ある脳外科医のぼやき

脳や脳外科にまつわる話や、内側から見た日本の医療の現状をぼやきます。独断と偏見に満ちているかもしれませんが、病院に通っている人、これから医療の世界に入る人、ここに書いてある知識が多少なりと参考になればと思います。
*旧題「ある脳外科医のダークなぼやき」


テーマ:

前回、特に冬場の頭痛の多くは、

首、肩の筋肉の疲れからの関連痛が原因であることが多いと書きました。


これらは緊張型頭痛という名前でも呼ばれています。


今回は、

それらの頭痛と頸椎の関係について書きます。


さて、その前にもう一度お知らせです。


年内一杯、

拙著「誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版」もセールで、

300円にディスカウントしています!


この本は文芸社から出版されている書籍の改訂電子版で、

風邪や点滴などの一般診療から、脳の病気、脳の手術、日本の医療の問題にいたるまで、

幅広く”みなさんに知っておいてほしい事”が記載されています↓


読んでいない方はこの機会にどうぞ

誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp

それでは本題に入っていきます。

まず、前回書いた緊張型頭痛ですが、

これは頚部や肩の筋肉からの関連痛が頭痛として現れるというものです。



はて?と思う方は、

その”関連痛”を実感できる方法があります。



ためしに、

肩や首のこっている部分、

ぎゅーぎゅー筋肉を押して痛みの出る部分を、ぐりぐり指圧してみてください。


たとえば、僧帽筋の首の付け根のあたりなどがいいでしょう。


部位によっては、

指圧している部位だけでなく、

側頭部などにも何か重いような鈍痛を感じる場所があると思います。



これが正に関連痛です。



直接関係がないように思える、やや離れた頭部にも痛みを感じるのです。




これが緊張型頭痛と呼ばれる頭痛の正体でもあります。


首回りの筋肉のコリや疲れが頭痛として現れるのも納得できるのではないかと思います。


さて、

これらの頭痛と頸椎の関係についてですが、

首回りの筋肉が疲れやすい、また、肩こりになりやすい頸椎の形状があります。


それは、

ストレートネックと呼ばれています。


まっすぐ、一直線な頸椎のことです。


え?

その何が悪いの?


と思う方もいるかもしれませんが、

健全な頸椎というのは本来は弓なりに前弯しています。


つまり、ストレートネックとは、

その、本来あるべきはずの頸椎の生理的な前弯が失われた状態なのです。


アーチ型に前弯した頸椎とそれを後方から支える筋肉群によって、

頸椎は頭部を支え、圧力に対処していると考えられています。


しかし、

前弯が失われてしまって一直線の頸椎ではうまく圧力を緩衝することができず、

周囲の筋群により多くのストレスがかかりやすいのです。


つまり、

ストレートネックの方は、前弯のある人よりも、首や肩の疲れがたまりやすく、

コリやすいことになります。


そうすると、当然、

緊張型頭痛になりやすいことになります。



また、ストレートネックの問題は単に頭痛だけではありません。

頸椎そのものへのストレスも大きいため、

骨の変性や椎間板へのストレスも大きく、

頸椎症や頸椎椎間板ヘルニアなどの問題も起こしやすいのです。


そして、

頸椎症などによって、

頸椎の上位からの神経根が圧迫されることがあれば、

それ自体が頭頂部や後頭部の痛みを起こすことにもなります。


神経痛の場合は、さきほどの緊張型頭痛とはやや痛みのタイプは異なると思いますが、

頸椎自体の問題が、

そのまま直接頭痛の原因となることもあるのです。



ここまでで、

実は頭痛と頚部が非常に密接な関係を持っていることが分かっていただけたでしょうか?


外来を受診する患者さんのほとんどの頭痛は、実は脳にはないのです。


そして、

ましてやその原因の多くは頭蓋骨の内側にすらなく、

むしろ頚部やその周囲にあったのです。



名月の電子書籍と紙の書籍の紹介↓

「誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版」 セール中 500円→300円

「誰もおしえてくれない手術の話」 セール中 500→300円

誰も教えてくれない手術の話/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp



サクッと読める!「脳」の話/名月論

¥300円
Amazon.co.jp

読んだらクリックしてね↓

このブログの順位がわかります↓

人気ブログランキングへ

紙の書籍↓ 誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から/名月 論 ¥1,365 Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話
¥1,365
楽天

読んだらクリックしてね↓

このブログの順位がわかります↓

人気ブログランキングへ






AD
いいね!した人  |  コメント(5)

テーマ:

頭痛というと、

脳外科でも内科でも、様々な科が扱う症状です。


誰もが一度は自覚したことのある症状でしょう。


今回は冬の頭痛についてです。


ここ最近というものの、とにかく頭痛の患者が外来に多いように思いますので。。



さて、その前に、今回もちょっとお知らせです。


年内一杯、

拙著「誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版」もセールで、

300円にいたします!


この本は文芸社から出版されている書籍の改訂電子版で、

風邪や点滴などの一般診療から、脳の病気、脳の手術、日本の医療の問題にいたるまで、

幅広く”みなさんに知っておいてほしい事”が記載されています↓


読んでいない方はこの機会にどうぞ

誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp

さて、本題に入ります。

頭痛があると、

何か頭や脳に異常があるのではないか??


と心配されて脳外科を受診する患者さんが多いです。

一番の受診理由は、

脳に何か異常が起きていないか??という心配があるからでしょう。

頭痛が起きやすい冬場では、

特にそういった患者さんが多いのです。

しかしながら、

頭痛の原因が脳にある人はそういった患者さんのうち、100人に1人もいません。

実際に外来をやっていても、非常に稀です。

多くの患者さんが、

頭蓋骨の外側に頭痛の原因を持っています。

つまり、

実は、頭痛で脳外科を受診し、頭部のCTやMRIを行ったとしても、

その原因が見つかることなんて、めったにないのです。


「脳には特に異常ありませんね。頭痛はあったとしても命に別状はないですよ」

と、説明されて終わりでしょう。

それでも、患者さんは

「まあ、脳に問題がないのであれば、一安心」

ということで帰って行きます。

それでは、

多くの頭痛は何が原因かというと、


頚部や肩の筋肉に原因があることがほとんどです。

重い頭部を支えている筋群です。

寒いところにいると、

首や肩周りの筋肉に自然と力が入りますよね?

それによって普段より肩こりや首の筋肉の痛みや疲れを意識される人も多いのではないでしょうか?

年末で仕事が忙しくなる。忘年会で寝不足になる、なども頚部や肩こりの原因かもしれません。

僕はそれらこそが、

冬場に頭痛を訴える方が多い最も大きな理由だろうと思います。


首の周囲の筋肉にこりがあると、

その関連痛が側頭部やこめかみ、後頭部からの痛みとして感じられるのです。

これが、

一般には、緊張型頭痛と呼ばれ、

頭痛の最も多くを占める病型です。


脳や頭蓋骨の内側に原因があるのではなく、

その頭部を支える周囲の筋肉群の疲れこそが、多くの頭痛の原因なのです。

一方で、

本当に脳に原因があって頭痛が起こるときは、

たいてい、なんらかの他の神経症状が付随して起こることが多いです。

たとえば、脳腫瘍、脳出血やくも膜下出血、

硬膜下血腫など、

これらの病気の場合には頭痛だけでなく、他の症状も起こることがほとんどです。

よって、

今も体は普通に動いて、日常生活や仕事もできるけれど、

頭痛がある、という人のほとんどは”脳の病気”を心配する必要はなく、


いかに首や肩の筋肉群の疲れを取ってあげるか?

が頭痛の改善には重要となるのです。

さらに、

人によっては頸椎に問題があって、

これらの肩こりや頚部の筋肉の負担が多くなりやすい方、

また、

実は痛みそのものの原因が頸椎にある方もいます。

つまり、

脳外科や内科ではほとんど評価しない頸椎にこそ原因がある場合も多いのです。

それらについて、次回に続きます。


名月の電子書籍と紙の書籍の紹介↓

「誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版」 セール中 500円→300円

「誰もおしえてくれない手術の話」 セール中 500→300円

誰も教えてくれない手術の話/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp



サクッと読める!「脳」の話/名月論

¥300円
Amazon.co.jp

読んだらクリックしてね↓

このブログの順位がわかります↓

人気ブログランキングへ

紙の書籍↓ 誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から/名月 論 ¥1,365 Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話
¥1,365
楽天

読んだらクリックしてね↓

このブログの順位がわかります↓

人気ブログランキングへ




AD
いいね!した人  |  コメント(9)

テーマ:

ガンマナイフの記事もいったん、今回でさいごにしようと思います。

今回は、


動静脈奇形や、その他の病気に対するガンマナイフ治療についてです。


本題に入る前に、

今回も少しお知らせがあります。



拙著 「誰も教えてくれない手術の話」 を300円に値下げ中というのは、

ここ何回かお知らせしたのですが、


年内一杯、

拙著「誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版」もセールで、

300円にいたします!


この本は文芸社から出版されている書籍の改訂電子版で、

風邪や点滴などの一般診療から、脳の病気、脳の手術、日本の医療の問題にいたるまで、

幅広く”みなさんに知っておいてほしい事”が記載されています↓


読んでいない方はこの機会にどうぞ

誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp

さて、それではその他のガンマナイフ治療について書きます。


まずは、動静脈奇形のガンマナイフ治療ですね。


動静脈奇形の治療はそもそもコンセプトが腫瘍とは異なります。

どう違うかというと、


腫瘍では腫瘍増大を制御することが目的だったことに対して、


動静脈奇形の治療の目的は出血の予防だからです。


動静脈奇形は痙攣発作の原因となることはありますが、

ただ存在するだけでは、致命的となることはありません。


問題になるのは、

動静脈奇形が出血したときです。


出血を起こすと周囲の脳組織を広範に破壊するため、

後遺症を残すことも少なくなく、場合によっては寝たきり、致命的にもなりえます。


つまりは、

動脈瘤と同じで、いざ出血を起こすと致命的となる爆弾のような病気が動静脈奇形なのですが、


これが出血する前に治療するというのが、

予防的治療としてのコンセプトです。


手術治療と血管内手術による塞栓、そしてガンマナイフが治療の選択肢として上がります。


小さな血管内奇形であれば手術でも、ガンマナイフでも根治可能なのです。


しかし、

大きくなってくると治療のリスクが高く、少なくとも手術は勧められず、


もし治療を行うとしたら血管内手術やガンマナイフを複合的に用いたりもするのですが、

合併症をきたすリスクが3割に及ぶという報告があり、リスクが高いので、治療をしない方がいいという報告もあります。


つまり、大きな動静脈奇形、リスクの高い動静脈奇形は、

どんな治療をするにも高いリスクを伴います。


一方で手術やガンマナイフを勧められるのは一般的には、

比較的小さな動静脈奇形です。


ガンマナイフの場合は3センチ以下の動静脈奇形が治療の適応となります。


腫瘍と同じで、3センチ以上の物は基本的には適応になりません。


手術に対するメリットはやはり、患者負担が少ないことですので、

60歳以上などの高齢の方は特にガンマナイフが勧められることが多いです。


治療の目的は、

動静脈奇形からの出血がなくなるように、


動静脈奇形を閉塞させることにあります。


20Gy程度の強い放射線をあてて、血管奇形に炎症や変性を起こし、

最終的に閉塞させることが目的になります。


ところが、

この閉塞はすぐに起こるわけではありません。


一般的には3年程度かかると言われています。

3年で80%前後の動静脈奇形が閉塞します。


つまり、治療をしてから、じわじわと効いてくる治療なのです


閉塞が達成されるまで、

動静脈奇形は出血のリスクが残り続けますから、


ガンマナイフで治療したからといって、すぐに出血予防となるわけではなく、

その後数年の経過で閉塞が確認されて、ようやく治療が完了したこととなります。


このあたりが、

腫瘍の治療とは異なる点ですよね。


腫瘍の場合では腫瘍増大の制御が目的でしたので、

ガンマナイフ治療を行って、その後腫瘍が大きくならなければオーケーというものでした。


動静脈奇形の場合は、

ガンマナイフを行ってもその後数年は治療経過を祈りながら観察する必要があります。


また、

動静脈奇形へのガンマナイフ治療には、

副作用のようなものもあります。


一つは動静脈奇形の嚢胞化です。


治療を行った部位が、数年から10年以上の経過で嚢胞化し周囲の脳を圧迫し始めると、

結局手術をしなければいけなくなることがあります。


あとはガンマナイフに一般的な副作用として、

放射線をあてた周囲の放射線壊死が起こりえます。


このように、治療効果が表れるまで時間がかかることや、

嚢胞化などの副作用が稀に起こり得るといって、

デメリットもあるガンマナイフ治療なのですが、


やはり、

手術を行う大変さとリスクを考えると、


それでも動静脈奇形の治療の選択肢として勧められることが多いのです。


さて、最後に、

その他の病気ですが、


世界でガンマナイフ治療が行われているその他の病気の一つとして、

三叉神経痛があります。


これは三叉神経に放射線をあてて、

三叉神経が原因で起きる顔面痛を和らげるものです。


手術に代わる治療法として注目されています。


他にも、

群発頭痛というきつい頭痛に対しても治療が行われている例があります。


顔面にある神経節に対して放射線をあてることで治療を行うのです。

痛みのコントロールとしてガンマナイフ治療が使われているのですね。


また、振戦に対する治療として視床に放射線をあてるなど、

脳実質そのものに放射線をあてて、定位機能外科的な治療として行われている例もあります。


これらはいずれも神経細胞やその伝達路に放射線をあてて、

局所的な興奮を低下させることによって、


症状を和らげようという方法です。


ただし、

残念ながらこれらの神経に放射線を当てる治療については、

保険適応がありません。


ガンマナイフの治療には60万円かかりますから、

これらの治療を行うとしたら、全額自費となってしまいます。


腫瘍や血管奇形など、

病気そのものを狙う治療以外は保険適応がないんです。


さて、

ここまで何回かガンマナイフについて書いてきましたが、

ガンマやサイバーなどの治療のメリットは、


開頭することなく、頭の中の病変だけを狙い撃ちできるというところです。


もちろん、完全な狙い撃ちではなく、周囲の組織にも被ばくがあるのが弱点ですが、

開頭手術が必要なく、開頭手術につきもののリスクがないというのは最大のメリットです。


そのメリットが最大限得られる場合に、

これらの定位放射線治療が勧められます。


もし今後、

周囲の被ばくがほとんど無視できるほどに少なくなるような、

さらに放射線を集中させる”狙い撃ち”が可能となれば、


ほとんどの腫瘍は定位放射線治療で治療されるようになり、

手術の役割は減っていくでしょう。


そういった時代は少しずつ近づいてきているように感じます。



名月の電子書籍と紙の書籍の紹介↓

「誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版」 セール中 500円→300円

「誰もおしえてくれない手術の話」 セール中 500→300円

誰も教えてくれない手術の話/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp



サクッと読める!「脳」の話/名月論

¥300円
Amazon.co.jp

読んだらクリックしてね↓

このブログの順位がわかります↓

人気ブログランキングへ

紙の書籍↓ 誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から/名月 論 ¥1,365 Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話
¥1,365
楽天

読んだらクリックしてね↓

このブログの順位がわかります↓

人気ブログランキングへ




AD
いいね!した人  |  コメント(2)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇