ある脳外科医のぼやき

脳や脳外科にまつわる話や、内側から見た日本の医療の現状をぼやきます。独断と偏見に満ちているかもしれませんが、病院に通っている人、これから医療の世界に入る人、ここに書いてある知識が多少なりと参考になればと思います。
*旧題「ある脳外科医のダークなぼやき」


テーマ:

全く前回の記事の続き、というわけではないですが、

よくご質問のメールをいただくことのあるテーマについて取り上げてみようと思います。


今回は、

これまた、なかなか聞きにくい内容です。記事にするのも若干躊躇われるものですね。


それは、

医師への心付けです。


具体的には、

テレビドラマなどでも見かけるように、


入院の際や手術の前などに患者さんやそのご家族が、

主治医や担当医のチームなどに金銭もしくは商品券などを渡すことです。


「よろしくお願いします」


「ほんの気持ちですので」


というような言葉を添えて、医師に渡るものです。


表だって話されるようなことのないテーマですね。


この心付けについて、実際どうなのか?

という質問に正直にお答えしようと思います。


もちろん、

皆さんご存知のように、医師への心付けを推奨しているものはありません。


これは当たり前ですね。


心付けが当然のようになってしまうと、

金額の多寡によって診療内容に差が出てしまうというような恐れがあるからです。


要は、金次第で医療の内容が変わってしまう、ということにならないように、

というわけです。


ちなみに、これは何も医師だけではなく、

看護師など、全ての医療スタッフが心付けを受け取る可能性がありますので、


国公立の病院などでは


「医療スタッフへの心付けはお断りしています」


というような表記がエレベーターの中などにあることが多いです。


私が勤務したことのある国公立の病院では、

いずれもそのような表記がありました。


これが日本の医療の常識です。

心付けは決して推奨されるものではありません。


しかし、

一方で、その他多くの私立の病院では特にこういった表記がないことが多いです。


私大の大学病院などでも、

心付けをお断りするような表記がある病院は少ないのではないのでしょうか?


それは現実には、

心付けというのは、やはりある程度の割合で存在するからです。


そして、それは、頻度は低くなりますが、

心付けをお断りするという表記のある国公立の病院でも、同じです。


一時代前と比べて、大分減ってきているのは事実だと思います。


日本の医学界で一番権威のあるとされる大学病院などの施設で、

手術前を控えている患者さんであったとしても、2-3割前後程度だろうと思います。


もちろん、

治療や手術をする側からしてみれば、


心付けがあろうがなかろうが、失敗することは許されませんし、

ベストの治療を行うということには変わりはありません。


ですから、

心付けの有無で治療結果がかわってくるということは、決してありません。


心付けを受け取ってもらえないと不安、というような患者さんもいるのですが、

その心配は全くありません。



また、次に、

医師が心付けを受け取るかどうか、ですが、


ポリシーで受け取らない方もいらっしゃいます。


金銭や商品券であれば受け取らず、お菓子などであれば受け取るという医師や、

全く受け取らない医師もいます。


ただ、実際には多くの医師は受け取っています。


ただ、

手術や治療などを控えている場合、


治療前に心付けを渡されるよりは、退院時など無事に治療が終わった後に受け取る方が嬉しいという医師の方が多いように思います。


治療の前には受け取らないという医師もいます。


なんとなく、

「これを受け取るんだから絶対に成功させろよ」

と言われているような気分になるからでしょう。


いずれにしても成功させなければいけないのは重々分かっているので、

そこに更にプレッシャーをかけられるような気分になることを嫌うのかもしれません。


金額に関しては数万円相当というのが最も多いです。

これは患者さん側の背景によります。


これらの心付けは受け取った医師個人が懐に入れる場合もあれば、

診療に携わった医師や看護師などのスタッフで分配する場合、


または、大学病院などの組織の場合、日夜下働きをしている若手医師の食費などにあてがわれる場合、など、様々です。


心付けの風習が存在することが良いことだとは思いません。


ただ、この風習がなくならない背景にあるのは、

医師も患者も結局は人間だということなのだと思います。


実際の話として、

受け取った医師は皆、心付けをありがたいとは思っていると思います。


もちろん、上述したように、治療の前の場合にはプレッシャーを感じることも多いので、なんとも言えませんが、無事に治療が終わったあとであれば、ほとんどの医師がありがたいと感じるでしょう。


表だっては言いませんが、人間である以上、そんなもんです。


だから、というわけではないですが、医師が他の医師に医師同士で自分の手術を依頼するような時は、

多くの場合で心付けの受け渡しがあるように思います。


また、治療内容に変わりがでることはないということは当たり前ですが、

心付けを受け取った患者の方が印象は強く残るというのも事実です。



さて、

今回は心付けの実際について書いてみました。


いろいろ、

ご意見あると思いますが、何が正しいとかではなく、実際にどうなのか?

ということについて書いてみたつもりです。


ご意見あればお待ちしています。



名月の電子書籍と紙の書籍の紹介↓

12/3より、5日間、続 誰も教えてくれない脳と医療の話 が無料ダウンロードキャンペーン中です!


続 誰も教えてくれない脳と医療の話/R&M
¥398 →今日から5日間 0円
Amazon.co.jp



誰も教えてくれない手術の話/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp



サクッと読める!「脳」の話/名月論

¥300円
Amazon.co.jp

紙の書籍↓ 誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から/名月 論 ¥1,365 Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話
¥1,365
楽天

読んだらクリックしてね↓

このブログの順位がわかります↓

人気ブログランキングへ


AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

今回はお知らせです。


明日からなのですが、


拙著「続 誰も教えてくれない脳と医療の話」の5日間無料ダウンロードキャンペーンを行います。


続 誰も教えてくれない脳と医療の話/R&M
¥398 →明日から5日間 0円
Amazon.co.jp




このブログを読んでくださっている方の中で、

まだ読んでいない方がいらっしゃったら、この機会に是非読んでみてください。


よろしくお願いいたします。


この「続 誰も教えてくれない脳と医療の話」は、

前作「誰も教えてくれない脳と医療の話」の続編です。


前作では誌面の関係上から取り上げられなかった話題や病気などを取り上げていますので、

興味のある方は読んでみてください。


基本的にはこのブログで取り上げたテーマを再度編集、加筆した内容となっています。


もちろん、一部、書き下ろしのテーマもあります。


その他の拙著もKindleで販売中です。興味がある方は是非 ↓



名月の電子書籍と紙の書籍の紹介↓

誰も教えてくれない手術の話/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp



サクッと読める!「脳」の話/名月論

¥300円
Amazon.co.jp

紙の書籍↓ 誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から/名月 論 ¥1,365 Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話
¥1,365
楽天

読んだらクリックしてね↓

このブログの順位がわかります↓

人気ブログランキングへ


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

ここのところ更新が滞ってしまっていた申し訳ありません。

今まで随分といろんなことを書いてきたので、これを書こうというのが、

ぽんぽんと思い浮かばないというのもあります。


そういう意味で、もしリクエストがあればメールなどでいただければ、

記事にしたいと思いますので、


お待ちしています。


さて、今回からは、


患者側から”言いにくいこと”について悩んでいらっしゃる方が多いように思いましたので、

そういった事柄に触れていきたいと思います。


たとえば、

よくご質問いただくのは、


「担当医とうまくコミュニケーションが取れていない。手術を受けなければいけないのだけれども、手術を希望する先生に紹介状を出してもらえるだろうか?」


というようなことです。


こういう場合、

まあ、結論から言えば、


遠慮する必要はありません。


そうはっきりと言えばよいのです。

患者には自分の治療を決める権利があると、普通の医師は思っていますので。


ですから、

そうはっきりと言われたら、まあ、自分が手術しようと思っていた担当医は嫌な顔を少しはするかもしれませんが、断る外科医はほとんどいないはずです。


ここで、

嫌な顔をされるかも?というようなことを気にする必要はないです。


なぜなら治療を受けるのは自分なのですから、何か後悔が残るようではいけないのです。


ですので、

そういう希望があれば、遠慮せずにはっきりとそう担当医に伝えることが大切です。


気を遣う必要はないと思います。


さて、

では次に、


本当にどんな手術でも高名な医師のもとで手術を受けた方がよいのかどうか?


ということについて書きます。


こで大切なのは、

1.待てる病気なのかどうか?

2.手術の希少度、難易度が高いものかどうか?


の2点です。


まず、高名な医師の手術を受ける場合、

手術予定がいっぱいになっていることが多く、ある程度待たされる可能性が高いです。


比較的フレキシブルに動いてくれることもありますが、

やはり数か月待ちというのはザラだと思います。


そのため、たとえば脳外科の手術で言えば、


増大スピードの低い良性腫瘍や、未破裂の動脈瘤などであれば、

比較的待てる手術なので、構わないと思いますが、


大きな腫瘍や、切迫破裂を起こしている動脈瘤などの、待てない病気の場合は迅速に手術可能な施設で治療を受けた方がよいことになります。


また同時に、

手術の難易度、希少度も大きくかかわります。


比較的一般的な手術であれば、

変な話、一定水準以上の外科医であれば、丁寧にやればあまり差はありません。


これはどこの科でも言えることでしょう。


ただし、例として脳外科の手術の話になりますが、


中には頭蓋底の腫瘍や、とても大きく複雑な動脈瘤のように、

通常の脳外科医ではほとんど経験のないような病気もありますから、


これらはやはり、ある程度待てるものであれば、その道の専門家の手術を受けるべきです。


こういったことも検討して、

果たして、目当ての医師への紹介を希望するかどうか、を判断する必要があります。


まあ、

といっても、本当はこんなことを患者さんが考える必要はないとは思うのですが。。。


外科医は自分が十分に満足いく結果でやり遂げられる自信のある手術の場合は、スムースに治療が行えるように手術を勧め、


そして、


経験が至らないのであれば、十分な経験のある医師に紹介、もしくはそういった医師を招聘する、というのが責務ですので。。。



拙著、「続 誰も教えてくれない脳と医療の話」がAmazon Kindleで絶賛?販売中です。

その他の書籍も↓


興味がある方は是非 ↓

続 誰も教えてくれない脳と医療の話/R&M
¥398
Amazon.co.jp


名月の電子書籍と紙の書籍の紹介↓

誰も教えてくれない手術の話/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp



サクッと読める!「脳」の話/名月論

¥300円
Amazon.co.jp

紙の書籍↓ 誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から/名月 論 ¥1,365 Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話
¥1,365
楽天

読んだらクリックしてね↓

このブログの順位がわかります↓

人気ブログランキングへ


AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。