自治体の首長として全国で初めて育児休業を取得し、16日に公務に復帰した東京都文京区の成沢広修区長(44)は20日、報道機関との懇談会を開き「妻が買い物に行っている間くらいは時間があるだろうと本を持ち帰ったが、1ページも開く余裕がなかった。これだけのことを毎日1人でやっている母親の偉大さを実感した」と感想を語った。

【関連記事】
宇宙飛行士の妻のため…“主夫業”歩んだ山崎大地さんのイバラ道
男性の育休、進めばメリット 取得率低迷のワケ
つるの剛、「育休中、やることはやってた」
“育休官僚”ら3人を副市長に起用へ 横浜市
仕事との両立「辞めたら子育てどころか…」

27日から「特別展 龍馬伝」江戸東京博物館(産経新聞)
目前でJR脱線、犠牲106人…救助奮闘の男性、語り継ぐ決意(産経新聞)
<科学技術振興機構>役員車全廃など実施 「仕分け」に先手(毎日新聞)
<掘り出しニュース>犯人に「やめときや」 大阪府警南署が街頭に掲示(毎日新聞)
<アグネス・チャン>ソマリア視察を報告 ユニセフ議連総会(毎日新聞)
AD