障害者施設にて、月に1回余暇活動として、お花を教えにいっています。

この日は多肉植物のアレンジとリボンリース。

リボンリースは時間がかかりますし、ずっとやっていると集中力が途切れるため、次回と2回に分けて行います。

多肉植物のアレンジは簡単なので、すぐできます。プリザーブドフラワーはマイクロローズという、一番小さなお花のサイズのものを使用します。


こちらのアレンジは6月26日のカンデオホテルでのミニイベントでも一般の方にもワークショップで提供する予定です。予約枠がすぐにいっぱいになるので、ご興味のある方はメールにて希望の時間をご連絡ください。早期予約で受け付けておきます。



リボンリースはこんな感じです。仕入れ先の東京堂で講習をしていたり、見本市などで飾られていました。


実際やってみて、土台の発泡スチロールの固さが色々ですごく硬いものもありました。


老人ホームでやっていたりします。と紹介していましたが、絶対無理だろう。と思いました。かなり、力がいります。

親子で1つのものをつくるのなら、よいかなあ。と思いました。


さて、今日はクラフトパークでのデコパージュの体験を受け付けます。また、色々な作品を作っているのが見れるので是非お近くにお越しの際はお立ち寄りください。お花関係のご相談も受け付けますので是非いらしくてください。

AD
お見舞いのお花をプリザーブドフラワーで作りました。

生花はダメな病院らしいです。

お見舞いだと大抵ピンクを作るのですが、うちの家族は黄色好きなので、黄色、オレンジ系でつくりました。

真名かに入っている薄いオレンジのバラの色、なんとシュークリーム。と書いてありました。まあ、そうなんですが。

私の友人のネイリストも自分で色を作ってなかなかユニークな色の名前がついています。

本当に色々な色があるので迷います。

今回は地震がきても割れない、危なくないように陶器の器はやめて、かご素材ものにしました。

殺風景な病室も少し明るくなりました。

オーダーも受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。
AD
初めてのプリザーブドフラワーアレンジです。

先日の母の日販売にいらしてくれた友人が、プリザーブドフラワーのアレンジに挑戦しに来てくださいました。

バラの開花もきれいですし、ワイヤリング、テーピングも上手にやってくれました。

アジサイのワイヤリングと切り分けが少し難しかったようです。

リボンも品のよいものをいれ、素敵に仕上げてくださいました。

息子の高校の女子ママなので、お嬢さんの反応も気になるところです。

また、いつでもおまちしております。
AD