ある脳外科医のぼやき

脳や脳外科にまつわる話や、内側から見た日本の医療の現状をぼやきます。独断と偏見に満ちているかもしれませんが、病院に通っている人、これから医療の世界に入る人、ここに書いてある知識が多少なりと参考になればと思います。
*旧題「ある脳外科医のダークなぼやき」


テーマ:

さて、何回か話を続けてきて、途中になっていたパーキンソン病の話を続けます。


今回はパーキンソン病に対する手術の効果についてです。


手術が脳に電極を挿し込むものであることはこの間書いた通りです。


その手術にどのような効果があり、

そしてどういった患者さんに対して有効かを、書きたいと思います。


というのも、この手術は、


全てのパーキンソン病の方に対して有効な訳ではないからです。


どんなパーキンソン病の症状も良くすることのできる、

魔法の治療では決してありません。


しかしながら、

適応をきちんと考え、適した患者さんがその手術をうければ、、


きちんとメリットを享受することができる、そういう治療です。


では、

どういった方にこの治療が有効か、


それを書いていこうと思います。


まず大前提として必要なのは、

パーキンソン病の治療薬が有効な状態でなければなりません。


治療薬はドーパミン製剤というものが基本ですが、


この治療薬に対して反応性のある患者でなければなりません。


そうでなければ手術による電気刺激治療も効果がないからです。


薬は効くけれども、

薬が切れてしまうと症状が強くあらわれ、そして薬の有効な時間もも次第に短くなってしまっている、


そんな方にこの治療は効果があります。


というのも、

この治療は薬が効いていない、いわゆる”オフ”の時の症状を改善するのが主な効果だからです。


逆に、

この電気刺激治療を行ったからといっても、


薬が効いている時、つまり”オン”の時に薬のマックスの効果以上の上乗せの改善効果があるわけではありません。


あくまで、薬が効いていない時の症状を底上げして、

いわば、常に薬が効いているような状態にするのが、


この電気刺激治療の効果です。


ただ、全体的に底上げの効果はありますので、

電気刺激を行えば、薬の量を減らすことはできます。


つまり、薬と電気刺激で得られる効果のマックスは、

電気刺激を行ったとしても薬だけでも、かわらないのですが、


電気刺激を行う分、薬の量を減らすことは出来るのです。


薬を減らすことにどのようなメリットがあるか?ということですが、

実はこれも、この電気刺激治療が行われる一つの適応のなのです。


というのも、

薬は量が増えると、


体が意図せずに動いてしまう、ジスキネジアなどの副作用を起こすからです。


他にも幻覚を見たり、他にもさまざまな精神症状を起こすこともあります。


電気刺激を行うことによって、薬の量を減らし、

副作用を減らす、というのも目的の一つなんですね。


薬はきくんだけども、

どうも副作用が出てしまって、


という患者さんもこの治療の良い適応と言えるでしょう。


あとは、

この電気刺激を行うための手術、


行う時に大切な要素として、タイミングがあります。


というのも、さきほど書いたとおり、


この治療は薬が効くうちに行わなければならないからです。


パーキンソン病は症状が進行すると、次第に薬も効かなくなっていきます。


そうなってからではこの電気刺激治療も効果が薄いということになります。


あくまでそうなる前の底上げとして治療を行い、

生活の質を上げることが目的ですので、


遅すぎては意味がないのです。


また、体に機械を埋め込むというリスクがある以上、

そのメリットを最大限長期間得られる患者が受けるべき治療です。


そういったことを考えると、

パーキンソン病発症から10年程度まで、


また、

できれば70歳以下で治療を受けるのが望ましい、と考えられています。


だから理想的には、

60歳くらいで発症した方が、70までに手術を受けると良い!


ということになりますよね。


近年発表された研究結果でも、

発症後7年以内に手術が行われた場合の方が、


明らかにメリットがあることが示されています。


75歳を過ぎてから、この手術、というのは、

やはり推奨されるものではありません。


そういった訳で、

やはりこの手術は適した患者さんに適したタイミングで行わなければ、


メリットが十分に得られないのです。


ただ、マッチしている方にはやはりとても有効な治療であることも間違いないのです。


拙著、「続 誰も教えてくれない脳と医療の話」がAmazon Kindleで絶賛?販売中です。

その他の書籍も↓


興味がある方は是非 ↓

続 誰も教えてくれない脳と医療の話/R&M
¥398
Amazon.co.jp


名月の電子書籍と紙の書籍の紹介↓

誰も教えてくれない手術の話/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp



サクッと読める!「脳」の話/名月論

¥300円
Amazon.co.jp

紙の書籍↓ 誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から/名月 論 ¥1,365 Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話
¥1,365
楽天

読んだらクリックしてね↓

このブログの順位がわかります↓

人気ブログランキングへ


AD
いいね!した人  |  コメント(6)

テーマ:

シルバーウィークも後半ですね。

今回も続けて、食品の話です。


さて、

皆さん、パンには何を塗っていますか?


バター!!

という人が一番多いと思いますが、


マーガリンが好きだな、バターは高いしね、


という方も少なくないかもしれません。


ところで、

トランス脂肪酸という言葉はご存知でしょうか?


最近話題になることが多い単語なので、

最早健康を気にする方の間では常識的な単語かもしれません。


なにが問題かというと、

このトランス脂肪酸を摂取してしまうと、


死亡のリスク、そして心筋梗塞など冠動脈疾患のリスクが2-3割も増えるというのです。


つまり、

トランス脂肪酸は典型的な不健康食品ということになりますね。


すでに、

世界保健機構や欧米、そしてオーストラリアなどでもこのトランス脂肪酸は規制されており、


トランス脂肪酸は全カロリーの1/100にすべきである、などとされています。


とくに、

日本ではまだ規制はされてはおりません!


この、健康被害が噂されているトランス脂肪酸、


どういったものか?と言いますと、


主には人工的に生成される脂肪なのです。


天然のトランス脂肪酸というものもあるようですが、

そちらはどうやら健康被害は指摘されていないようで、


悪いものは人工的なトランス脂肪酸だけのようです。


このトランス脂肪酸は、


飽和脂肪酸を生成する際に出来ます。


それも天然の不飽和脂肪酸から、酸化によって劣化しにくい飽和脂肪酸を作るときに副産物として出来るというから、


なんとなく複雑ですよね。


まあ、でも、そんなことはあまり僕ら一般人には関係のないことで、


問題はこの副産物のトランス脂肪酸が食品の原料として使われているということです。


その代表がマーガリン。


そして他にもお菓子類や、パンなど


さまざまな食品に使われています。


朝ごはんも昼ごはんも、

コンビニの惣菜パンや菓子パンが多い、なんて方は特に注意が必要と思います。


そういったパンにはだいたい、

マーガリンが使われていることが多いですし、


トランス脂肪酸をふくむ物が多いように思います。


各国で規制が始まりつつあるなか、日本がいつ規制に踏み切るのかは分かりませんが、


いずれにしても自分の体は自分で守らなければいけません。


そう言った意味で、

こういう健康被害が指摘されつつある食品は、


なるべく食べない方がよいんだろうな、と思った今日この頃です。


かくいう僕も、

コンビニの惣菜パンはよく食べていましたので。

拙著、「続 誰も教えてくれない脳と医療の話」がAmazon Kindleで絶賛?販売中です。

その他の書籍も↓


興味がある方は是非 ↓

続 誰も教えてくれない脳と医療の話/R&M
¥398
Amazon.co.jp


名月の電子書籍と紙の書籍の紹介↓

誰も教えてくれない手術の話/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp



サクッと読める!「脳」の話/名月論

¥300円
Amazon.co.jp

紙の書籍↓ 誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から/名月 論 ¥1,365 Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話
¥1,365
楽天

読んだらクリックしてね↓

このブログの順位がわかります↓

人気ブログランキングへ


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:

ここまで続けてパーキンソン病の手術の話を書いてきましたが、

興味を持って読んでくれる方もいらっしゃれば、


ちょっとマニアックな話題なので、読んでいない方もいらっしゃると思います。


そこで今回はちょっと閑話休題!いたします。


さて、


皆さん朝ごはんはちゃんと食べますか?


かくいう話、


実は僕は半々くらいです。


というのも朝、どうしてもギリギリまで寝坊してしまうため、


そのまま慌てて家を飛び出る、なんてことが多いからです。


まあ、

一般的には、


朝ごはんをきっちり食べるのは体に良い!!


ということになっていると思いますが、


実際僕自身は朝起きてからすぐに何かものを食べなくても、


水分だけ摂取すれば、


ご飯はしばらくしてからでも大丈夫、


下手をするとお昼まで食べなくても平気、


というような体質だったので、


なにがなんでも朝カロリーを取らなければいけない、


という意見には反対でした。


実際に、


あるデータによると日本人の男子の14.4%、女子の9.8%が朝食を抜いており、


特に20歳代ではそれが3割にも及ぶので、問題と考えられているようです。


僕は20代ではありませんが、


しっかりとこの14.4%の中には入ってしまっているわけですね。


ところが、


血糖値という観点でみると、


朝食を取った方がよいということが、最近はっきりとしたデータとして発表されたようです。


どうやら、


朝、昼、夕と700Kcalずつ摂取した場合と、


昼、夕に700Kcalずつ摂取した場合、


当然総カロリー摂取量は2食の方が少ないにも関わらず、


昼、夕食後の血糖値の上がりが明らかに大きかったようです。


血糖が急激に上がるというのは、


やはり良い事ではありません。


血糖が高くコントロールがつかなくなるのが糖尿病ですので、


血糖をコントロールするという観点では、2食は明らかに悪いのです。


そういうわけで、


特に血糖管理が必要な糖尿病患者さんについては、


明らかに3食の方がよいらしいです。


糖尿病でない人については、どうなのか?


と言われると、


僕は細かいことはわかりません。


しかし、やはり血糖が急に上がることはあまり良い事ではありませんし、


糖尿病に近づくようにも思いますから、


やっぱり3食ちゃんと食べるようにしよう、と思い直しました。


2食にすると血糖の上昇が大きくなる理由は、


インスリン分泌が弱くなってしまうからのようです。


体内でのインスリンの効果が下がることが糖尿病の原因ですので、


やっぱりそのインスリン分泌が下がるってよくないことのように思いますよね。


みなさんも、


出来たら朝ごはんも食べた方がいいかもしれません。


って、


毎日きっちり食べている人からすれば


余計なおせっかいかもしれませんね。


拙著、「続 誰も教えてくれない脳と医療の話」がAmazon Kindleで絶賛?販売中です。

その他の書籍も↓


興味がある方は是非 ↓

続 誰も教えてくれない脳と医療の話/R&M
¥398
Amazon.co.jp


名月の電子書籍と紙の書籍の紹介↓

誰も教えてくれない手術の話/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp



サクッと読める!「脳」の話/名月論

¥300円
Amazon.co.jp

紙の書籍↓ 誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から/名月 論 ¥1,365 Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話
¥1,365
楽天

読んだらクリックしてね↓

このブログの順位がわかります↓

人気ブログランキングへ


AD
いいね!した人  |  コメント(3)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。