仙谷由人国家戦略担当相は20日、国家公務員制度改革に関し「民間(企業)でいう希望退職のような制度をつくる必要があるかもしれない」と述べた。公務員の人件費削減や人事停滞を防ぐ狙いとみられる。
 仙谷氏は「公務員制度改革を考えるとき、民間がどうなりつつあるのか、そこが一番の前提にならなければいけない」として、民間企業を参考に新たな制度を検討する考えを示した。視察先の香川県直島町から岡山県玉野市に向かうフェリーの上で記者団に語った。 

【関連ニュース】
NPOへの出向活用へ=国家公務員の退職管理
公務員の幹部人事凍結=新制度前の駆け込み防止
スト権付与も検討=国家公務員の労働基本権
国家公務員、採用4割減に=早期勧奨退職廃止で
統計業務の半減を提言へ=渡辺総務副大臣

覚せい剤取り締まり法違反の男性に無罪判決 京都(産経新聞)
歴史共同研究委 共通認識ほど遠く 当初から悪玉史観 議論は不毛だった(産経新聞)
<同意人事>原子力安全委員は原案通り決定へ(毎日新聞)
政権担当能力が欠如と自民総裁=郵政改革、公明代表も批判(時事通信)
波元会長にきょう判決=無罪主張、求刑懲役18年-「円天」詐欺事件・東京地裁(時事通信)
AD