ある脳外科医のぼやき

脳や脳外科にまつわる話や、内側から見た日本の医療の現状をぼやきます。独断と偏見に満ちているかもしれませんが、病院に通っている人、これから医療の世界に入る人、ここに書いてある知識が多少なりと参考になればと思います。
*旧題「ある脳外科医のダークなぼやき」


テーマ:

A lifeの、竹内結子さんの演じる奥さんの腫瘍はやはり血管腫だったようですね。

 

ただ、あの画像はどうみても3㎝もないです。

当初でていたMRIの画像では、あれだといいところ1cmちょっとあるかないかというところでした。

 

3cmの血管腫があの部位にあればもっと巨大に見えます。

 

前回大きくなっているという画像でもようやく2cmにとどかないくらいの大きさだったように見えました。

 

あと、余命4-5か月ということになっておりますが、

確かに大きな海綿状血管腫の場合は大きくなる性格のものが多いので、

3㎝からどんどん大きくなればその通りなのかもしれません。

 

逆に、今回の中脳から基底核にかかるような位置に3㎝もの血管腫があったら、

周囲の神経線維を強く圧迫して、

もう立っていられないくらいの様々な運動症状を出すような気もします。

 

ただ、海綿状血管腫ってほとんどは1センチ以下くらいの小さなもので、

(ドラマで序盤からのMRIででていたのがそのくらいです)

まれに出血するものの、出血しなければ特に症状もない、というのがほとんどです。

 

だから、

ドラマの影響で海綿状血管腫をとても心配してしまう人が増えないかが、

むしろちょっと心配です。

 

ほとんどのものは結構無害、というか、何の症状も出さないことが多いんですよね。

 

脳表のものがてんかん発作の原因となることがある。

脳幹部のものが出血を繰り返して広がって、様々な症状を起こすことがある。

 

ということは事実なんですが、

大多数の血管腫はまあ、心配しすぎるほどのものでもありません。

 

肝心の治療ですが、

問題となる血管腫は、手術が可能であれば手術で治療するしかないのが実情です。

 

薬も、放射線も、有効ではないのです。

 

ガンマナイフなどの定位放射線治療を行った文献などもありますが、

一般には有効とまでは考えられていません。

 

だからやっぱり、ドラマではないですけど、

治そうとするなら、手術しかないんですね。

 

脳幹部海綿状血管腫の手術は

脳神経外科の手術の中でも最高難易度です。

 

ただ、アプローチはある程度部位によって決まっているので、

ドラマの中の木村さんが、日夜悩み続けるというほど、選択肢は多くはないです。

 

名月の電子書籍と紙の書籍の紹介↓

 

 

続 誰も教えてくれない脳と医療の話/R&M
¥398
Amazon.co.jp

 

誰も教えてくれない手術の話/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp
誰も教えてくれない脳と医療の話 改訂電子版/R&M publisher
¥300円
Amazon.co.jp

 

 

サクッと読める!「脳」の話/名月論

¥300円
Amazon.co.jp

紙の書籍↓ 誰も教えてくれない脳と医療の話 脳神経外科の現場から/名月 論 ¥1,365 Amazon.co.jp

誰も教えてくれない脳と医療の話
¥1,365
楽天

読んだらクリックしてね↓

このブログの順位がわかります↓

人気ブログランキングへ

 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(1)

ある脳神経外科医さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。