なっとうごはんにコーヒー

ちょっとそこらで道草してきます


テーマ:
永代通りからつづく道路は、ここで少々うねりながら東西線のルートからはずれ、すこし南側へシフトしたところをすすんでまいります。
そのわけはすぐに明らかになりますし、東西線のルート上には、そこから枝分かれした道がございますから、とくに気にせずそのまますすんでまいりましょう。




南砂町駅の出入口は、その両端部に設けられているようです。
私がおります西側の出入口の周囲は概して閑散としており、一番目立つ建物が、解体中のビルといった有様でございます。
かつてはここが海岸線であったことの名残である、海岸堤通りという道をすすんでまいりますと、その先でぶつかる広い道路は、丸八通り。
そのまま越えたむこうには、東側の出入口がみえております。


こちら側にはそこそこお店がございましたが、注目すべき点は、この駅にはバスターミナルがある、ということでございます。
ここ南砂町駅も東西線の単独駅で、バスターミナルを持つ地下鉄の単独駅というのは、かなりめずらしい部類になるのではないかと存じます。
ぱっと思い浮かぶところでは、都営新宿線の江戸川区内の駅と東大島駅、あとは三田線の西台駅あたりにあったようななかったようなといったところでございまして、ただ、これらはいずれも都営地下鉄の駅ですから、東京メトロの駅ではようやくにいたしましての初見になろうかとおもわれます。




ロータリーのすぐとなりある公園には、かつて実際に走っておりました東西線の車両がございます。
保存というよりかは、多少手を加えて、屋根付きのベンチとしてとして利用されているみたいですが、真横からのショットは往時の姿を彷彿とさせるものがあるようにおもいます。
そのおとなりには何やら意味深な、輪切り。
やおら地下鉄の車両があったりするものですから、そのトンネルなのかとおもいきや、こちらは下水道管なのだそうで、つまりはこの公園の下に、これらのものが通っているということを意味しております。


さて、これまでの流れにしたがいそのまますすんでまいりますけれども、南砂町駅から次の西葛西駅までの駅間距離は、東京メトロの中では最長のものとなっております。
その距離はじつに2.7キロメートル、東京の地下鉄における最長駅間距離が2.8キロメートルですから、ほぼそれに肩を並べる格好になっております。
とは言え、おそらくあっさりと消化してしまうことになりそうですが、まずは「電車の公園」の前からのびる、緑豊かな遊歩道をすすんでいくことにいたします。


すすんでまいりますと、青々と茂る木立の向こうから、東西線の線路が地上へと顔をだしてまいります。
じつはこの東西線、ここから終点の西船橋駅までは地上を走っておりまして、その距離はおよそ14キロメートルになります。
中野駅から西船橋駅までを結ぶ東西線の路線距離が30.8キロメートルございますから、指折り計算いたしますとおよそ45パーセント、じつに半分近くが地上区間になるということになります。
そうなってまいりますと、車窓からもその風景を眺めることができるということになりますので、もはや各方面からsanpopo不要論が噴出しておりますけれども、ご覧いただいております方々におかれましては、何卒、寛大なる御心をもちましていましばらくお付き合いくださればと存じます。



東西線は地上に出るやいなや、一見慌てるようにさらに高さをかせいでまいります。
その理由は、すぐこの先で荒川越えという一大イベントが控えておりますからで、じつは、隅田川が分岐する北区の岩淵水門より下流の荒川は、その下をくぐる構造物をつくってはいけないという空気だか決まりだかがあるそうでございます。
地上をはしる鉄道はさておき、この荒川を越える地下鉄路線は東西線、都営新宿線千代田線の三つ、そのすべてが橋によりこの川を跨いでおります。
ここでは、「渡りに船」ならぬ「渡りに橋」といった様相で、東西線の鉄橋に接するように、歩行者もすすむことができる道路橋がございますので、私はそちらをすすんでいくことにいたします。
ちなみにこの道路は、つい先ほどもあるきました永代通りから連なる道路でございます。

先ほどから軽々に「荒川越え」などと申しておりますけれども、正確には、ここで荒川に中川を加えた二本の川をいっぺんに越えてまいります。
私がすすんでおりますこの橋は、「清砂大橋(きよすなおおはし)」ともうしまして、平成十六年(2004)に架けられた新しい橋でございます。
それ以前は、すこし上流にございます葛西橋が、渡河ルートになっていたものと察せられます。



清砂大橋は、すぐ脇をはしる東西線の鉄橋よりも高い位置にございますので、イメージとしては申し分ありません。
ただ、こちら側には背の高いフェンスが設置されてしまっており、しかも反対側の歩道にはそのようなものがございませんでしたから、若干の悲哀を感じざるをえませんが、おそらくそちら側からですと東西線の線路は見えなさそうですので、これはこれでよかったのだと都合よく解釈することにいたします。
しかしながらこういう時にかぎって、そんな苦しい理由付けをあざ笑うかのように、ぽつぽつと何かが落ちてきたりするわけでございます。



荒川はもとより、一緒にまたぐ中川もおおきな川でございます。
ですので清砂大橋も長く、1300メートルを越えるその橋長は、一般道路の橋としては都内でも三本の指に入るほどでございます。
二本の川を隔てる堤防に通されました首都高速の下をくぐりますと、そこで見えてまいります川こそが、中川。
下流側をのぞみますと、その目と鼻の先で、荒川と合流しております。
最後はさながら、ハードル競技のような様相の道になっておりましたけれども、くだり坂でのチャレンジは危険ですから棄権することにいたしまして、おとなしく地上へとランディングいたします。



二本の川をまとめてさばいた対岸は、江戸川区でございます。
高架沿いに道がございましたので、そちらを行くことにいたします。
そのままの高度を維持しながらのびております東西線は、先ほどは見下ろすほどの位置にございましたが、地上におりてしまえば、はるか頭上をすすんでいるといった印象をうけます。
はじめのうちは駐輪場などでありました高架下にも、やがてお店がはいるようになり、にわかに人通りが増えてまいりましたら、そこが西葛西駅でございます。

なんとかもうすこし行けそうです。

つづく


いいね!した人  |  コメント(16)
PR

[PR]気になるキーワード