ある脳外科医のぼやき

脳や脳外科にまつわる話や、内側から見た日本の医療の現状をぼやきます。独断と偏見に満ちているかもしれませんが、病院に通っている人、これから医療の世界に入る人、ここに書いてある知識が多少なりと参考になればと思います。
*旧題「ある脳外科医のダークなぼやき」


テーマ:

最近、盛り上がっているので、

タイトルを見ただけで何の話題か分かった方もいらっしゃるかもしれません。


そう、

ラグビーです。


僕は自分がラグビーをやっていたわけでもなく、

ただルールがわかって、たまに大学の選手権をみている程度のにわかファンですが、


今回のワールドカップは大変、興奮しています。


中でも、

よくメディアでも注目されているのが、


五郎丸選手のキックの際のルーティンではないでしょうか?


二回、くるくるとラグビーボールを投げて、セット、

3歩後ろに、2歩左に、

両手を合わせて体の中心を意識したのちに、8歩の助走でキック!


というのが五郎丸選手のキックの際のルーティンです。


練習の時から常にこのルーティンを確実に遂行することだけに集中することで、

試合の時も余計な緊張や外的な影響を減らし


キックの精度を高める!


ということです。


ルーティンという言葉は、

ともすれば、


ルーティンワークという言葉もあるように、


同じことの繰り返し、つまりは、退屈な仕事、という印象すら抱いてしまう言葉です。


ところが、

この五郎丸選手のルーティンであったり、


あのイチロー選手のバッターボックスに入る際のルーティンであったり、


トップアスリートというのは誰しも、

特に精度の要求される動作の前に、一連のルーティンを徹底している人が少なくありません。


これはやはり、

特定の動作の正確性を高める上で、


日ごろから一連の動作を徹底することが有効だからなのでしょう。


そう考えると、

手術についても同じことが言えることに気づきました。


とはいっても、

手術の手技一つ一つに、ラグビーのキックのように、

寸分たがわぬ全身運動が必要なわけではありません。


全身の運動というより、手術の場合はやはり手と腕の動きにおおよそは限られるからです。


アスリートほど、精密に複雑に全身を操れる能力は当然、

僕ら医師には備わっていないからです。


しかし、


定まった術式を、

常に一定の手順で行うことによって、ミスを最低限に減らすという意味で、やはり似ているのです。


何もこれは手術だけに限ったことではありません。


一連の工程を正確に進めるためには、


やはり同じ手順を繰り返すということが、

最も確実なのでしょう。


これは物事を習うときにも同じです。


たとえば、

手術の上手な先生の手順をそっくりそのまま真似て、

それを繰り返す。


繰り返すことによって、自分のものにするのですね。


もちろん、

何事にせよ、臨機応変に対応するという、


その場その場の対応力は必要です。


しかしながら、

トップアスリートのキックなどのワンプレーのように、

定まった一連の動作を極限の集中力で精密に行う上では、


愚直に同じルーティンを徹底することが何よりも効率的なのかもしれません。


全く仕事は異なりますが、

勉強になるなぁと思ってしまいます。


それはそうと、

そんな五郎丸選手はまだ29歳!


もちろん、

スポーツの世界では若いということはないのだろうと思います。、


しかし、

僕らみたいなおっさんからすれば、

何か一つのことを極めようと、絶え間ない情熱と努力を注いでいる彼らのような若者を見ると、


俺はこんなんでよいんだろうか?

何かを極めようと、追求できているだろうか?


と自問自答してしまいます。


全く、本当に、立派な選手たちです。


拙著、「続 誰も教えてくれない脳と医療の話」がAmazon Kindleで絶賛?販売中です。

その他の書籍も↓


興味がある方は是非 ↓

続 誰も教えてくれない脳と医療の話/R&M
¥398
Amazon.co.jp


名月の電子書籍と紙の書籍の紹介↓

誰も教えてくれない手術の話/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp



サクッと読める!「脳」の話/名月論

¥300円
Amazon.co.jp

紙の書籍↓ 誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から/名月 論 ¥1,365 Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話
¥1,365
楽天

読んだらクリックしてね↓

このブログの順位がわかります↓

人気ブログランキングへ


AD
いいね!(76)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

何度かパーキンソン病の治療の話を書いてきました。


後一回くらいは、

その続きを書こうかと思いますが、


また今回は閑話休題です。


さて、


皆さんは辛い食べ物は好きですか?


ひーひーするような食べ物です。


僕は、ほどほどに好きです。


しかし、こういった辛い食べ物が体によいのか?


どうか?


というと、


どうも悪いような気がしていました。


なんだか胃や食道に刺激が強くて、


たとえば胃癌や食道がんなどの原因になるんじゃないか?


などと、


思っていたからです。


ところが、


唐辛子に入っているから辛さの成分、カプサイシンには様々な健康効果があることが以前から知られているようです。


カプサイシンには、


抗肥満作用、抗酸化作用、抗炎症作用、抗がん作用と、


もういいことずくめじゃないか?!


というような効果があるという報告があり、


唐辛子以外の香辛料に関しても、同様に健康に良い!とする報告が多いようです。


さて、


そんな背景の中で、


今回は中国での約50万人を対象にした研究で、


スパイシー料理と死亡リスクの関連が調査されたということです。


その結果、


日常的に辛い物を食べる人は最大で14%も死亡リスクが低かったというのです。


男女共に同じ結果が見られて、


アルコールを飲まない人では特にその傾向がおおきかったとのことです。


しかも、


がん、虚血性心疾患、呼吸器疾患による死亡リスクも低かったようなのです。


また、


ちょっとびっくりすることとして、


乾燥した唐辛子より生の唐辛子の方がカプサイシンやビタミンなどの栄養素が多く含まれていて、


よいとのことでした。


でも、


あまり生の唐辛子って食べませんよね。



本当に直接的にスパイシーな料理が健康にいい、とこの研究から言えるわけではないようですが、


それでも、そういう傾向がある、ということは言えるのかもしれません。


かといって、


きっと物には”適度”という言葉がありますので、


やみくもに辛い物ばっかり食べれば健康にいいというと、


それは違うだろうと思います。


適度に日常的に、スパイシーなものも食べるといいのかも、という程度のお話だと思いますので、


変に過信しないようにしてください。


拙著、「続 誰も教えてくれない脳と医療の話」がAmazon Kindleで絶賛?販売中です。

その他の書籍も↓


興味がある方は是非 ↓

続 誰も教えてくれない脳と医療の話/R&M
¥398
Amazon.co.jp


名月の電子書籍と紙の書籍の紹介↓

誰も教えてくれない手術の話/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp



サクッと読める!「脳」の話/名月論

¥300円
Amazon.co.jp

紙の書籍↓ 誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から/名月 論 ¥1,365 Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話
¥1,365
楽天

読んだらクリックしてね↓

このブログの順位がわかります↓

人気ブログランキングへ


AD
いいね!(56)  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

さて、何回か話を続けてきて、途中になっていたパーキンソン病の話を続けます。


今回はパーキンソン病に対する手術の効果についてです。


手術が脳に電極を挿し込むものであることはこの間書いた通りです。


その手術にどのような効果があり、

そしてどういった患者さんに対して有効かを、書きたいと思います。


というのも、この手術は、


全てのパーキンソン病の方に対して有効な訳ではないからです。


どんなパーキンソン病の症状も良くすることのできる、

魔法の治療では決してありません。


しかしながら、

適応をきちんと考え、適した患者さんがその手術をうければ、、


きちんとメリットを享受することができる、そういう治療です。


では、

どういった方にこの治療が有効か、


それを書いていこうと思います。


まず大前提として必要なのは、

パーキンソン病の治療薬が有効な状態でなければなりません。


治療薬はドーパミン製剤というものが基本ですが、


この治療薬に対して反応性のある患者でなければなりません。


そうでなければ手術による電気刺激治療も効果がないからです。


薬は効くけれども、

薬が切れてしまうと症状が強くあらわれ、そして薬の有効な時間もも次第に短くなってしまっている、


そんな方にこの治療は効果があります。


というのも、

この治療は薬が効いていない、いわゆる”オフ”の時の症状を改善するのが主な効果だからです。


逆に、

この電気刺激治療を行ったからといっても、


薬が効いている時、つまり”オン”の時に薬のマックスの効果以上の上乗せの改善効果があるわけではありません。


あくまで、薬が効いていない時の症状を底上げして、

いわば、常に薬が効いているような状態にするのが、


この電気刺激治療の効果です。


ただ、全体的に底上げの効果はありますので、

電気刺激を行えば、薬の量を減らすことはできます。


つまり、薬と電気刺激で得られる効果のマックスは、

電気刺激を行ったとしても薬だけでも、かわらないのですが、


電気刺激を行う分、薬の量を減らすことは出来るのです。


薬を減らすことにどのようなメリットがあるか?ということですが、

実はこれも、この電気刺激治療が行われる一つの適応のなのです。


というのも、

薬は量が増えると、


体が意図せずに動いてしまう、ジスキネジアなどの副作用を起こすからです。


他にも幻覚を見たり、他にもさまざまな精神症状を起こすこともあります。


電気刺激を行うことによって、薬の量を減らし、

副作用を減らす、というのも目的の一つなんですね。


薬はきくんだけども、

どうも副作用が出てしまって、


という患者さんもこの治療の良い適応と言えるでしょう。


あとは、

この電気刺激を行うための手術、


行う時に大切な要素として、タイミングがあります。


というのも、さきほど書いたとおり、


この治療は薬が効くうちに行わなければならないからです。


パーキンソン病は症状が進行すると、次第に薬も効かなくなっていきます。


そうなってからではこの電気刺激治療も効果が薄いということになります。


あくまでそうなる前の底上げとして治療を行い、

生活の質を上げることが目的ですので、


遅すぎては意味がないのです。


また、体に機械を埋め込むというリスクがある以上、

そのメリットを最大限長期間得られる患者が受けるべき治療です。


そういったことを考えると、

パーキンソン病発症から10年程度まで、


また、

できれば70歳以下で治療を受けるのが望ましい、と考えられています。


だから理想的には、

60歳くらいで発症した方が、70までに手術を受けると良い!


ということになりますよね。


近年発表された研究結果でも、

発症後7年以内に手術が行われた場合の方が、


明らかにメリットがあることが示されています。


75歳を過ぎてから、この手術、というのは、

やはり推奨されるものではありません。


そういった訳で、

やはりこの手術は適した患者さんに適したタイミングで行わなければ、


メリットが十分に得られないのです。


ただ、マッチしている方にはやはりとても有効な治療であることも間違いないのです。


拙著、「続 誰も教えてくれない脳と医療の話」がAmazon Kindleで絶賛?販売中です。

その他の書籍も↓


興味がある方は是非 ↓

続 誰も教えてくれない脳と医療の話/R&M
¥398
Amazon.co.jp


名月の電子書籍と紙の書籍の紹介↓

誰も教えてくれない手術の話/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp



サクッと読める!「脳」の話/名月論

¥300円
Amazon.co.jp

紙の書籍↓ 誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から/名月 論 ¥1,365 Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話
¥1,365
楽天

読んだらクリックしてね↓

このブログの順位がわかります↓

人気ブログランキングへ


AD
いいね!(12)  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。