しもちゃんのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:



正月明け、佐賀の嬉野温泉に温泉豆腐を食べに行き(漫画美味しんぼに紹介されている)、温泉に入り、鹿島の祐徳稲荷に参詣した。


結構の賑わいであったが、面白かったのは春の七草を一種ずつ鉢植えにして見せていたところで、セリ、スズナ、スズシロくらいしか見分けのつかない小生にはうなづくところがあった。




その一例で「おぎょう」とある。「ごぎょう」とも言うが。


祐徳稲荷と言えば、昔から博物館があって、考古遺物が展示してある。


およそ50年まえになるが、ここの所蔵品の調査について行ったことがる。


向こうにみえるのが博物館

それ以来のことなので300円払って、駆け足で見たが、もうほとんど昔の儘。

「佐賀県切通遺跡」、「佐賀県三津永田遺跡」などの甕棺と細形銅剣、鉄製素環頭太刀、鏡などが展示され、「日本農耕文化の生成」がそのまま再現されている。


写真厳禁だそうなので紹介できないが、遺物がただドンと置いてあるだけの展示なんだが、その素朴さが純粋なんだよね。つまり、何にも邪魔されることなく見いれるんだよね。


この50年展示技術は大幅に進化?したが、あれは何だと考えさせられる。


CGの発達による遊びのポスターや価値評価がないままの陳列とそれを誤魔化す展示の飾りつけなどはただ邪魔で、むしろ展示の後退を促しているのではなかろうか。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

愛媛県北宇和郡松野町は12月議会において、景観条例を議決、あわせて松野町の景観計画も進展した。


この景観条例は松野町全体を対象とする画期的なもので、「森の国」を標榜する同町は町あげていい景観を維持育成しようとしている。経緯はともかく、結果としていたずらに合併しなかった同庁が小回りの良さを示した。


そのなかでも重点保存ゾーンとして①広見川流域、②目黒川流域、③棚田、④街道(松丸、吉野)があげられている。


棚田ゾーンの一つである奥内などを国の文化的景観に指定しようとする調査も進み、ラストを迎えつつある。指定ということになったら、県内では宇和島市遊子に次いで二例目となる。


写真があるのだが、うまくアップロードできず、ごめんなさいです。そのうちにいい組写真で紹介します。



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

関西考古学研究会(大阪成蹊大、京都大、同志社大、奈良大、佛教大、立命館大、竜谷大となぜか早稲田大、埼玉大)が京都市考古資料館の支援?ないし協同で同資料館で研究発表展を行っている。


会期:平成26,12,16~平成27.1.25

休館日:月(祝日は翌日)と年末年始(28~3日)  9:00~17:00

会場:京都市考古資料館(上京区今出川大宮、バス停すぐ側)


京都へ行った際、合間をみてちょっと寄ってみた。


①貝と骨が語る京都人 ②倭人が愛した鉄 ③洛中洛外のキリシタン  ④黒曜岩、600kmの旅 ⑤埴輪と地域の首長 ⑥飾られた馬具への問い ⑦縄文クライマックス の七コーナーから構成されている。

 出来栄えはククであるが、一生懸命やっていることはよく解る。展示会であるから成果だけでなく解りやすい展示や表現が求められるが、資料館の手伝いも得て、この点も勉強になったかもしれない。

 でも詳細へのこだわりとそれのアップの併用など課題もあるな。


それは兎も角として、面白い成果もあるね。


たとへば①なんか面白かった。


江戸時代前期の公家地、武家地、町人地から出土した魚骨から食用された魚の種類差をデータ化したもので、名言は避けているがデータが提示されているので勝手に読み取ることができた。


身分をトワず一番よく食されているのはマダイですって。贅沢だな。

魚種を選ばずなんでも食べているのが町民で青魚もよく食べ、カマスなど武家、公家に比べダントツに食している。


武家も比較的あれこれを食べているがカマスやマグロ属はあまり口にしていない。でもブリは町民よりよく食している。


公家は一番選択的というか限定的で、サバ、サワラ、カツオ、マグロといった青魚は食べないようであるが、数は少ないがイワシを食っているのは公家だけという面白さもある。


まだ一一の理由が解っているわけでもないでろうし、データも重ねる必要があるが、江戸京都の各ランクお台所が覗けて面白い。


④の黒曜岩など京都近辺出土の黒曜岩の産地同定を行い、その出自を明らかにしていて、長野や島根隠岐の島産は石鏃など製品になっているが、九州産は破片やごみで製品としては生きていないなどもなかなかでした。


学生の発表といえば、昔なら形而上的青草論が普通だったが、いやー今の学生さんは実に実直、実証的で確かであった。


ただ、それは手放しでいいかどうかは、また論議はひつようでしょうね。


提示資料の関係があって写真禁だったので示せないが、ここうしたらと思うところもありました。


機会があればぜひ見てください。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。