマが生まれてきた。若い実力者のお二人によって、新しい時代の新しいドラマが生まれることを、全国のファンとともに期待しています」とあいさつ。荒井正吾・奈良県知事が「日本で一番古い碁盤が正倉院にある。遷都1300年祭で盛り上がる奈良で、歴史ある本因坊戦が開催されることを心から感謝したい」と歓迎の言葉を述べ、仲川げん・奈良市長の発声で乾杯した。

 対局は8日午前9時に開始。午後5時に手番の者が封じ手を行って9日に打ち継がれる。持ち時間は各8時間。【澤木政輝】

【関連ニュース】
囲碁:アジア大会代表候補12人発表
囲碁:山下勝ち、1勝1敗に 本因坊戦第2局
囲碁:本因坊戦第2局 再び険しい局面へ
囲碁:本因坊戦第2局始まる 羽根、強気に戦う
囲碁:本因坊戦第2局、久留米で26日から

盗撮行為の大阪市職員逮捕 東成署(産経新聞)
桂歌丸さん 肺疾患予防検討会の委員に(毎日新聞)
参院選 谷垣総裁目標低すぎ?「40議席台」(毎日新聞)
振興銀を刑事告発へ=検査忌避容疑で―金融庁(時事通信)
前原氏も出馬せず菅氏支持(産経新聞)
AD